日刊サイゾー トップ > エンタメ > インタビュー  > マユリカとうとうブレイクの気配!

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした“目標”

文=鈴木工(すずき・たくみ)

『M-1グランプリ』2021年敗者復活戦で6位、ポッドキャスト番組の制作費稼ぎのために出したビキニ写真集が累計2700部突破、テレビ出演すればTwitterトレンド入り、ラジオに出なくてもトレンド入り……昨年末からマユリカの名前をいろんな角度で目にするようになってきた。いよいよ全国区で売れそうな気配が濃厚だ。だが、なにしろ芸人仲間から「才能だけのコンビ」といわれるほどの怠惰さと、節目節目でアンラッキーに遭遇する不運さを持ち合わせるコンビである。2人の現在の心持ちやいかに――。

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした目標の画像1
写真/持田薫

「アホちゃうか」から「おや?」へ ビキニ写真集即完で感じた変化

――最近、追い風吹いているように感じています?
中谷 周りの方にそう言ってもらってますねえ。仕事としては、本当にちょっとだけテレビの露出が増えました。
阪本 写真集が1100部売れたあたりから「おや?」とは思いました。こんな応援してくれる人が多いとは思ってなかったので。

――ポッドキャスト番組『うなげろりん!!』の企画で出した写真集ですね。2700部も売れたとか。

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした目標の画像2
マユリカ ファースト写真集『Perfect!!』

中谷 最初は「受注生産で300部売れたら赤字にならへん」という話だったんですよ。

阪本 300という数字聞いて「アホちゃうか」と言ってたんですけど。
中谷 そうしたら1000部注文が来て、予備で残していた100部もすぐ売れたので、再販になったんですよね。それでさらに400部用意したら30分でなくなって、もう一回受注生産に戻してこれで最後、という感じで。

――景気いいですねえ。劇場人気にも反映してますか?
阪本 僕らの単独ライブやトークライブはお客さん増えた気はします。それ以外のライブにも、いっぱい来てくれる感じではまだないですね。

――去年の『M-1グランプリ』敗者復活戦で、マユリカさんの評価が全国的に上がった感覚がありました。
中谷 ただ、順位でいうと6位なんですよね。僕らの知名度からしたら大健闘でしたけど。
阪本 知名度のある芸人が残るイメージだったんで、「たぶんムリやろう」といい意味で気楽にやったのがよかったかもしれないです。蓋開けたら最後の3組に男性ブランコが残って、「あー、知名度だけでもないんか」というのもありましたし。
中谷 結局、男性ブランコやヘンダーソンさんも露出が増えてるし、格の違いを思い知りました。『M-1』の注目度ってすごいんだなと。

「助演男優賞いけるくらい」芸人仲間の単独Vにひっぱりだこの理由

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした目標の画像3
写真/持田薫

――よしもと漫才劇場の配信を見ていると、阪本さんがいろんなライブのVTRに出ている印象が強いんですよ。芸人仲間に愛されているんじゃないかなと。

阪本 最近でいうと、滝音の単独でフルチンになって真剣に演技しました。あれは僕である必要があったのか……。でも確かにみんな呼んでくれますね。
中谷 数でいったら助演男優賞いけるぐらい呼ばれてます。仲いいところが使ってくれるんじゃないですか。
阪本 見取り図さんのYouTubeやロングコートダディさんのゲーム実況に呼んでいただいてるのは、だいぶデカいです。今ファンレタ-いただいても、「見取り図のYouTubeで知りました」が8割9割なんで。
中谷 僕、オンラインでお客さんの似顔絵を描く仕事してて、どこで知ってくれたのか聞くと、ほとんどが見取り図さん経由ですね。
阪本 そういう意味では2020年の自粛期間が大きかったかもしれないです。
中谷 ネットでいろいろ観てて流れ着いて、今まで見なかったお笑いを見るようになった、という人が多いので。

12345

マユリカとうとうブレイクの気配! 怠惰で不運な幼馴染コンビのぼんやりした“目標”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

TKO・木本、謝罪会見で復活アピールも…

 昨年7月、7億円の投資トラブルが発覚して、...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真