日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 武田鉄矢「ムラムラ」連呼で批判殺到

武田鉄矢、未成年女性に「ムラムラ」連呼で批判殺到

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

武田鉄矢、未成年女性に「ムラムラ」連呼で批判殺到の画像1
武田鉄矢(左 写真/GettyImagesより)

 俳優の武田鉄矢が19日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演。「ムラムラ」を使った持論を展開させ視聴者からは批判が殺到している。
 
 この日、同番組では18歳の女子大学生と飲酒しホテルで現金4万円を渡したなど「パパ活」が週刊誌に報じられた吉川赳衆院議員について取り上げた。
 
 武田は吉川議員について、まず「この方はこれから散々叩かれるだろうし、切ないのは奥様もお子様もいらっしゃるからその辺は、大変だろうと思うんですけど」とまっとうな意見。
 
 しかし、18歳の頃なら、同じことをやっても何の問題もなかったと切り出すと「この人には人生の中でムラムラが来る時がなかったんですよ。過去に」と発言は突拍子もない方向へ。出演者の誰一人この発言の真意を掴めず、スタジオはきょとん。静まり返ってしまった。
 
 説明を求められると武田は「つまりね、きちんと18歳の時18歳の女の子相手にムラムラきてればこんなことにならないんですよ。私共が少なくともここにのどかな気持ちで座っていられるのは、その時分にきちんとムラムラしたからじゃないですか?」と持論を展開させたが、まだ出演者は困惑。誰も同調の声をあげることはなかった。
 
 司会の東野幸治が「ちゃんと人を好きになったり恋愛したり失恋したりって、その時代時代にあった経験を踏んでたら、40歳になった今若い女の子に対してそういう風なパパ活、ムラムラするっていうのは無かったんじゃないのかってことですか?」と適切に言い換えなんとかその場は収まっていた。
 
 しかし、武田はまったく懲りずに「ムラムラ」の持論をまた披露する。
 
 話題がパパ活に移ると、ワイドナティーンとして出演している19歳の海老野心は「最近はインスタのDMで『パパ活しませんか?』って来ます」「そこには金額も提示されてて」「(DMが)週1では来ます。多いときには週3~4回。それも全員違う人なんですけど」と話し、驚きの実態が明らかになるとスタジオは騒然。フジテレビ佐々木恭子アナウンサーは「娘がもう少しでこういう年齢になってくると思うと……」と動揺。東野は「どんだけ日本のおっさんスケベやねん!」驚きの声をあげた。
 
 そんな中、武田は海老野に「なんでその手に乗らない方がいいのか分かる?そこが分からないと誰でも簡単に行っちゃうじゃん。お父さんもお母さんもダメって言うけどなんでダメかって誰も教えないじゃん。なんでかわかる?」と諭すように質問。これもまっとうな質問で、良い事を言いそうな口ぶりに出演者たちは答えを期待していた。
 
 しかし武田の口から出たのは「あのね、お金で自分をやりとりするとね。ムラムラがどんどん落ちていくのよ」とまたムラムラ。
 
 再びスタジオは静まり返り、苦笑いをうっすらと浮かべる出演者たち。そんな空気も構わず武田は「このムラムラが落ちるって言うことがものすごく人生で大きな影響力を持ってるの」と続け、最後に「ムラムラだけは金銭化しないほうがいいんだ!」と言い放っていた。
 
 終始ニヤニヤとしていた東野は「やっとええとこに着地したなと! 確かにそう!」と最後の言葉にはなんとか同調。
 
 ロンドンブーツ1号2号田村淳が「出た! 金八先生来てくれましたよ!」と持ち上げると、武田は「いいですか! 人という字はね!」とカメラ目線で金八を演じ、拍手を貰っていた。

12

武田鉄矢、未成年女性に「ムラムラ」連呼で批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真