日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『旅サラダ』中丸雄一が“孫扱い”される

『旅サラダ』中丸雄一が“孫扱い”される不思議な世界線。食リポ姿を子守りのように見守られる

『旅サラダ』中丸雄一が孫扱いされる不思議な世界線。食リポを子守りのように見守られるの画像1
『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)「【発掘!ニッポン なかまる印】のその合間に・・・#4」より

 先月より『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)のリポーターに就任したKAT-TUNの中丸雄一。5月7日放送回で彼が訪れたのは、香川県・まんのう町だった。この日は久々にKAT-TUNのライブがない土曜日だったため、都心から遠い場所へ訪れることができたようだ。

※前週のレビューはこちら

 ちなみにこの日、中丸が着たつなぎのカラーはオレンジであった。カラバリが豊富な『旅サラダ』の中丸つなぎ。全部で何色あるのか気になるが、逆に言えば“スタイリスト要らず”な利便性を備えたシステムでもある。余談だが、オレンジつなぎを着る中丸といえば、2009年放送の中丸の主演ドラマ『RESCUE~特別高度救助隊』(TBS系)と同じ出で立ちだ。

「おばあちゃんYouTuber」を紹介するYouTuber・中丸

 今回、中丸が取材したのは、まんのう町で活動する“おばあちゃんYouTuber”川原恵美子さんだった。言うまでもなく、中丸も「ジャにのちゃんねる」で活動するYouTuberである。つまり、この日はYouTuberがYouTuberを紹介するという構図だ。川原さんはYouTubeを始めて今年で3年目なので、YouTuberとしては中丸より先輩になる。

中丸 「川原さんのチャンネル登録者数はどれくらいなんですか?」
川原 「39万ちょこちょこです」
中丸 「39万ですよ!? ちなみにスタジオの勝俣(州和)さん、YouTubeやられてますよね?」
勝俣 「僕も2年(3年目)やってます」
中丸 「チャンネル登録者数ってどのくらいですか?」
勝俣 「9万人です」
中丸 「……あっ」

 リアルなリアクションを隠せない中丸。ここがいかにも中丸だ。さらに、川原さんと中丸のやり取りは続いた。

中丸 「川原さん、ご年齢をお伺いしてもよろしいですか?」
川原 「25歳と言いたいんですけど、76歳なんです(笑)」
中丸 「25歳に見えました(棒)」

 朝から中丸節連発である。

 ちなみに、川原さんの本業はおそば屋さん。YouTubeでは自身のオリジナルレシピを紹介しており、特にバズったのは460万回以上の再生数を記録する「【基本】そうめんの茹で方(くっつかない・固まらぬ)絶品めんつゆの作り方」なる動画だった。

 沸騰したお湯にそうめんを入れたらすぐに火を止め、鍋に蓋をして5分待ち、余熱で温める。その後は麺を水に晒し、優しくぬめりを取ったら氷水で締める。すると、1時間置いてもそうめんを美味しく食べられるそうだ。調理後1時間を経過したそのそうめんを、中丸が試食した。

「魔法のようですね。スゴいわこれ、本当だ! 作りたてのような感じがします。ふぉぇ~!」

 驚いたときの感嘆詞「へーっ!」も、中丸が言うと「ふぉぇ~!」になる。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed