日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 乃木坂46の5期生、早くも人気に差?

乃木坂46の5期生は一ノ瀬美空、井上和、菅原咲月が人気? 早くも差がついたワケ 

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

乃木坂46の5期生は一ノ瀬美空、井上和、菅原咲月が人気? 早くも差がついたワケ の画像1
乃木坂46、5期生お披露目特設サイトより

 乃木坂46では、シングルが発売されるたびにオンラインミート&グリート(以下、ミーグリ)が行われている。そのうち個別ミート&グリートの枠の完売成績は次のシングルの選抜やフォーメーションにも関わっており、ファンの注目度も高い。

「29thシングル『Actually…』では、5次応募から、一部5期生の枠も応募可能となりました。7次応募の時点で、一ノ瀬美空、井上和、菅原咲月は18枠全ての枠が完売しています。一方で、小川彩は4、冨里奈央が2、奥田いろははゼロ。公表時期が遅れた池田瑛紗、川崎桜はまだ参加していないですし、この初速で“序列”が決まることはないでしょうが、早くも人気に差が出ている状態です」(芸能ライター)

 これはいったい何の差なのだろうか?

「ミーグリ参加の5期生は、お見立て会のほか、冠番組『乃木坂工事中』での活動くらいしかまだ情報がなく、ファンもほぼ手探りの状態。どのメンバーもフレッシュな魅力に溢れていますが、内面を知ってもらって、ファンを増やしていくのはまだこれからです。そんな中で完売メンバーとそうではないメンバーとの差が出ているのは、お披露目時の“衝撃度”が関係しているのかも知れません。特に、井上は5期生の中で、トップバッターでお披露目動画を公開。『可愛すぎる』『すでに完成されている』と大きな話題を集め、わずか数日で動画の再生回数が100万回を突破しました」(前出・芸能ライター)

 とはいえ、井上以外のメンバーも総じてルックスレベルが高いことは自明なのだが……。

「新メンバーに求められるのは、やはり愛嬌と初々しさです。いい例が菅原でしょう。菅原は『乃木坂46時間TV』でお見立て会が行われた際、28thシングル『君に叱られた』を5期生で披露したのですが、これが話題となりました。というのも、同曲の『ずっと素直になれなくてごめん』という歌詞のところで、謝るようなポーズをする振り付けがあるのですが、ここでカメラに抜かれた菅原はもはや“全力謝罪”。まだアイドルらしい踊り方が身についておらず、すべてに全力投球なのです。そんな初々しい姿が注目されたこともあり、現時点で5期生トップレベルの人気となっています。

 ただし、活動開始直後の人気順はその後の活動にそこまで影響がない場合も多く、次第に人気を伸ばしてくるメンバーは多い。あの西野七瀬も初期は選抜でも後列でしたし、齋藤飛鳥はアンダーでした。はじめからセンターレベルの人気があったわけではなく、むしろ少しずつ人気を伸ばしていったんです。そのため、現時点では完売を出していない5期メンバーが今後トップに立つことも十二分に考えられます」(前出・芸能ライター)

 ちなみに『Actually…』は、5期生の中西アルノがセンターに大抜擢されたものの、その後まもなく活動自粛に。また、同じく5期生の岡本姫奈も活動規約違反のため、活動開始前から自粛となっている。

「中西や岡本は今回のミーグリには不参加ですが、2人の自粛騒動が、ほかの5期生の人気を左右しているのも確か。この2人のSNSや写真、動画の流出騒ぎによって、そうした過去が見えない、もしくはこのようなSNSでの流出の心配が全くなさそうな性格のメンバーが好まれる傾向があります。中でも一ノ瀬はお弁当に食いつく姿が出回っていますが、そんな飾らない可愛さが高評価となるわけです」(アイドル誌ライター)

 お見立て会からわずか1カ月。どの5期メンバーも伸びしろしかない状態だ。今後どのメンバーが人気を得ていくのか、その軌跡を見守れることが楽しみだ。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2022/04/06 07:00

乃木坂46の5期生は一ノ瀬美空、井上和、菅原咲月が人気? 早くも差がついたワケ のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真