日刊サイゾー トップ > 芸能  > 華原朋美の長男に心配の声

華原朋美2歳長男のワンピ&ツインテ姿に“心配”の声が続出する、過去のある発言

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

華原朋美2歳長男のワンピ&ツインテ姿に心配の声が続出する、過去のある発言の画像1
華原朋美公式サイトより

 “ともちゃん”こと華原朋美がSNSにアップする息子の姿が、ネットで話題になっている。

 華原は先日、Instagramで、自身の息子が元気よく「ヤッホー!」と手を振る動画をアップし、「1人で生んで育った息子はこんなに大きくなりました。こんなに大きくなりました。母親としてこれからも可愛い息子を精一杯の愛情を持って元気いっぱいに育てていきます」(一部抜粋、以下参照)とコメント。

 あどけなくてキュートな動画だが、ワンピースを着た長男のファッションに注目が集まった。

 華原は2019年8月、未婚で長男を出産。その後、2021年8月に自身のマネジメントを手がける事務所の代表で、専属マネジャーの大野友洋氏と結婚している。現在2歳半になる息子は、生まれた日から現在まで後ろ髪を伸ばし続けているという(華原が今年3月1日に更新したブログより)。現在は腰まで伸びた髪を、華原はワンピースやスカートといったファッションに合わせて、リボンをつけたりツインテールにしたりする日々だ。

 SNSでは子どもの顔がはっきりと映らないように工夫されていることもあってか、前出の投稿をはじめ、その姿は一見するとやはり完全に女の子。華原がその姿をSNSにアップし、ネットニュースに取り上げられると、ネットでは「可愛い!」だけではなく、“心配”する声も上がっている。

「“女の子だから赤やピンク”、“男の子だからブルーや戦隊モノ”なんてジェンダーバイアスはなくしていくべきで、男児が女児の服を着ていることは問題ではありません。ただ、華原自身がブログで『写真館などで、よく撮影してるのですが、息子が大きくなってそのお写真を見せたら怒られるんだろうなぁと思いつつも。。。』と記していたこともあり、まだ2歳の息子さんが自分の意志で女の子らしいファッションを楽しんでいるわけではなさそう。子どもが自分の好みで選べるようになるまでは、親の“願望”を押し付けすぎないようにしてほしい、と心配する意見もよくわかります。もちろん、子育てに奮闘している本人からすれば、余計なお世話でしょうが……」(芸能ライター)

 華原は昨年11月3日に出演したバラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)で、自身が4人きょうだい(兄兄弟)の3番目であることや、母親のために「女の子産んでお母さんにだっこさせてあげたい」ことなどを、涙ながらに吐露していた。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2022/04/27 13:00

華原朋美2歳長男のワンピ&ツインテ姿に“心配”の声が続出する、過去のある発言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

失われた11年にけりを付けるYOU THE ROCK★

 1990年前後、まだ日本にヒップホップが根付く以前から、その最前線で活動していたラ...
写真