日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『オモウマい店』の“ソックリ番組”が大量発生!

タクシー運転手さんも困惑…『オモウマい店』絶好調で“ソックリ番組”が大量発生!

文=木村之男

タクシー運転手さんも困惑…『オモウマい店』絶好調でソックリ番組が大量発生!の画像1
『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)公式サイトより

 近年まれに見るヒット番組となったのが、昨年スタートした『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)。番組開始から1年が経過したが、その勢いが止まる気配はない。

「特番を経てレギュラーに昇格した『オモウマい店』の放送枠は、もともと『火曜サプライズ』をやっていた時間帯。『火サプ』は10%前後の視聴率を取っていたため、終了には驚きの声が上がりました。ですが、『オモウマい店』は初回から12%近くの視聴率を取ると、その後も数字を伸ばし、今や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『ポツンと一軒家』、『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)などと並んで、バラエティ番組トップを争う高視聴率番組に成長しています」(テレビ情報誌記者)

 堅調だった『火サプ』を切る英断を下した日本テレビの慧眼には唸るしかないが、こうなるとプライドもへったくれもないのがテレビ業界。『オモウマい店』の成功に倣ってか、ソックリ番組が次々と誕生している。

「真っ先にパクったのはTBSです。『オモウマい店』が高視聴率をマークするやいなや、朝の帯番組『ラヴィット』で、お笑いコンビ・見取り図の2人による『東京安くてウマくて○○な店』というコーナーがスタートしました。

 ゴールデンで思いっきりパクって批判が寄せられたのは、テレビ朝日の『ウラ撮れちゃいました』。かまいたちと白石麻衣が司会を務めるこの番組は、昨年11月、取材方法やナレーションまで『オモウマい店』をそっくりそのまま頂いたような内容を放送。他のコーナーも“パクリ疑惑”が多く、ネットで批判を浴びました。

 そして今年4月からはテレビ東京で『タクシー運転手さん一番うまい店に連れてって』という番組がスタートしています。こちらは、ディレクターが地方に赴き、タクシーに乗り込んで店探しをする『オモウマい店』のスタイルを完全に借用。初回の放送で、運転手に『オモウマい店ですか?』とカン違いされる場面を流していたので、それで仁義を切ったつもりなのかもしれません」(キー局バラエティ番組制作関係者)

 料理店を扱う番組が人気なのは今に始まったことではなく、“テレビでよくある企画”と言えばそれまでだろう。とはいえ、ネタのカブりはできる限り避けるべきで、わざわざ寄せていく姿勢は褒められたものではない。ただ、『オモウマい店』が見つけた手法は、今後も使われ続けていくはずだとテレビ関係者はいう。

「料理モノの番組は、制作陣が求める“画力(えぢから)”と“シズル感”が得やすく、料理番組だらけになるのは仕方ありません。ただ、『オモウマい店』がやっている、スタッフが店を巡るスタイルは制作費が大幅に抑えられるのが非常に魅力的です。

 タレントを使えば、音声、カメラ、マネージャー、ヘアメイク……など、ロケは大所帯になりますが、スタッフが手持ちカメラで撮るスタイルで番組が成立するなら、こんな安上がりなことはない。『オモウマい店』を見ると、タレントではなくあえて素人のスタッフが店を探していることが店側の警戒感を解く役割を果たしており、手ブレがある粗い画像もむしろリアル感を演出していて、すべてが良い方に転がっている。ついついマネをしたくなるのでしょう」(テレビ関係者)

 良いアイデアが生まれたら、局の垣根を越えてそれをわけ合うのが“テレビ村”のやり方ということか。視聴者としてはビミョーな気持ちでもある。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2022/04/12 20:00

タクシー運転手さんも困惑…『オモウマい店』絶好調で“ソックリ番組”が大量発生!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

小澤雄太が三谷幸喜からもらった金言

 昨年7月、コロナ禍のPARCO劇場再開第1弾作品として上映されたのが三谷幸喜作・演...
写真