日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『マイファミリー』ついに誘拐犯判明!も…

『マイファミリー』誘拐犯が判明! まさかの“裏切り”に視聴者の反応は…

文=東海林かな(しょうじ・かな)

『マイファミリー』誘拐犯が判明! まさかの“裏切り”に視聴者の反応は…の画像
ドラマ公式サイトより

 二宮和也主演のTBS系日曜劇場『マイファミリー』の第8話が、5月29日に放送される。前回のラストで主人公・鳴沢温人(二宮和也)の学生時代の友人で、これまで事件解決にずっと協力してくれた東堂樹生(濱田岳)の「俺が誘拐した」という信じたくない告白に、筆者も思わず言葉を失った。まさに“最悪の裏切り”の展開に、視聴者からも「もう、これ以上、温人を苦しませないで」との悲痛な声が上がっている。

 温人と未知留(多部未華子)の鳴沢夫婦の娘にはじまり、ふたりの友人・三輪碧(賀来賢人)の娘、そして鳴沢夫婦のご近所さんで、温人が社長を務める「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社外取締役である阿久津晃(松本幸四郎)の娘と誘拐されてきた一連の事件。阿久津の娘・実咲(凛美)を誘拐した犯人は、ハルカナの社員・鈴間亜矢(藤間爽子)だった。

 鈴間を逃してしまった温人は、共犯がいるのではと、阿久津とともに彼女の身辺を調べる。これまでどおりに犯人からの連絡があり、温人が身代金の受け渡しに向かうと、そこには鈴間の姿が。「動かないでください。仲間が見てます」と言いながら温人のスマートフォンを確認し、「余計な真似は二度としないでください。相手を軽く見てはいけません。本当に実咲ちゃんは殺されます」と、温人に警告とも忠告とも取れる言葉を残して鈴間は去っていった。

 ハルカナの副社長・立脇香菜子(高橋メアリージュン)の不審な行動から、阿久津は香菜子が主犯だとしてハルカナに乗り込むが、それは誤解。香菜子も独自に事件を調査し、鈴間が誘拐に関わっていることに気づくが、香菜子は会社を守るため、鈴間を密かに辞めさせ、自分だけの秘密に留めようとしていたのだ。

 その後、自宅に戻った温人は、リビングにあるwifiルーターに盗聴器が仕掛けられていることに気づく。温人はかねてから、自分の娘・友果(大島美優)が誘拐された時、普段は未知留が送り迎えをしているのに、その日にかぎって友果がひとりで塾に行ったことをなぜ犯人が知り得たのか疑問を抱いていた。そして犯人が盗聴器によって家の事情を知り得ていたことが判明したことで、ある疑惑が浮かび上がる。友果誘拐事件の際、元刑事である東堂が、自宅内に盗聴器は見つからなかったと言っていたからだ。

 温人は東堂が盗聴器を付けたのだろうと指摘する。そして、犯人との連絡に使ったスマートフォンゲームでの犯人のID「haruto1212」に東堂の結婚記念日・12月12日が使われていること、さらに東堂の結婚式の写真に鈴間が写っていたことを突き止め、「犯人はお前なのか?」と問い質す。すると東堂は「俺が誘拐した」と答えたのだった。

 視聴者からは「なんてこった」「なんで東堂さんが……」という声も上がる一方、「疑っていたけどこの予想は外れて欲しかった」と東堂が怪しいと思っていた人も少なくなかったようだ。また東堂の妻・亜希と鈴間亜矢は名前も似ているうえ、結婚式の写真に一緒に写っていたことから、ふたりは姉妹なのでは、との説も上がっている。

 東堂は「誘拐した」とは言ったが「誰を」までは言っていない。東堂と三輪は鳴沢夫婦の大学時代の友人だが、友果の誘拐事件が起こるまでは疎遠だった。誘拐事件の発生後、第1話のタイミングで未知留に呼び出される形で久々に再会するも、この時は家の外だったし、東堂が家の中に足を踏み入れたのは第2話だ。盗聴器で友果がひとりで塾に行くことを犯人が知ったのだとしたら、誘拐するより以前に東堂が鳴沢家に盗聴器を仕込むのは無理なのではないだろうか。無論、鳴沢家が無人の隙に東堂が侵入した、あるいは未知留と東堂が密かに会っていたといった可能性もあるだろうが……。「絶対誰かをかばってる」「東堂は犯人に利用されてるのでは」という声もあり、東堂の妻・亜希(珠城りょう)がまだ登場してないのも気になる。実咲のタブレットの中の「心春ちゃん」フォルダや、刑事の葛城(玉木宏)が事件解決へ執念を燃やす理由も明かされておらず、まだまだ回収できていない伏線は多い。

 毎週気になるとこで終わり、待ちきれない気持ちが上書きされる『マイファミリー』。第8話の予告では「決戦の最終章」と題され、東堂の告白シーンもうかがえる。さらに葛城が温人に「署までご同行願います」と容疑をかけ、ここから最終回まで目が離せないノンストップで見たくなるような展開が期待できそうだ。

■番組情報
日曜ドラマ『マイファミリー』
TBS系毎週日曜21時~
出演:二宮和也、多部未華子、賀来賢人、高橋メアリージュン、迫田孝也、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、山田キヌヲ、渡辺邦斗、藤間爽子、松本幸四郎、富澤たけし(サンドウィッチマン)、大友康平、神野三鈴、大島美優、濱田岳、玉木宏
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「それを愛と呼ぶなら」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
音楽:大間々昂
プロデューサー:飯田和孝、渡辺良介(大映テレビ)
スーパーバイジングプロデューサー:那須田淳
協力プロデューサー:大形美佑葵
演出:平野俊一、田中健太、宮崎陽平、富田和成
製作著作:TBS
公式サイト:tbs.co.jp/myfamily

〈関連記事〉
『マイファミリー』それぞれの”家族”を守りたい気持ちが交錯…涙を誘った第7話
『マイファミリー』玉木宏の「葛城刑事」、異常なまでの執念が事件解決の鍵を握る?
ついに犯人判明! 『マイファミリー』ラスト30秒の演出に「おあずけが辛すぎる!」
今度の誘拐は2話で解決⁉ 『マイファミリー』のジェットコースター展開「秀逸すぎる」
一番期待のドラマは『マイファミリー』! 一番“ガッカリ”は… 春ドラマ序盤ランキング

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/05/29 19:00

『マイファミリー』誘拐犯が判明! まさかの“裏切り”に視聴者の反応は…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真