日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『インビジブル』永山絢斗の“シスコン”ぶり

『インビジブル』永山絢斗演じるキリヒトの“シスコン”ぶりに反響「めんどくさい元カレ感」

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『インビジブル』永山絢斗演じるキリヒトの“シスコン”ぶりに反響「めんどくさい元カレ感」の画像
永山絢斗演じるキリヒト(ドラマ公式サイトより)

 高橋一生が主演するTBS金曜ドラマ『インビジブル』が、後半戦へ突入した。新章のキーマンとして現れたのが、永山絢斗が演じるキリヒトだ。

 決して表に出てくることはなく、この世のあらゆる凶悪犯罪の裏で必要な凶悪犯たちを紹介・斡旋している犯罪コーディネーター、“インビジブル”。これまではキリコ(柴咲コウ)がインビジブルだと思われたが、5月20日放送の第6話では、キリコとキリヒトの父親こそが本来、インビジブルと呼ばれた犯罪コーディネーターであり、姉弟はインビジブルの仕事を受け継ぐために幼少期から「犯罪の英才教育」を受けて育てられたという背景が明らかに。10代の頃から犯罪コーディネーターの仕事を心から楽しんでいた弟・キリヒトは2年前、ついに父親が邪魔になって殺し、インビジブルと名乗って、報酬さえあればどんな依頼でも引き受ける「殺人コーディネーター」となったのだった。キリコはそんな弟を止めるために、刑事である志村(高橋一生)に近づいたのだ。

 父親の仕事を嫌い、自分たちの仕事は「この世に必要ない」と考えていたキリコに反し、キリヒトは最初から「ゲームにハマる子どもみたいに」楽しんでいたという。良心や罪悪感が欠如し、冷酷で無慈悲な“反社会的人格”のキリヒトを見事に演じる永山に対し、ネット上のファンからは「悪い顔してるね~いいね~」「最後のニヤリが気持ち悪くて最高よ!(褒めてる)」など嬉しい悲鳴が上がっている。

 しかし同時に、そんな凶悪キャラが霞むほどの“シスコン”っぷりにも注目が集まっている。キリコと一緒に仕事をすることになぜかこだわっているキリヒト。第6話では、成功したら自分はキリコを諦める、失敗したら自分のもとに戻るという“勝負”を持ちかけ、「戻るわけないでしょ」と言うキリコに対し、「戻ってもらうまで無関係な人間が死にまくる」と脅すほど。

 志村が人質にされた際には、「どうしても二人きりで話したくて」とキリコを暗号で呼び出し、やはり「キリコがこのまま僕と一緒に帰ってくれるんなら、志村さんを助けてあげる」と取り引きを持ちかける。そして「子どものころ、僕を心配してよく言ってくれた言葉を今でも覚えてるよ」と言い出したキリヒトは、幼少期に「泣かないで」「大丈夫、ずっとそばにいるから」と頭を撫でてくれたキリコのことを思い出しながら、約束を守ってほしいとしながら、さながら愛の告白をするかのように「キリコにそばにいてほしい」と伝えるのだった。しかしキリコの答えはNO。「私が約束した弟はもういない。いるのは殺人コーディネーターに成り下がった犯罪者」と冷たく突き放されたキリヒトは、「残念だよ」と声を絞り出す。

 さらに、キリコが志村を救うため、キリヒトが欲しがっていた重要なデータとの交換条件を提示すると、「そんなに大事なんだ。あの志村って男の命が」と嫉妬を隠さない。志村を救いに向かうキリコの背中に向かって、「僕がこれを手にしたことでまた人が死ぬ。キリコは今、悪に加担した。結局、僕もキリコも同じだよ」と言い捨てるキリヒト。姉へのあまりの執着ぶりに、SNS上では「弟ってよりめんどくさい元カレ感が強すぎてちょっと笑う」「未練タラタラなヤンデレ元カレ風シスコン弟」と、凶悪犯というキャラクターを打ち消すほどのインパクトを残していた。

 今年は映画『桜のような僕の恋人』に加え、さらに3本の出演映画の公開を控えるほか、千葉雄大とのW主演ドラマ『ダブル』(WOWOW)もまもなく始まる永山。『インビジブル』では最終回に向けて、その演技力ゆえの不気味さがますます加速しそうだ。

■番組情報
金曜ドラマ『インビジブル』
TBS系毎週金曜22時~
出演:高橋一生、柴咲コウ、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、堀田茜、谷恭介、大野いと、平埜生成、板垣李光人、西村元貴、結城モエ、田中真琴、村井良大、酒向芳、原田泰造、桐谷健太
脚本:いずみ吉紘、槌谷健、香坂隆史
主題歌:「Tiny World」Dragon Ash(Victor/MOB SQUAD)
音楽:得田真裕
プロデューサー:佐藤敦司、浅野敦也
編成:東仲恵吾、佐藤美紀
演出:竹村謙太郎、棚澤孝義、泉正英
製作:TBSスパークル、TBS
公式サイト:tbs.co.jp/invisible_tbs

〈関連記事〉
『インビジブル』志村に妙に親しげな「貴ちゃんウーマン」の謎…敵か味方か?
『インビジブル』の無神経さに視聴者落胆…ドラマにはびこる「痴漢冤罪」展開
『インビジブル』が高橋一生のゴシップをネタ化? 「チェーン」が話題になったワケ
TBS金ドラ『インビジブル』脱落者続出か…視聴率の下落の要因は「警察の無能っぷり」?
一番“ガッカリ”は『元彼の遺言状』か『インビジブル』か? 春ドラマ序盤ランキング

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/05/27 19:00

『インビジブル』永山絢斗演じるキリヒトの“シスコン”ぶりに反響「めんどくさい元カレ感」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真