日刊サイゾー トップ > 芸能  > 武田鉄矢の斬新なTOKIO擁護

武田鉄矢、コメンテーターとしての発言がズレすぎ!? 斬新すぎるTOKIO擁護に疑問の声

武田鉄矢 公式サイトより

 5月6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、俳優の武田鉄矢が出演。現在世間を騒がせている山口達也について言及したのだが、視聴者からは「あまりにも的外れすぎる」と冷ややかな声が上がった。

 この日の番組では、5月2日に行われた城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の4人による謝罪会見を特集。出演者が独自の視点で4人の発言に関する見解を語っている。例えばMCの松本人志は、辞表をメンバーの4人に託した山口に対し「TOKIO辞めたいっていう辞表であれば、出す相手は間違ってない」とコメント。賛否の声が上がっている山口の行動に理解を示した。

 その後、東野幸治が「武田さん会見ご覧になりましたか?」と番組を進行。武田は「4人の会見重たかったですね……こっちは息が詰まっちゃった」と話し始めたのだが、この後の発言が物議を醸すことに。

「武田は残された4人に対し、『4人でコツコツやっていくってことで、来年も音楽活動やってほしいなぁ』と同情する立場を取っていました。ここまでは良かったのですが、なぜか途中から『ちょっと嫌な言い方するけど、世間の風向きって変わりますからね』『昨今、世の中の透明度がよくなるのはいいけど、世間の空気に栄養がない』『あまりにもみんな、清潔なものを求めすぎてる』と社会批判のような発言を展開。これには視聴者も『いや未成年に手を出すのはどんな社会でもアウトでしょ……』『清潔とか透明度とかそれ以前の問題』と呆れてしまったようです」(芸能ライター)

 会見でTOKIOが被害者女性とその家族への謝罪を強調していたことに関しても、武田は「TOKIOってグループが『その手のことを絶対にやらない』という認知を世間からもらってるグループだったからでしょうね」とコメント。こちらも、ネット上では「メンバーが被害者に謝罪するのは当たり前では?」「言いたいことはわかるけど、TOKIOに絡めて言うことじゃない」などと指摘されている。

「武田の『ワイドナショー』での発言は、以前から『どこかズレてる』と話題になっています。例えば“セクハラ”に関しては、肩を触る程度の行為は自分もしていたと告白。その理由について『みっともない部分を見せないと仲良くなれない』と語っていました。共演者と良い関係を築くためにあえて触っていたそうですが、視聴者からは『セクハラに対する認識が今の感覚とズレすぎ!』『典型的な触る側の意見』といった声が。セクハラ擁護発言とも捉えられてしまったようです」(同)

 コメンテーターとしては中々視聴者の支持を集められない武田。番組的には少数派の意見が求められているのかもしれないが、もう少し今の風潮に寄り添ってもいいのかも?

最終更新:2018/05/07 15:30

武田鉄矢、コメンテーターとしての発言がズレすぎ!? 斬新すぎるTOKIO擁護に疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

青木真也×cherry chill will

 去る10月13日(日)、両国国技館にて開催された格闘技の祭典『ONE: CENTU...
写真