日刊サイゾー トップ > 芸能  > TBSも「木下ほうか対応」苦慮

『七つの会議』放送するTBSも「木下ほうか対応」苦慮… 新たな要注意人物の噂も?

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

『七つの会議』放送するTBSも「木下ほうか対応」苦慮… 新たな要注意人物の噂も?の画像
『七つの会議』公式Twitterより

 複数の女優から“性加害”を「週刊文春」(文藝春秋)により告発されていた俳優・木下ほうかだが、3月28日、所属事務所カクタスがマネジメント契約の解消を発表した。

 同事務所は公式ホームページで、「事実関係を確認中」としたうえで本人の合意のもとマネジメント契約を解消したと発表。4月5日放送スタートの山下智久主演ドラマ『正直不動産』(NHK総合)に主人公が勤める会社の課長役として出演予定だったが、「一部報道でお騒がせしておりますNHKドラマに関しましては今回の事態を重く受け止め降板のお願いを申し入れさせていただきました」としている。木下サイドからの申し出を受けて、NHKは同ドラマに関しては再編集を施し、木下が出演しない内容で放送するという。

 続けて、「今回の報道の内容により多くの方々に大変不快な思いをさせてしまい、また業界に携わる皆様のイメージを傷つけ信頼を揺るがす事態を招くものとなっておりますことを、大変遺憾に思っております」とした。

 また、同日には木下がTwitterで謝罪とともに芸能活動の無期限休止を発表した。

 木下は「事務所と協議していたことでご報告が遅くなり、女性の方々はもとより、関係者の皆様に多くのご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます」と謝罪。報道の内容に関しては「一部事実と異なる点や10年程度前のことで記憶にないこともございますが、概ね間違っておりません」とする一方で、「現在週刊誌から質問されておりますが、女性から明確に拒否されているにも関わらず関係を持ったことや、薬物を用いて関係を持った記憶はございません」とした。

 「週刊文春」は3月24日発売号・3月31日発売号で木下による性加害について詳しく報じていたが、3月10日発売号、3月17日発売号では、木下とは監督・俳優としての付き合いだけでなく、プライベートでも親交が深かったという映画監督の榊英雄氏も、7人もの女優から「性行為を強要された」と告発されていた。一連の報道により、榊監督も、マネジメントを担当していた芸能事務所から業務提携を解消されたほか、性被害を題材にした映画『蜜月』に続き、4月15日公開予定だった映画『ハザードランプ』についても公開中止が決定した。

 もっとも、騒動はこれでひと段落とはいかないようだ。TBSの関係者はこう語る。

「ウチの局では4月3日に『七つの会議』をゴールデンで放送する予定なんです。『陸王』や『下町ロケット』、『半沢直樹』シリーズで知られる池井戸潤の原作で、野村萬斎が主演を務めた2019年に上映されたヒット映画ですが、実は木下も出演しているんです。主人公が勤める東京建電の親会社・ゼノックスに君臨する『午前様』こと徳山社長(北大路欣也)の腹心となる副社長役ですが、幸い、出演シーンが少ない脇役。しかもこの作品に関してはウチが製作委員会の幹事を務めていて融通が利くこともあって、急きょ木下の出演場面を編集でカットして放送するようです」

 同局としては異例の対応で人気映画の放送に臨むことになりそうだが、それ以上の泣きどころも……。

「やはり痛いのは、同じ池井戸作品のドラマ『下町ロケット』シリーズのほうでしょうね。2015年放送の第1シーズンと2018年放送の第2シーズンの両方ともに出演しており、帝国重工の宇宙航空部本部長という重要な役柄。『下町ロケット』は第1シーズンに新井浩文も出演していましたが、2019年の強制性交容疑での逮捕により、2020年にコロナ禍で特別総集編を放送した際には新井の出演シーンをできるかぎりカットして対応。しかし木下の出演シーンもカットとなるとちょっと厳しい」

 さらに騒動はこれだけで終わらないだろうと、映画会社のスタッフは指摘する。

「ハッキリ言って、今の映画界では今回の騒動の加害者とされる2人のほかにも、演技指導などを名目に若手女優や後輩女優に手を出そうとしたり、作品に出演させる代わりに女優に肉体関係を求めるような輩がいます。中でも人気作品も手がけるX監督のタチの悪さは有名です。一時期、今を時めく人気女優のYをデビュー間もない頃に抱いたり、口淫させたりしたことを武勇伝のように吹聴していましたからね。他にも“余罪”はいくらでもあるでしょうし、今ごろは肝を冷やしているんじゃないですか」

 新たな“性加害”告発が映画界を震撼させるのは時間の問題か――

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2022/04/02 13:00

『七つの会議』放送するTBSも「木下ほうか対応」苦慮… 新たな要注意人物の噂も?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

初開催で約2000人来場

 大阪湾に注ぐ木津川に面した、無骨な一帯。そこに前衛的であり、しかし前時代的とも称...
写真