日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 『ゴッドタン』銀シャリ橋本覚醒

『ゴッドタン』劇団ひとりが雑ボケ連発で銀シャリ橋本が覚醒

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

『ゴッドタン』劇団ひとりが雑ボケ乱打で銀シャリ橋本限界突破の画像1
銀シャリ・橋本直

芸歴10年目の吉松ゴリラとマジマンドリルが、今週あったお笑い番組のトピックをご紹介! 今回は5月1日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京)の「銀シャリ橋本のテクニックを抜いてあげよう」企画です。

ゴリラ この間の『ゴッドタン』「銀シャリ橋本のテクニックを抜いてあげよう」が、めちゃくちゃおもしろかったね!

https://video.tv-tokyo.co.jp/god/episode/00087495.html
5月7日(土)26:14配信終了

マンドリル 絶対おもしろいだろうと思って見たら、その期待を超えておもしろかった! そもそもの発端は以前、橋本さんが出演した人気企画「勝手にお悩み先生」だよね。アンガールズ田中さんに「テレビで売れたければ、テクニックに頼らず人間味を出せ!」とアドバイスをもらった時「今は呼ばれたやつを一生懸命やるだけ」「もう心が溶けた」と、現在の停滞している心境を吐露して話題になった回。

ゴリラ 今回の企画は、その「心が溶けた」と語った橋本さんのツッコミテクニックを、存分に披露させてあげようという企画。番組中、各所で仕掛けられたボケ全てに対して的確なツッコミを入れていて、その力量の高さがしっかり示されていたよね。

マンドリル この企画のスタートで、橋本さんのプロフィール紹介をまとめたボードにボケが仕掛けられてたけど、その一つひとつへのツッコミが全てパワーワード。あの瞬間、神回だと思った。

ゴリラ そもそも橋本さんのツッコミとしての力量は、若手時代から高い評価を得ていた。もう10年近くも前になるけど、フットボールアワーの後藤さんが「高低差ありすぎて耳キーンなるわ!」の例えツッコミで注目を浴び出した頃、「自分の他にもツッコミが上手い芸人はいる」と、既に橋本さんの名前を挙げてた。

マンドリル それこそ今回のように「ツッコめ」と言われてツッコむ企画って、腕がないと相当難しいんだよね。「企画として用意されている」という事はその全てのボケに対して、常にパンチラインとなるツッコミが求められているという事。そもそも求められている基準が高い。

ゴリラ 更に普段のトークと違って、見てる側も「ここで100%ツッコミがくる」と分かってるから、身構えて聞いてる。感覚的に言うと、同じツッコミをしても笑いが通常の3割減位になる。企画としてお膳立てされた段階でハードルはかなり上がっている訳で、その上でウケるって相当な地力がいるんだよね。

マンドリル 途中で劇団ひとりさんがアドリブで「本当に何も考えないから」と言って、かなり無意味なボケの羅列をするでしょ。あそこって「上手くツッコめずに、グダる」って笑いに逃げても良い箇所じゃん。だけど橋本さんは、全く逃げなかったよね。その上でちゃんとツッコんで、ちゃんと笑いをとってるのが凄い。

ゴリラ ツッコミには「ボケを引き立てるツッコミ」と「ツッコミ自体で笑いを取るツッコミ」があるけど、橋本さんのツッコミは間違いなく後者だよね。もちろん「ボケを引き立てるツッコミ」も上手いんだけど、それ以上にツッコミで笑いを取っている時のおもしろさがズバ抜けてる。

マンドリル フットボールアワーの後藤さんやオードリーの若林さん、千鳥のノブさんなんかもこのタイプだよね。周りにパスをしながらも自分で笑いを量産できるし、本来ボケが持っているポテンシャル以上のものを引き出せるツッコミだから、MCで大成するタイプが多い印象。

ゴリラ 元々スキルの高さは知られてたから、今後MC起用も十分あると思う。とにかくどこかのタイミングで、今以上に露出が増えるのは間違い無いよね。

吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

SHUプロモーション所属。 宮崎大学大学院首席。もともとコンビで活動をしていたが、解散後ピンへ転身。 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1_6_18サントノーレ第10阿佐ヶ谷205号室 在住。

Twitter:@hidetaka111

Instagram:@h_yoshimatsu

YouTube「よしまつゴリラちゃんねる」

最終更新:2022/05/05 20:00

『ゴッドタン』劇団ひとりが雑ボケ連発で銀シャリ橋本が覚醒のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

新堂冬樹が語るBLと作家姿勢

 インターネットの発展に伴い、人々の娯楽が多様化していったこともあり、出版業界は90...
写真