日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 坂口健太郎&杏の“凸凹バディもの”な月9

月9『競争の番人』好発進、坂口&杏の“凸凹バディ”で「公取」を親しみやすく昇華

文=東海林かな(しょうじ・かな)

月9『競争の番人』好発進、坂口&杏の“凸凹バディ”で「公取」を親しみやすく昇華の画像
ドラマ公式サイトより

 坂口健太郎と杏がダブル主演を務める、フジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第1話が7月11日に放送された。

 舞台は「公正取引委員会」とマニアックながら、テーマとして「弱者の戦い」を掲げており、視聴者の共感を得られやすい物語となりそうだ。さらに、前期の月9『元彼の遺言状』の原作者である新川帆立氏の最新刊である同名小説を早くもドラマ化した点も注目だ(単行本は今年5月に発売されたばかり)。2期連続で同じ作者の小説を原作としたドラマを放送するのはフジテレビ史上初ということもあり、放送前から話題になっていた。

 第1話の視聴率は世帯11.8%、個人6.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と月9らしい好スタート。実直だが失敗しがちな新人職員と、変わり者の天才肌という凸凹コンビは「お約束」とも思える組み合わせだが、題材が変わっているだけに視聴者にとっては“見やすさ”につながるポイントでもある。

 ストーリーは、刑事だった白熊楓(杏)が犯人を取り逃がし、それが原因で公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク」)に異動になるところからはじまる。異動初日から早速、上司の桃園千代子(小池栄子)に連れられ、入札談合の疑いがある大手建設会社に立入検査へ。不審な動きを見せた社員の豊島浩平(長谷川朝晴)を追い詰めた白熊は、そこでダイロクのメンバーの1人である小勝負勉(坂口健太郎)と出会う。20歳で司法試験に合格、東大法学部を首席で卒業した小勝負は変わり者で、白熊は調子を崩されてばかり。そんな折、白熊と小勝負は栃木県のホテル3社がウエディング費用をめぐり、カルテルを結んでいる疑いで現地調査を命じられた。

 カルテルの中心人物だと見られる、「ホテル天沢」オーナーの天沢雲海(山本耕史)は一筋縄ではいかない難敵。白熊の正義感が災いして調査がばれてしまう。雲海はダイロクに乗り込み、何を調査しに来たのかと探りに来る。小勝負は直球で「あなた方、やっぱりやってるんですか? カルテル」と質問すると、雲海は「私はウエディングのカルテルで疑われてたわけですか」と話してしまい、小勝負に「おかしいですね。俺、カルテルって言いましたけど、ウエディングって言いましたっけ?」とやり込められてしまう。だが、公取のトップ5人による議決によって、カルテルの調査は棚上げにされてしまった。

 検察の緑川瑛子検事(大西礼芳)にホテル天沢が行っていると見られる下請けいじめの実態の調査を求められた小勝負と白熊は、ウエディング用の花を納入している「フラワーショップ石田」に向かう。フラワーショップ石田の帳簿を見ただけで記憶していた小勝負は、この帳簿を武器にホテル天沢の立ち入り検査に向かうが、雲海は拒否。拒否すると独占禁止法に基づく罰則があるにもかかわらず、実際には一度も適用されたことがないと小馬鹿にされる始末。白熊たちはなすすべもなくホテルを立ち去ろうとするが、ホテル長の長澤俊哉(濱津隆之)を六角洸介(加藤清史郎)に見張らせていた小勝負は、六角に「立ち入り検査許可されたんですね!」との嘘を長澤に聞こえるよう言わせる。すると長澤はノートパソコンを抱えて逃亡。白熊と小勝負が橋の上で追い詰めた瞬間、長澤は川にパソコンを投げ捨てたが、小勝負は冷たい川に潜って探し出した。小勝負は以前から長澤が常に大事そうに持っていたこのノートパソコンに目を付けていたのだ。

 雲海が小勝負らの前に再び現れ、パソコンを返却するよう迫る。だが、「川に落ちているものを拾っただけ」「川に捨てた時点でこのパソコンは所有者のないものとなり、拾った人のものになる」と言い訳をし、はねつけるのだった。さらに小勝負は納入業者いじめを行っている証拠となる帳簿の記録を雲海の前で諳んじてみせ、雲海を追い詰めたかと思ったが――。翌日、雲海はテレビに出演し「日光市の老舗の花屋6店舗が結託して不正行為を行なっています。いじめられているのはどう考えても私たちホテル側」と主張し、ダイロクが騒然とするところで第1話は終わった。

 第1話の見どころは、白熊と小勝負の凸凹な空気感と、公正取引委員会の一般的なイメージに反した”弱小”っぷり。警察から来た白熊は、あまりの落差に何度もため息をつく。実力派の俳優も多く揃え、テンポよく進んだ第1話について、視聴者からは、「みんな芝居巧者だから安心して見られる、新しい形の捕り物帖」「初回としては上出来じゃない?」と高評価の声が多かった。

 白熊は、原作では警察からの左遷ではなく、警察学校を中退して勉強し直し入局したという設定だ。そのため原作ファンから「この設定は重要で変えてはいけないと思うが……」という声も上がるが、公正取引委員会をよく知らない視聴者に、警察との違いを示すことで今作のメインテーマである「たとえ弱くても戦う」を理解してもらうための設定変更だったのだろう。また、原作には登場しない国土交通省の事務次官・藤堂清正(小日向文世)の存在も気になるところだ。

 白熊の過去など、原作と違う部分も散見された第1話だが、今のところ違和感なく楽しめる内容となっている。白熊を演じる杏は、公式サイトのインタビューで「まるっきり違う環境で仕事を始めるという白熊の気持ちは、多くの方々に寄り添っていただけて、応援していただけるのではないかなと思います」と答えており、ミステリーだけでなく、転職に近い経験をする主人公の成長ストーリーも楽しめる作品となりそうだ。

 「小日向さんの悪役って怖いんですよね。楽しみ」と期待する声もあり、弱小官庁の戦いはまだ始まったばかり。7月18日放送の第2話への期待は高い。

■番組情報
月9ドラマ『競争の番人
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:坂口健太郎、杏、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎、小日向文世、黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香、寺島しのぶ ほか
原作:新川帆立『競争の番人』(講談社)
脚本:丑尾健太郎、神田優、穴吹一朗、蓼内健太
音楽:やまだ豊
主題歌:idom「GLOW」
プロデュース:野田悠介
演出:相沢秀幸、森脇智延
制作・著作:フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/index.html

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/07/18 12:00

月9『競争の番人』好発進、坂口&杏の“凸凹バディ”で「公取」を親しみやすく昇華のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

恋多き女優を変えた松坂桃李

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真