日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『激レアさん』が深掘りする昭和芸能史

『激レアさん』が深掘りする昭和芸能史。中尾ミエと“天敵”、研音時代の研ナオコ、平野レミと放送禁止用語

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『激レアさん』が深掘りする昭和芸能史。中尾ミエと“天敵”、研音時代の研ナオコ、平野レミと放送禁止用語の画像1
番組公式Twitterより

 6月24日に放送された『激レアさんを連れてきた。 若林VS強レア大先輩2時間SP』(テレビ朝日系)は、タイトルのとおり特別バージョン。中尾ミエ、研ナオコ、平野レミの3人を迎え、それぞれを深掘りする内容だった。

 まさに、昭和芸能史の一部を紹介するような特番だ。知られざる素人を深掘りするいつもの『激レアさん』をイメージすると物足りないかもしれないが、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)の温故知新バージョンだと思って見ると、資料的価値のある有意義なプログラムだった。

いじめられる和田アキ子を救った中尾ミエ。相手は“天敵”の…

 まず最初に登場したのは、中尾ミエである。

 1962年、弱冠16歳でリリースしたデビュー曲「可愛いベイビー」がいきなりミリオンヒットとなった中尾。その後、持ち前の明るいキャラクターがウケた彼女はバラエティへ進出した。そこで武器になったのは、軽快な毒舌である。例えば、ムッシュかまやつに「あなた、昔歌手だったんですよね? ほとんどヒット曲ありませんでしたけど」と言い放ったり。中尾以外にも加賀まりこなど、この手の毒舌タレントが昭和には数多くいた。しかし、各ジャンルにお笑い芸人が進出した結果、いつしか激減した印象だ。

 そんな中尾のことを、番組は“真の芸能界最強の人”と称している。最強の根拠として紹介されたのは、「いじめられていた和田アキ子事件」だ。司会進行の弘中綾香アナウンサーは、事の顛末を以下のように説明した。

「和田さんの話によりますと、楽屋が皆さん一緒なんですって。そのときに、背が大きいから和田さんのことを『男がいるから私たち着替えられないわね』と陰口を言う先輩や同僚がいたということなんです。そんな和田さんの姿を目の当たりにしたミエさんは、周りにハッキリと聞こえる音量で和田さんにこんなふうに声を掛けました。『相手にしなくていいのよ、あいつらバカなんだから』。この一言によりまして、悪口を言っていた人は虎に睨まれた鹿くらい静かになったということです」(弘中アナ)

 芸能界の定説では、この場で和田をいじめていたのは梓みちよと小川知子の2人だと囁かれている。そして、いじめからかばってくれた中尾といしだあゆみに和田は今も感謝し続けているそうだ。

 ただ、番組での解説には一部誤認がある。「悪口を言っていた人は虎に睨まれた鹿くらい静かになった」と説明されたが、それはありえない。中尾と梓は取っ組み合いのケンカをするほどバチバチの間柄。その不可侵な関係は、2020年の梓の死去まで続いたと言われる。お互いが引かず、好戦的だったのだ。

 ちなみに、「可愛いベイビー」でブレイクした中尾に対し、梓には「こんにちは赤ちゃん」という持ち歌がある。「可愛いベイビー」の「ベイビー」には「赤ちゃん」ではなく「愛しい人」というニュアンスが含まれているが、どちらにしろ混同されることの多い両曲だ。いろいろな意味で因縁の深い2人だったのだ。梓が亡くなった際、中尾は以下のようなコメントを発表している。

私の天敵と言われていたみちよちゃんですが、いなくなるとやはり寂しいですね。一時期を(渡辺プロダクションの)渡辺晋社長のお宅で一緒に生活していた仲です。ご冥福をお祈り致します

 その他にも、沢田研二がコンサートをドタキャンした際(2018年)には、「もっと痩せろ」とカメラ越しにジュリーを叱りつけた話や、次の公演に間に合うよう無理やり新幹線を止めたというテリーマンばりのエピソードも紹介された中尾。彼女が頭の上がらない相手といえば、思い浮かぶのは故・渡辺晋社長くらいである。

123

『激レアさん』が深掘りする昭和芸能史。中尾ミエと“天敵”、研音時代の研ナオコ、平野レミと放送禁止用語のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真