日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 千鳥・大悟とコントロール不能なヤギ

千鳥・大悟「たいした人間じゃねぇんだって」コントロール不能なヤギとロケと浜田雅功

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

千鳥・大悟「たいした人間じゃねぇんだって」コントロール不能なヤギとロケと浜田雅功の画像1
『ヤギと大悟』(テレビ東京系)公式Twitter(@yagitodaigo)より

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(4月24~30日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

大悟「そうか、たいした人間じゃねぇんだって」

 千鳥の大悟がヤギを連れて歩く。いや、ヤギに大悟が連れられていたのかもしれない。

 30日の『ヤギと大悟』(テレビ東京系)。大悟(千鳥)がヤギと田舎を歩き、行く先々でヤギに雑草を食べさせながら地元の人たちと触れあうロケ番組である。初回は昨年末に放送され、今回は第2弾となる。

 番組の中心は「ポポ」と名づけられたヤギ。そんな番組のスタンスを印象づけるように、オープニングはポポが雑草を一心不乱に食べる姿のワンショットである。大悟はカメラのフレームの外で「ポポも無視。カメラも無視。ワシは何しに来たんか」とぼやき、しばらく画面には出てこない。

 その後も大悟は、自分に興味を示さず気ままに歩くポポに振り回されたり、草を食べ続けて動かないポポを動かそうと苦心したり。ようやくポポが動き出すと、この機を逃すかとばかりに走り出す大悟やスタッフの一群。そんな映像が面白い。

 改めて確認すると、この番組の主役はヤギのポポ。「大悟とヤギ」ではなく「ヤギと大悟」なのだ。その関係には、志村けんとチンパンジーのパンくんの姿も重なる。大悟は語る。

「ワシらって、みんなから興味もってもらえてるのがあたりまえみたいに思っちゃう。この仕事何十年もしてたら。でもポポと会うたびに、そうか、たいした人間じゃねぇんだって」

 なお、番組内での大悟とスタッフのやり取りによると、スタッフは訪れる町の下調べ(ロケハン)などはしていないそうだ。ロケは、少なからずポポの動くがままに進行しているということだろうか。

 番組や出演者によってコントロールできないものが、番組の中心にある。コントロールできないものに、大悟も、スタッフも、そして視聴者も視線を注ぐ。ポポを起点に、テレビ画面の内側と外側で、「たいした人間じゃない」もの同士の一時的で擬似的な対等な関係性のようなものが生まれているのかもしれない。この番組に惹かれる理由のひとつは、そういう雰囲気にある気がする。

 あと、地元の人とふれあう大悟の人柄も、いつも以上に魅力的。今回でいえば、畑作業をしてきたおばあさんに対する言葉がけとか、小さな子どもに接する際の感じとか。「たいした人間じゃない」もの同士の関係性のなかで、そういう人柄の魅力がスッと入ってくる感じがする。

 昨年末に放送された初回は、2021年度のギャラクシー賞(テレビ部門)を受賞した。おそらく、第3弾も放送されるのではないか。そうだとしたら、ロケ日は天気が良くあってほしい。日なたの暖かさを感じさせるような番組の雰囲気が、そんなのどかな感想を抱かせる。いや、確かにこの番組、通常のロケ番組以上に天気はとても大事かもしれない。これもまた、コントロールできないものだが。

 にしても、ポポの動きにあわせて走り出す大悟やスタッフの映像、なんだか既視感がある。おそらく、『ごぶごぶ』(毎日放送)などでロケの行き先をその場の流れで変えてスタッフを右往左往させていた、ダウンタウンの浜田雅功だ。テレビのなかでポポに一番近い人間は彼だと思う。浜田はひとりでポポの役割も、大悟の役割も果たしそうだ。

12

千鳥・大悟「たいした人間じゃねぇんだって」コントロール不能なヤギとロケと浜田雅功のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真