日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『トップガン マーヴェリック』絶賛評

『トップガン マーヴェリック』絶賛の理由、そして連想した傑作続編とは

文=ヒナタカ

『トップガン マーヴェリック』絶賛の理由、そして連想した傑作続編とはの画像1
C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トップガン マーヴェリック』が2022年5月27日より日米同時公開される。1986年の前作『トップガン』からなんと36年ぶりとなる続編であり、しかも新型コロナウイルスのパンデミックにより度重なる延期を経ての「やっと」の公開となるため、首を長くして待っていた、期待に胸を膨らませているファンは数知れないだろう。

 結論から申し上げれば、本作はその期待に応えるどころではなかった。上がりきったハードルを余裕で超えていく、あらゆる続編映画の中でもトップクラスの完成度を誇る、素晴らしい作品だった。事実、批評サイトRottenTomatoesでは現在批評家支持率97%という圧倒的な高評価を得ている。

 今回から観ても最低限の情報は提示されているし、わかりやすいエンターテインメント性が打ち出されているので、『トップガン』を全く知らない方でも楽しめる内容であるとも思う。だが、可能であれば前作を観ておいて、思い入れたっぷりのまま映画館に足を運ぶのがおすすめだ。「かなり昔に観たことがあるな」くらいのおぼろげな印象のまま観ても、きっと記憶を呼び覚まされ、だからこその感動があるだろう。

 また、本作は3画面に広がる「ScreenX」上映が一部劇場で実施されている。筆者は試写で体験したのだが、これが空中戦の迫力マシマシ、「ちょうど劇場がコックピットになる」擬似体験ができ、作品との相性がものすごく良かった。池袋のグランドシネマサンシャインとシネマサンシャインららぽーと沼津ではそのScreenXと体感型アトラクションシアターの4DXと合体した「4DX SCREEN」上映も実施されているので、ぜひこちらも候補に入れて観てほしい。IMAXでの鑑賞ももちろん良いだろう。

『トップガン』が好きな方、トム・クルーズのファン、ただただ胸がアツくなる面白い映画が観たい方、それぞれに文句なしにおすすめだ。何より、迫力の映像を堪能できる大スクリーンでこそ観てほしい。それだけで終わってもいいのだが、ネタバレに触れない範囲でさらなる『トップガン マーヴェリック』の魅力を記していこう。なお、あらすじの時点で前作『トップガン』の重要なシーンには触れているので、まだ観ていない方は先に観ることをおすすめする。

(1/3 P2はこちら

123

『トップガン マーヴェリック』絶賛の理由、そして連想した傑作続編とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真