5代目『相棒』に急浮上!? 長瀬智也が本命と言われだしたこれだけの理由

文=本多圭(ほんだ・けい)

5代目『相棒』に急浮上!? 長瀬智也が本命と言われだしたこれだけの理由の画像1
長瀬智也

 3月23日にシーズン最終回が放送された水谷豊主演の人気ドラマ『相棒 season20』(テレビ朝日系)。いまだ“5代目相棒”選びが難航していると伝えられているが、ここにきて、昨年3月末にジャニーズ事務所を退所した元TOKIOの長瀬智也が急浮上しているという。

「長瀬は、水谷が求めている演技力・年齢・知名度といった条件に当てはまる。しかも、ジャニーズ退所後、ドラマや映画の仕事が入っておらず、スケジュールの問題もありません。これまで5代目候補として何人もの俳優の名前が挙がりましたが、長瀬が最有力候補ですよ」(テレ朝ドラマスタッフ)

 3月23日に放送された『相棒 season20』で4代目相棒の反町隆史が卒業。反町は、初代相棒役を演じた寺脇康文を抜いて最多出演回数を記録しただけに、そのあとを引き継ぐ5代目相棒は、視聴者だけでなく、ドラマ界からも注目されている。

 「毎シーズン15%前後の視聴率を取って、今や“国民的刑事ドラマ”と言われていますからね。次は誰が5代目相棒を演じるのかが注目されますが、その条件が厳しいのです」と話すのはドラマ制作会社プロデューサー。

 「というのも、『相棒』は1シーズン2クール放送されますから、撮影に7~8カ月かかるんです。知名度のある俳優が、そんな長期にわたってスケジュールを調整するのは難しい。一時は、公私に渡って水谷と仲が良い『とんねるず』の木梨憲武の名前も挙がりましたが、木梨は還暦を迎えてますからね。30~40代の人気俳優というのが条件とされていますから、これまで候補に挙がったのは、中村倫也、山崎育三郎、尾上松也、松坂桃李、福士蒼汰の5人です」(前同)

 一部では、反町と同じ「研音」所属だということから、山崎と福士が有力視されたこともあったが、ここにきて、長瀬が急浮上してきたという。

 「確かに、反町の声が反映されれば、山崎と福士が有力かもしれませんが、これまで相棒が次の相棒を指名したという前例はありません。そうしたコネを考慮するなら、中村と松坂も、水谷の愛娘である女優・樹里と同じ『トップコート』の所属ですからね。ほかにも相棒として名前が挙がった候補者としては、女優の仲間由紀恵もいますが、彼女は『season20』にも出演していて、あらためて相棒にするには無理がある。そんななか、すべての条件を満たす長瀬智也が、新相棒として急浮上してきたのです」(芸能プロモーター)

 意外にも、長瀬と水谷は、番組共演後、気心の知れる仲だという。

「2015年に、水谷がメガホンを撮った映画『王妃の館』の宣伝プロモーションのため、TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に水谷がゲスト出演しているんです。それ以降、親しい間柄だと聞いています。それでも、もし長瀬がジャニーズ事務所に所属したままだったら、この話はなかったと思います。ジャニーズが絡むといろいろな縛りがありますからね。長瀬は、芸能界を引退したわけではありませんから、スケジュール面では全く問題ないでしょう」(前出のテレ朝ドラマスタッフ)

 昨年3月末にTOKIO脱退と同時にジャニーズ事務所を退所してフリーになった長瀬。同年4月にはインスタグラムを開設し、7月にはセレクトショップのチラシモデルに登場したが、表舞台からは遠ざかっている。

 「長瀬の窓口は、母親も役員を務める友人のアパレル会社のようです。水谷は、演出に口出しをされるのを嫌がりますから、ジャニーズ退所は好都合。また、水谷はスキャンダルを嫌いますが、長瀬は、浜崎あゆみをはじめ、7人くらいの女性と噂になったものの、結局43歳にして未だ独身で、スキャンダラスな話もない。水谷の条件に合いますよ」(女性誌記者)

 あとは、水谷が求める演技力だが、長瀬は業界でも高く評価されているという。

 「05年に放送されたドラマ『タイガー&ドラゴン』(TBS系)では、ヤクザにして落語家という難役を演じて高く評価されましたが、昨年1月期にも、同じTBS系金曜ドラマ『俺の家の話』でプロレスラー役を演じ、こちらも高く評価されました。ちなみに『俺の家の話』は、退所前の長瀬の最後のドラマとなりましたが、レスラーになりきるため、長瀬は12キロ以上の増量をして肉体改造に挑みました。水谷は、演技のためなら努力を惜しまない長瀬を買っています」(前出野テレ朝ドラマスタッフ)

 『相棒 season21』は10月からスタートする。5代目相棒に誰が選ばれるのか、水谷の決断に注目したい。

(文=本多 圭)

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2022/04/14 22:20

5代目『相棒』に急浮上!? 長瀬智也が本命と言われだしたこれだけの理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

日本語ラップが迎えた新時代と裏面史

 引く手あまたの文筆家・つやちゃんによる新連載「クリティカル・クリティーク」がスター...
写真