日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > R-1グランプリ2022、注目5芸人!

R-1グランプリ2022、優勝候補筆頭・ZAZYの陰に隠れた注目の5芸人はこれだ

文=馬鹿よ貴方は 新道竜巳(しんどう たつみ)

R-1グランプリ2022、優勝候補と予想されるZAZYの陰に隠れる注目5芸人!の画像1
R-1グランプリ2022 公式サイトより

 お笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」の新道竜巳さんによるお笑い界の舞台裏レポート!連載第1回目は明後日いよいよ決勝戦を迎える「R-1グランプリ2022」です。

 今年もR-1グランプリ 2022が開催され、今週日曜日に決勝を迎えます。先立って先月2月13日には準決勝が有楽町朝日ホールで行われました。

 31人の激戦でした。今年はテレビでの目まぐるしい活躍もあり期待されていたヒコロヒーが、新型コロナに感染してしまったことにより、1人だけ30人のネタ出演後モニターにて動画審査になり力を発揮できずに敗退しました。

 昨年のR-1グランプリ2021決勝では審査員のコメントが非常に少なくて放送時間内に収まらず、優勝者のコメントも拾えずに番組が終わるという、生放送とはいえ、かなり衝撃的な放送に。そういう事も加味しての事か、今年は決勝進出者が7人+敗者復活1人の計8人となった(昨年は10人)。準決勝を現地で見る限り、7人の枠には収めきれない激戦が繰り広げられていました。

 昨年を上回る3199人のエントリーの中で、決勝に選ばれたのがkent fukaya/サツマカワRPG/渡部おにぎり/ZAZY/吉住/お見送り芸人しんいち/寺田寛明/敗者復活勝ち上がり/で決勝を争うことに。敗者復活戦は3月5日16時より公式YouTubeより生配信。決勝は3月6日20時よりカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送されます。

↓復活ステージ投票サイトはこちら↓
https://www.ktv.jp/r-1_vote

 今回決勝進出者の中でも特に、優勝候補として注目されているのは昨年準優勝のZAZYではないでしょうか。ZAZYは同業者の中でも評価が高く、昨年のR-1グランプリ2021、1stステージで審査員の小坂大魔王が99点つけた事でも注目を集めました。

 決勝進出者の記者会見では(公式YouTube)ZAZYの本音がこぼれる「優勝以外が嫌すぎる」と発言し、冗談ではあるが吉住に手加減してくれたら30万円あげると賄賂でなにがなんでも勝とうとしている事が伝わります。そして今年のR-1グランプリは優勝予想として実際にZAZYを上げる人は多数いますが、私は準々決勝と準決勝を見た限りでは、ZAZYに立ちふさがる芸人が何人かいる事に気づきました。それはまず1人目となるのは記者会見でも賄賂を渡そうとしていた……。

1人目、吉住

 吉住は女芸人No.1決定戦THE W2020の優勝者でもあり、昨年のR-1グランプリ2021でも決勝進出し8位でした。ピンのコントでは群を抜いて面白い方です。そしてこの1年で単独ライブでもネタを増やしてより、強くなっております。R-1グランプリの準々決勝から準決勝に上がる時は渾身のネタをやらなければならないので、同じネタをやる事が多くなる中で吉住は準々決勝と準決勝と違うネタをやりどちらもドカ受けで勝ち抜いているというのもあります。

2人目、寺田寛明

 こちらも昨年のR-1グランプリ2021では決勝進出しております。寺田寛明は昨年の決勝から今年の決勝まででなんと、テレビの仕事がゼロと決勝記者会見で言っていました。そして昨年は決勝で最下位の10位と、決勝まで行ったのに浮かれる要素がないままの1年でした。しかしそんな厳しい環境があったからなのか、今年の準決勝では1番受けたのが寺田寛明でした。座る位置によって笑いの量の感じ方は違うのであくまでも私の座ったC列の真ん中の方ではそうかんじました。1ボケ1ボケがこんなにも数多くしっかりうけているネタは本当に寺田寛明以外にいたのか?と思えるぐらいの印象を持ちました。しかし、準決勝と決勝は全く空気が変わる事があるので気は抜けないと言うのはありますが、同じ空気が描けたときは……。

12

R-1グランプリ2022、優勝候補筆頭・ZAZYの陰に隠れた注目の5芸人はこれだのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

新堂冬樹が語るBLと作家姿勢

 インターネットの発展に伴い、人々の娯楽が多様化していったこともあり、出版業界は90...
写真