日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『六本木クラス』ラスボスは香川照之

『六本木クラス』ラスボスは香川照之、“半沢直樹似”のリスクとは?

文=鈴木紬(すずき・つむぎ)

『六本木クラス』ラスボスは香川照之、半沢直樹似のリスクとは?の画像1
テレビ朝日『六本木クラス』公式サイトより

 俳優・竹内涼真が主演を務める7月期のテレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』。主人公の宿敵を香川照之が演じることが5月31日に発表され、ネット上では「『半沢直樹』の再来」として、良くも悪くも話題になっているようだ。

 『六本木クラス』は、日本でも大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』(Netflix)のリメーク版で、韓国版は主人公の青年、パク・セロイが、「長家(チャンガ)グループ」のチャン・デヒ会長ら富豪一家とビジネスバトルを繰り広げながら、自身が開いた居酒屋「タンバム」を人気店にするため奮闘するサクセスストーリー。日本版は、これが六本木の居酒屋「二代目みやべ」と「長屋ホールディングス」の戦いに置き換えられる。

 これまで、主人公・宮部新役の竹内のほか、ダブルヒロインを務める新木優子と平手友梨奈、新と敵対する同級生役の早乙女太一、その弟役の鈴鹿央士といったキャストが発表されていた同作。6人目のキャストとして解禁された香川は、新にとって“ラスボス”ともいえる「長屋ホールディングス」会長・長屋茂役だ。

 そんな香川の出演に対し、ネット上では「チャンガ会長のイメージにピッタリ」「やっぱり香川照之だったか。イメージそのままだもんね」「『梨泰院クラス』好きだから見たくなかったけど、香川さん出るなら見ようかな」などと好意的な声が相次ぐ一方で、「さすがに『半沢直樹』と被りすぎじゃない?」「チャンガ会長に香川さんは捻りなさすぎ。『半沢直樹』の二番煎じ感が強い」「あまりにも安直なキャスティング。土下座シーンもあるだろうから、『半沢直樹』かと錯覚しそう」と、堺雅人主演の日曜劇場『半沢直樹』(TBS系/2013年、2020年放送)と絡めたネガティブな意見も散見される。

 というのも、『梨泰院クラス』は主人公が仲間の協力を得ながら巨大勢力に挑む構図や、何度か登場する“土下座”シーンが、どうしても『半沢直樹』を彷彿とさせるからだ。それゆえに、ブーム時は「韓国版『半沢直樹』」と形容する日本メディアも目立った。

 そもそも、『梨泰院クラス』で演出を担当した監督を務めたキム・ソンユン氏は、日本の映画やドラマをリスペクトしていることで知られており、ニュースサイト「文春オンライン」で20年8月8日に配信された同監督のインタビューでは、岩井俊二監督や是枝裕和監督を称賛すると共に、「『半沢直樹』ってすごいドラマですよね。私もとても面白く拝見しました」と語っている。

 そんな『梨泰院クラス』のリメーク版に、『半沢直樹』で主人公の“宿敵”大和田暁役を演じた上に、特徴的な土下座シーンを披露した香川が出演するのだから、放送前から「半沢直樹と被りすぎ」と物議を醸すのは当然のことだろう。加えて、主演の竹内は『半沢直樹』こそ出ていないが、香川と同じく日曜劇場の常連俳優として認知されているため、ますます“日曜劇場味”が漂いそうな予感だ。

 また、香川が『六本木クラス』で『半沢直樹』のような演技を見せれば、“大和田の再来”として視聴者を喜ばせる一方で、既視感から「こればっかり」と言われかねない。視聴者の想像を超える必要がある香川は、相当なプレッシャーを感じているかもしれない。

 もはや、日曜劇場枠で放送されないことが不自然にすら感じそうな『六本木クラス』。『半沢直樹』級の高視聴率に期待したいところだ。

鈴木紬(すずき・つむぎ)

鈴木紬(すずき・つむぎ)

元アイドル誌編集者。宮迫博之の焼肉屋「牛宮城」を誰かにおごってもらう日を夢見る芸能系ライター。芸能人のYouTubeやSNSのパトロールが日課。

最終更新:2022/06/01 20:00

『六本木クラス』ラスボスは香川照之、“半沢直樹似”のリスクとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真