日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 『ラヴィット!』で日向坂46すーじー涙

『ラヴィット!』で日向坂46すーじー涙 6月卒業がもったいない活躍

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

[入稿済]『ラヴィット!』で日向坂46すーじー涙 6月卒業がもったいない活躍の画像1
富田鈴花 日向坂46 公式サイトより

 8日放送のTBS『ラヴィット!』に日向坂46のすーじーこと富田鈴花が出演。初対面のすゑひろがりず・ 南條庄助宛の手紙に号泣する場面があった。

 同番組、4~6月水曜シーズンレギュラーの富田はこの日『すゑひろがりずの最新東京見聞録』のロケに参加。アフタヌーンティーを楽しむ「ヌン活」を調査した。

 3軒目に訪れた先では、バースデーサプライズとして大人気のアフタヌーンティーセットを紹介。運ばれてきた箱を開けると20個の引き出しがあり、それぞれに可愛らしいスイーツが入っていて、何が出てくるか楽しめるというもの。

 一同がこの演出の中でスイーツを満喫していると、南條が開けた引き出しから1枚の紙が。紙を開くと南条はびくっと反応。驚いた様子できょろきょろ。実は6月3日が誕生日の南條へ、妻からサプライズの手紙が引き出しの中に隠されていたのだった。

 富田はこの手紙を代読。「楽しく子育てできたのは、なんちゃんがお父さんだったからだと思っています。本当にありがとう」という感謝の言葉に南條は堪えきれず目を押さえて号泣すると、富田も手紙を読む声を震わせ涙。すゑひろがりず・三島達矢も南條以上に大号泣で「お前が泣くな!」とツッコまれていた。

 手紙を読み終えた富田は涙を流して鼻も真っ赤。

 すゑひろがりずと富田はこの日が初対面、今のところは関係が薄い夫婦のやりとりに涙する富田を見て、南條も「すーじーはどういう感情なの?」と不思議そうにツッコんでいた。

 富田は司会の麒麟・川島明に感想を聞かれると「もう、今年で1番素敵なロケだったと思います」と余韻に浸っていた。

 富田の涙にネット上では「手紙読んで泣くすーじーは本当に心キレイな人だよな」「すーじーほんといい子」「すーじーも感極まって涙、朝からほっこりしたわ」という声が上がっていた。

 また富田は2週間前の放送で「すゑひろがりずの南條さんの、今度放送されるんですけど。奥様からのお手紙読ませてもらったんですけど。それが感動しちゃって」とほぼ全部ネタバレ。川島に「今度放送すること言っちゃ駄目ですよ」と注意を受けていたことから「この前ネタバレしちゃったやつかw」「すーじーがネタバレしたすゑひろがりずの件はこれだったのか」と答え合わせのロケになっていた。

 この日、富田の愛称「すーじー」はツイッターでトレンド入り。ギターの弾き語りをしたり、笑いに貪欲だったり、涙もろかったり、多彩な表情を見せてきたすーじー。6月いっぱいでレギュラー卒業なのがもったいない。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/06/09 15:37

『ラヴィット!』で日向坂46すーじー涙 6月卒業がもったいない活躍のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真