日刊サイゾー トップ > エンタメ  > バラエティーと芸人たちの“曲げた美学”
“本気”なすべての人に刺さる神回

ハマカーン神田の『しくじり先生』で考える、バラエティーと芸人たちの“曲げた美学”

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

ハマカーン神田の『しくじり先生』で考える、バラエティーと芸人たちの曲げた美学の画像1
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(ABEMA)ABEMA公式サイトより

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(ABEMA)の7月8日と15日の2週にわたり、「ハマカーンの今後を考える!」なる企画が行われた。ゲストとして登場したのはハマカーンだ。

 2012年の『THE MANZAI』(フジテレビ系)で優勝した漫才コンビである。2位は千鳥で3位はアルコ&ピースという、熾烈なレースを制したタイトルホルダー。翌13年の「ブレイクタレントランキング」では、2位に浜谷健司が、4位に神田伸一郎がランクインするなど、確実に注目株だった。そんな自分たちが今陥っている状況を、浜谷は「地上波バラエティの出演が激減した“ヒマカーン状態”」だと称した。

 2人の現状を端的に表すのは、賞レース形式を廃止し、2015年よりネタ見せ形式に移行した『THE MANZAI マスターズ』(フジテレビ系)にハマカーンが呼ばれていない事実だ。他の歴代チャンプであるパンクブーブー、ウーマンラッシュアワー、博多華丸・大吉にはお呼びがかかっているのに、ハマカーンだけは毎年出ていない。『THE MANZAI』で活躍したコンビが呼ばれがちな『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)にも出ていない。平場はともかく漫才には定評のある彼らなのに、ネタ祭り的な番組に一切呼ばれていないのだ。お笑い好きの中高生からすると、下手したらハマカーンの存在を知らない可能性すらある。

「だって、しょうがないじゃん。バラエティ好きじゃないんだから」

 ハマカーンで悩みを抱えているのは、神田のほうだった。彼の葛藤を表現する1つのキーワードとして、「バラエティ病」という一語を挙げたい。

 浜谷は、コンビとして抱える“ある悩み”を紹介した。『しくじり先生』出演にあたり行われたスタッフとの打ち合わせの中、神田の口から漏れた一言である。

「もう芸人を辞めようと思っている」

 スタジオ内は騒然となる。それはそうだ。『THE MANZAI』で優勝した芸人が、そんなことを言うべきではない。すると、この展開にたまらず神田が口を開いた。

「『今、仕事がどんどんなくなっているんで、ゼロになったら辞めるしかないです』って言ったんです。それが、『芸人を辞めようと思っている』に変換されて。こういうのが作家の仕事なんだなと思ってね。こういう大げさな文言だけが歩き出すから嫌なんです」(神田)

 神田の言動から伝わってくるのは、バラエティのノリに対する嫌悪感、苦手意識だ。

「だって、しょうがないじゃん。バラエティ好きじゃないんだから」
「漫才と違ってバラエティって人数多いし、声デカい人が勝つじゃん」(神田)

1234

ハマカーン神田の『しくじり先生』で考える、バラエティーと芸人たちの“曲げた美学”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

たけし映画はもう見られないのか

 先日、「週刊新潮」が報じた、ビートたけし(...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真