日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ウィル・スミス、アカデミー賞でビンタ
映画『ドリームプラン』レビュー再掲

ウィル・スミス、アカデミー賞壇上でビンタ炸裂! 妻侮辱にNO突きつけ、主演男優賞も獲得する豪快さ

文=バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

『ドリームプラン』ウィル・スミス、アカデミー賞壇上でビンタ炸裂! 妻侮辱にNO突きつけ、主演男優賞も獲得する豪快さの画像1
ウィル・スミスと妻のジェイダ・ピンケット・スミス(Getty Images)

 3月27日(日本時間28日)に行われた「第94回アカデミー賞授賞式」で、前代未聞のハプニング発生した! 主演男優賞にノミネートされたウィル・スミスが、プレゼンテーターを務めるコメディアンのクリス・ロックにビンタを張ったのだ。

 壇上で、スミスの妻で脱毛症を公表しているジェイダ・ピンケット・スミスを侮辱する発言をしたクリス・ロック。スミスはつかつかとロックに歩いて近づき、目にも留まらぬ速さでビンタを一発カマし、颯爽と席に戻った。その後も「ウィル・スミスにやられた!」「ジョークだった」と弁明するロックにスミスはブチ切れ、放送禁止用語を連発。笑い声の響いていた会場内は一転、静まり返った。

 

 暴力については議論の余地はあるものの、妻への侮辱に毅然とした態度を取ったスミスの行動には世界中から賞賛が集まっている。さらに素晴らしいのは、スミスがこのハプニング後、主演映画『ドリームプラン』で主演男優賞を受賞したことだ。

 スミスに敬意の念を込めつつ、主演映画『ドリームプラン』のレビューをここに再掲する。(編集部より)

自分を信じ、子どもの才能を信じ続けた男の物語『ドリームプラン』

『ドリームプラン』ウィル・スミス、アカデミー賞壇上でビンタ炸裂! 妻侮辱にNO突きつけ、主演男優賞も獲得する豪快さの画像2
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved


【ストーリー】2人の娘を世界最強のテニスプレイヤーに育てる夢を持つ破天荒な父親・リチャード。テニス未経験の彼は、娘たちが生まれる前から「常識破りの計画=ドリームプラン」を独学で作成。その無謀なプランと娘たちの可能性を信じ続けた父は、どうやって2人の世界チャンピオンを誕生させたのか?

 今作は、ビーナス・ウィリアムズ、セリーナ・ウィリアムズ姉妹を独自のプランでプロテニス選手に育て上げた父・リチャードに焦点を当てたノンフィクション映画。型破りなプランは家族や周囲を巻き込み、やがては世界さえも巻き込んでいく。

 ウィリアムズ姉妹がテニスを始めた頃、テニスはまだ白人や富裕層のスポーツとしての印象が強かった。生活に余裕のない黒人は相手にもされず、才能があったとしても、テニス界に足を踏み入れること自体がとても難しい環境だったのだ。

 ウィリアムズ姉妹はその活躍によって、保守的だったプロテニス界に風穴を開けた存在として、今も黒人はもとより、多くのテニスプレイヤーから尊敬の念を集めている。もちろんウィリアムズ姉妹の能力が秀でていたことが大前提ではあるが、黒人には無理だと言われ続けながらも、自分を信じ、家族を信じ、何より子どもたちの才能を信じ続けた、父・リチャードによる力も同等に大きいといえる。

『ドリームプラン』ウィル・スミス、アカデミー賞壇上でビンタ炸裂! 妻侮辱にNO突きつけ、主演男優賞も獲得する豪快さの画像3
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 歴史的に白人が支配してきたテニス業界のトップに黒人が立つということは、多くの人に夢や希望を与えると同時に、“黒人のアイコン”として扱われるプレッシャーとも戦うことになる。

 単にメディアに出て目立ちたい、有名になりたいという、子どものままの感覚では、周囲からのプレッシャーを受け止められず、ドラッグやアルコールの誘惑に負けてしまうかもしれない……。だからこそ、姉妹がプレッシャーを闘志に変換できるほど精神的に成長するまで、リチャードは待っていたのだ。

『ドリームプラン』ウィル・スミス、アカデミー賞壇上でビンタ炸裂! 妻侮辱にNO突きつけ、主演男優賞も獲得する豪快さの画像4
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 みるみるとテニスが上達していくウィリアムズ姉妹。白人富裕層のスポーツだと思い込んでいる相手を次々と負かしていく様子は、まさに王道スポコン映画といった趣もある。手に汗握るシーンも多く、爽快感があって、娯楽要素もしっかりと盛り込まれている。

 同作は、作品賞や助演女優賞などにノミネートされていたが、父・リチャード役を演じたウィル・スミスの主演男優賞(ドラマ部門)が唯一の受賞となった。ウィルにとっては、久しぶりの当たり役。アカデミー賞でも受賞の可能性は大いにあるだろう。

『ドリームプラン』
★2022年2/23(水・祝)より全国公開中
監督:レイナルド・マーカス・グリーン
脚本:ザック・ベイリン 
出演:ウィル・スミス、アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シングルトン、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル

※この記事は、1月29日公開記事<ゴールデングローブ賞、受賞は逃したけど「最高!」なノミネート作品3選>から一部を抜粋、再掲したものです。

バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

毎週10本以上の新作映画を鑑賞する映画評論家・映画ライター。映画サイト「Buffys Movie & Money!」を運営するほか、ウェブメディアで映画コラム執筆中。著書に『発掘!未公開映画研究所』(つむぎ書房/2021年)。

Twitter:@MovieBuffys

Buffys Movie & Money!

最終更新:2022/03/28 16:41

ウィル・スミス、アカデミー賞壇上でビンタ炸裂! 妻侮辱にNO突きつけ、主演男優賞も獲得する豪快さのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『シン・ウルトラマン』に「笑ってまうよね」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

矢部太郎が振り返る絵本作家の父

 アパートの大家さんとの交流を描き、シリーズ120万部を突破した『大家さんと僕』で、...
写真