日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 武田鉄矢、森元首相に通じるジェンダー意識

武田鉄矢「日本で男性優位を感じたことない」発言が波紋…森元首相に通じる時代錯誤なジェンダー意識

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

武田鉄矢「日本で男性優位を感じたことない」発言が波紋…森元首相に通じる時代錯誤なジェンダー意識の画像1
写真/GettyImagesより

 28日放送のフジテレビ『ワイドナショー』に武田鉄矢が出演。 テレビ朝日『報道ステーション』の番組PR動画が女性蔑視と批判され、同局が謝罪しCMを取り下げた問題について「男性優位と感じたことがない」と発言し、ネット上では疑問の声が上がっている。

 武田はコメントを求められ「いや~ちょっとこのおじいさんには、なかなか解け辛い世の中になってきましたね」と首を傾げ、「私は西洋に比べて、欧米列強に比べてこの日本が特に女性に関して。男性優位社会って言われていますけど、そんな風に感じたことありません」と断言した。

 続けて「やっぱり日本で一番強いのは奥さんたちだと思いますよ。我が家でもそうですけど、母ちゃんから一声、女房から声かけられたら、ねえ」と話すと司会の東野幸治が「“ちょっと話があります”って言われたら?」とパスを出し、武田が「はい!すぐ行きます!」と背筋を伸ばして元気よく返事をしスタジオを笑わせてた。

 武田が「それくらいの勢いあるでしょう? 女房の顔色見ておかしいと思ったら返事は“はい”ですよ」と力説したが、東野は「奥さんに対してはそうかもしれないですけど、職場とか外の所で対女性に対してのコメントとか」と武田のずれた話を軌道修正。家庭内の話ではないことが頭になかったのか「あー」と武田の声が空を切った。

 この武田の発言にネット上では「もう武田鉄矢にジェンダーの話聞くなよ。何もわかってないよ」「男性優位を感じたことないのはあなたが男性だからですよ」「社会はそうではないよ、武田氏ずれとる」「武田鉄矢なんて狭い世界で生きてるんだ」「言ってることがポンコツ過ぎる」と多くの非難の声が集まっている。

 

 武田は女性蔑視の問題を奥さん、母ちゃん、女房という言葉を使って話したのだが本人はそれがどういう意味を持つかわかっていないのだろう。

 森善朗元首相もそうだったが、消して女性を傷つけようとしたり貶したりしようとしていない。褒めようとさえしているのに、無意識下の思い込みや見下しが発言にあらわれている。

 武田にとって女性は家庭内で母ちゃんとなり家族を仕切る役割なのだろう。会社や国の先頭に立つ性別ではない。

 これだけ女性蔑視の問題が話題になる中、今回の武田の発言。見えない人、見たくない人には一生存在しない問題なのだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/03/29 16:16

武田鉄矢「日本で男性優位を感じたことない」発言が波紋…森元首相に通じる時代錯誤なジェンダー意識のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真