日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 「男性アナの育休取得」とテレビ局の思惑

榎並大二郎、国山ハセンら「男性アナの育休取得」続くウラにあるテレビ局の思惑

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

榎並大二郎、国山ハセンら「男性アナの育休取得」続くウラにあるテレビ局の思惑の画像
国山ハセンアナウンサー公式Instagramより

 報道番組『news23』などに出演するTBSアナウンサーの国山ハセンが5月9日より3週間の育児休業に入った。

 国山アナは2020年に一般女性と結婚。今年2月26日に第1子となる長男が生まれた。6日深夜にはTwitterで「3週間という期間ですが育児のための、休暇を取得します。育休です。#news23 には月末に復帰します」と報告しており、その後はTwitter、Instagramでそれぞれ育児中の様子を伝えている。

 TBSアナウンサーでは、蓮見孝之アナが2019年4月から同じく3週間の育休を取得。他局でも、昨年9月にフジテレビの榎並大二郎アナが2週間、テレビ朝日の板倉朋希アナが1カ月の育休を取得し、昨年10月にはテレビ東京の原田修佑アナが3カ月にわたる育休を取得したことが大きな話題となったばかり。

 在京テレビキー局関係者は「時代の流れがようやくテレビ局にも波及し始めたということなんでしょうね」としみじみ語る。

「4~5年前までは女性アナウンサーですら妊娠、出産したら基本的にはそれまで担当していた番組を外れるのが、半ば慣例化していました。理由は明確で、『無理をさせられない』から。“業界あるある話”ですが、スタッフにも仕事第一で家庭が破綻している人が多い。まして男性アナウンサーが育児休暇、休業するなんて考えられなかった。キー局ではありませんが、とある大都市のテレビ局の男性アナウンサーが過去に1カ月ほど育休となった際は、局内中が大騒ぎになりました。上司は露骨に態度には出さなかったそうですが、後にこの男性アナウンサーは別の部署に異動させられています」

 とはいえ、全国ネットの報道番組に定期出演する男性アナウンサーが相次いで取得できたのは、別の意味合いもあると話す芸能関係者もいる。

「番組の中でも、制作会社や局内の“働き方改革”に触れられることはあるものの、それでもテレビ関係の仕事には『厳しい』『休みがない』と労働環境が悪いイメージが根強い。加えて、かつては入社希望が殺到する“花形”だったテレビ局だが、テレビ業界の衰退が取り沙汰される今、優秀な人材を確保することもままならない。男性アナの育休取得を発表するのは、世間に“働きやすさ”をアピールする意味合いが大きい」(同)

 しかし一方で、職場環境の良さをアピールすることばかりを優先した結果、とんでもない事態を招いているメディアもあるという。

「超大手一般紙グループの某有名紙媒体のメディアは近年、女性スタッフを積極的に新卒採用していました。上層部が『この業界は男社会だが、女性も活躍できるメディアである』ことを世間にアピールしたかったからです。しかし積極採用をしたのはいいが、選考が十分ではなかったのか、あるいは具体的にどういう働き方になるのかについてちゃんと伝わっていなかったのか、新卒社員のトラブルが続出。退職者も出ている緊急事態です」(週刊誌記者)

 アピールばかりで根本的な対策ができていなければ当然の結果だが、各局も男性アナが会社のPRに担がれているだけでは「まだまだ」と言えるのかもしれない。

〈関連記事〉
新型コロナで男性育児加速? 見守りから遊び、おむつ替えまで! 育児に特化した「ベビーテック」(前編)
戸田恵梨香「育休旦那ムリ!」に共感の声も…『俺の家の話』が投じた「男性育休は必要か」論
テレ東・鷲見玲奈アナ退社の裏で、育休明けの美人キャスターが“巻き添え異動”の悲劇
テレビ東京が進めている「働き方改革」とは? 新番組『シナぷしゅ』プロデューサーに聞く
小泉進次郎&滝クリの“育休”に自民党内から皮肉の声…「子育て支援」で周回遅れな日本の政界

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2022/05/18 11:30

榎並大二郎、国山ハセンら「男性アナの育休取得」続くウラにあるテレビ局の思惑のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真