日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 朝倉未来、那須川天心VS武尊フジ撤退に自論

朝倉未来、那須川天心VS武尊からフジ撤退で「これを機にPPV文化へ」

文=佐藤勇馬

朝倉未来、那須川天心VS武尊からフジ撤退で「これを機にPPV文化へ」の画像1
YouTube「朝倉未来 Mikuru Asakura」より。

 プロ格闘家の朝倉未来が1日、自身のYouTubeチャンネルを更新。那須川天心と武尊による夢の対決が行われるビッグイベント「THE MATCH 2022」(6月19日開催)の放送をフジテレビが見送った件について、「これを機にPPV志向に切り替えるべき」と持論を展開した。

 キックボクシング界の「神童」と呼ばれる天心と「K-1のカリスマ」と称される武尊の対決は、現代日本の立ち技格闘技における最高峰のカード。注目度は間違いなく高く、フジテレビは当日午後8時からのゴールデンタイムに2時間特番での放送を予定していた。

 ところが、フジは5月31日に「主催者側との契約に至らず、フジテレビで放送しないことが決まりましたので、ここにお知らせいたします」と突然発表。結果、同大会の放送はABEMAによるPPV(ペイパービュー)形式の生中継のみとなった。

 同月9日には「週刊ポスト」(小学館)が、大会実行委員を務める格闘技団体「RIZIN」代表の榊原信行氏とその周辺が「反社会的勢力」との交際を認める音声が流出し、金銭トラブルが明るみになったと報道していた。放送見送りの理由は明かされていないが、フジ側がコンプライアンス問題を懸念し、中止を決断したとの見方が大勢を占めている。

 この件について、武尊はSNSで「この試合の意味を分かって欲しい。まだ諦めません」と地上波放送への強いこだわりを告白。天心も気持ちは同じようで「お金の為じゃねえんだよ、未来の為にやってんだよ。(PPVを買えない)子供達はどうすんだよ」「もし地上波でやらないのであれば俺はもうやめてもいいと思ってる」などと綴った。

 こうした状況を受けて、朝倉はTwitterで「地上波って今そんな大事かな」と疑問を呈したが、批判的なコメントが殺到したことで炎上。今回の動画でその真意を説明した。

12

朝倉未来、那須川天心VS武尊からフジ撤退で「これを機にPPV文化へ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真