日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “グレープカンパニー”回が真骨頂!
グレープカンパニーの精鋭が集結

永野が牽引した“グレープカンパニー回”、『マルコポロリ!』の真骨頂!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

永野が牽引したグレープカンパニー回、『マルコポロリ!』の真骨頂!の画像1
『マルコポロリ!』(カンテレ)TVer公式サイトより

 7月24日放送『マルコポロリ!』(カンテレ)にて、「グレープカンパニー徹底解剖SP」が行われた。

 今、一番面白いと噂の番組である。かつてはゴシップを取り扱うワイドショー形式だったが、TVerで全国の視聴者が見られるようになって以降、コアなお笑いの事象をテーマに据えた番組に様変わりした。

 今回は、永野、あぁ~しらき、口笛なるお(わらふぢなるお)、ランジャタイ、お見送り芸人しんいちを迎え、所属事務所について掘り起こす「グレープカンパニーの光と影」がテーマだった。

『水ダウ』以来の「永野VSしんいち」で飛び出した秀逸なディス

 世間から注目を集めていたのは、永野としんいちの顔合わせだ。6月29日放送『水曜日のダウンタウン』(TBS系)における「陰口引き出し王決定戦」で、永野に「マジで老害」「面白くない」と陰口を叩いたしんいち。あれ以来、2人は今回が初の共演だそう。

 司会の東野幸治はグレープカンパニーの内情を探るべく、永野と後輩の関係を質問した。

東野 「永野君はランジャタイをどう思ってるの?」
永野 「ランジャタイのことは、M-1で優勝したとき……」
東野 「優勝じゃなくて、決勝に行ったときね?」
永野 「あ、ごめんなさい。自分の中では優勝だったので。決勝で結果を出して、『こいつら、すげえな』と思ったので」
東野 「でも、しんいちもR-1優勝したやろ」
永野 「いやいやいや、(東野を指して)芸能界のプロじゃないですか。R-1とM-1は差がある(笑)」

 カンテレのスタジオで、カンテレ制作の『R-1グランプリ』を遠慮なく下げる永野。笑いで煙に巻きながら、芯を食ったことを言うあたりは永野だ。

永野 「(しんいちを指しながら)配信の世代だから!」
しんいち 「(永野を指して)頭おかしい人やねんから! グレープカンパニーのガンやねんから、この人! 老害、ガン、はい最低!!」
永野 「(しんいちを指して)配信の世代だから。お前のことは縦長で見たい!」

「配信の世代」「お前のことは縦長で見たい」と、秀逸なディスを連発する永野。放送開始から15分が経過したのに台本は1ページも進まず、画面上には「世界一ムダな15分間」とテロップが出る始末だった。序盤からぐちゃぐちゃである。

口笛なるおの存在に気付き、主役に据える東野幸治の嗅覚

 狂人たちが躍動する中、おかしな状況に困惑しているのは番組初登場のなるお。彼はかつて、永野から1時間半にわたって執拗なイジりを受けた経験があるらしい。

東野 「何が気に入らないの、口笛の?」
永野 「なんて言うか、ハッキリ言って“伊達くずれ”というか。伊達の劣化版じゃないですか」
なるお 「それ、すごい言うんですよ! すごい嫌なんですよ、俺」
永野 「東野さんは業界長いから、わかってたと思うけど」
東野 「わかってへん、わかってへん! “伊達くずれ”と思ってないですよ。ただの黒豚やと思ってる(笑)」
なるお 「いや、それもそれで嫌なんですよ」
永野 「なんか、伊達にある温かさもないし。“冷たい豚”じゃないですか。絶対、人気出ないですよ!」

“狂犬”永野だけでなく、しんいちもなるおに刃を向けた。ベテランとして雛壇中央、いわばリーダーのポジションにいるなるおに「なんで、そこ座ってんの?」と暴言を吐くのだ。

しんいち 「前出てくるな、なるお! なんで目立つの!?」
なるお 「いいだろ、別に! 本番前にマネージャーから『ツッコミ、頑張れ』って言われてんだよ!」

 芸人ではなく、まるで社会人のように後輩を叱りつけるなるお。その横に表示されたのは、「狂人祭りに迷い込んだ社会人」というテロップだった。

東野 「黒豚が怒ってるから」
なるお 「黒豚もおかしいでしょ!」
永野 「正論黒豚!」
なるお 「『正論黒豚』ってなんだよ!」

 徐々に、なるおが番組の軸になっていく構成が素晴らしい。凡百の番組なら『水ダウ』の流れから「永野vsしんいち」への後乗りで終わるはずだが、インスタントにその構図では収まらない。なるおの平場の弱さが面白くなるや、その存在を一瞬で嗅ぎつけ、彼にスポットを当てる東野の嗅覚がさすがだ。大まかな台本はあるだろうに、結局はその場の流れ次第となる番組の魅力が詰まった回だった。

永野 「(展開が)こういう、カオスな感じで終わるの嫌です!」
東野 「いや、でも、かなりウケてましたけど」
永野 「でも、こっち(トーク)でいきたいです。エピソードトークとか」
東野 「そうなんですか(笑)」
永野 「お手のものなんですよ、我々。正直、ランジャタイと永野とかがいたら『進行めちゃくちゃ~!』って、お手のものなんですよ(笑)。朝飯前なんですよ」

 グレープカンパニー回だったからこそ、流れで内容がいかようにも変わる『マルコポロリ!』らしさが発揮されているとも言える。

12

永野が牽引した“グレープカンパニー回”、『マルコポロリ!』の真骨頂!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真