日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「お笑いを存分に語る」ブーム到来の理由

なぜお笑い芸人はお笑いを語るようになったのか?「お笑いを存分に語る」ブーム到来の理由

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

なぜお笑い芸人はお笑いを語るようになったのか?「お笑いを存分に語る」ブーム到来の理由の画像1
お笑い解説と言えばアンガールズ田中さん。(写真/GettyImagesより)

 お笑い業界において、ここ数年で大きく変化したと感じる事がある。それは芸人がテレビやメディアで、他の芸人やお笑いそのものについて語る番組が増えたという事だ。

 2020年、人気の長寿番組である『アメトーーク』(テレビ朝日)では、コンビのツッコミがほかのツッコミ芸人の凄さを語る「ツッコミ芸人が選ぶこのツッコミが凄い」という企画や、芸人が好きな芸人の魅力やテクニックを解説する「芸人大好き芸人」という企画が放送された。

 また、『ゴットタン』(テレビ東京)では「お笑いを存分に語れるBAR」という人気企画があり、この傾向がもっと露骨に表れている。先月2月13日には第6弾が放送され、ゲストの芸人も交えて昨年のお笑い界についてディープなお笑い談議を繰り広げられた。

 笑福亭鶴瓶師匠がMCを務めるトーク番組『巷の噺』(テレビ東京)でも、それまでは大御の芸人が出演することはあったが、19年頃から中堅芸人が出演し、芸人としての持論やプライベートな話を披露している。

 芸人がプライベートを暴露するような番組は昔から存在していたが、真面目に語ったり、ほかのお笑いや芸人を分析して自分の見解を述べる番組は、ほとんど無かった。

 お笑い番組=芸人がネタをしたり、ふざけたり、とにかく笑いを中心とした番組であった。その理由としては、芸人が笑い無しでトークをするのはディープなファン以外の視聴者からの需要はなく、さらには芸人自信が手の内を明かすことへの抵抗や素を見せる恥ずかしさなど、さまざまな理由があったと考察するが、現在はそういったコンテンツが番組として立派に成立しているのだ。

 何故そうなったのか?

 僕が思うに、芸人自体は何も変わってはいない。いつの時代も視聴者の望んでいること、喜ぶことをお茶の間に届けるのが基本である。以前のコラムでも述べた通り、これは「芸人への需要が変化した」と言わざるを得ない。視聴者は昔の芸人があえて隠してきた素顔やネガティブな部分、芸に対しての情熱や信念などを求めているのだ。

 現に10年前にコンビを解散し芸人を引退した僕が、かつての同業者であった芸人や現在のお笑い界についてコラムを掲載させてもらうなど、夢にも思わなかった。

 世間が芸人についてのイメージを述べるときに、一昔前ならリアクションやどんなネタをするか等”芸風”についての話題が中心だった。

 ところが現代の”イメージ”には、芸人の性格も含まれている。画面から伝わる器用さ、破天荒さ、そして面白さ。もちろんどれも大切だが、ほとんど視聴者が惹きつけられる理由と言っても過言ではないのは「笑いに対しての真面目さ」だ。

123

なぜお笑い芸人はお笑いを語るようになったのか?「お笑いを存分に語る」ブーム到来の理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

芸能界のドンが有吉を潰さなかった理由

 人気バラエティタレントの有吉弘行と、フリー...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真