日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 『テレビは全部嘘』の深刻さ

お見送り芸人しんいち、今度は問題発言『テレビは全部嘘』は大丈夫か?

お見送り芸人しんいち、今度は問題発言『テレビは全部嘘』の深刻さの画像1
お見送り芸人しんいち 公式YouTubeチャンネルより

 とある芸人が自身のYouTubeチャンネルでこう発言した。

「テレビは全部嘘」

 これはあまりにも極端な発言だが、しかしテレビに映る全てが真実ではないというのは昔からまことしやかに囁かれてきたことであり、いろいろな番組に対して多くの噂が飛び交っている。

 例えば「あのドキュメンタリー番組は実は台本があった」や「放送内容が捏造されており勝敗は塗り替えられていた」さらには「素人のフリしてインタビューに答えているが実は役者だ」など。都市伝説のような噂レベルものから、実際に番組が終了してしまうような、本当に起きたことまで数多くの”嘘”つまり「演出」が、スタッフの手によりなされている。

 たまに度を越える演出があるのも真実だ。度を越える演出はもはや「演出」とは呼ばれず「ヤラセ」という名前に変わる。そのヤラセが世間にバレてしまうと番組自体の信用を失い、視聴者からの反感や番組離れが起きて、責任を取る形でその番組が打ち切りという事態になってしまうことも多々ある。

 過去のテレビ番組で「ヤラセ」が発覚するのは、番組を見ている視聴者の方が気づいたリ、番組に出演している一般の方がオンエアを見て真実と違うという情報を流し、それが広まる、あとはスタッフなどの内部密告というパターンがほとんどで、出演している芸能人が「ヤラセ」を密告することなどほぼ無い。

 これは芸能人が嘘つきというわけではなく、面白いものを作る上である程度の演出は必要不可欠と思っており、無理やりでなく、誰にも迷惑をかけず、見ている視聴者が面白いのであればわざわざ、報告する理由が無いのだ。もしこれが無理やりな演出で、いろんな人に迷惑をかけて、なおかつ面白くなかったら誰もそんな演出には従わない。

 芸能人は、スタッフに言われたとおりに動く人形ではない。面白い番組を作るスタッフの一員でもあるのだ。それなのでその演出が「ヤラセ」に近いものだったとしても良い演出であれば受け入れるのだ。

 では冒頭のセリフに戻ろう。「テレビは全部嘘」。これは真正面からテレビを非難した言葉であり、ましてや芸人が言うセリフとしては相当、勇気がいるであろうセリフだ。この発言をしたのはほかでもない、ピン芸人の日本一を決める大会R-1グランプリ2022でチャンピオンとなった「お見送り芸人しんいち」だ。

 そもそもYouTubeチャンネルでなぜ、このような発言をするに至ったのか。それはこの発言をした同じ日に放送されていた『水曜日のダウンダウン』(TBS系)の企画で、しんいちさんが常に持っているR-1グランプリのトロフィーのダミーを作り、しんいちさんのものとすり替えて破壊するという、ピン芸人のZAZYさんが持ち込んだドッキリが行われたのだ。

 破壊する理由は中に盗聴器が仕掛けられているという、なかなか強引なものだったが、見事トロフィーの破壊に成功。そして散々文句を垂れたしんいちさんにネタ晴らし。盗聴器自体は本物と思ってしまったしんいちさんは、数日間自分のプライベートが盗聴されていると勘違いをし、「盗聴はマジやもんな? ちょっと待って……俺やばいかも」とパニック。その後「あかん! 」と自宅でファンを抱いたことを匂わせたのだ。

 もともとしんいちさんは自身のネタでクズっぽい発言をするので、いまさらファンの方に手を出したところで大して驚きもしないが、本人は相当嫌がっていたように見受けられた。

 そして水曜日のダウンタウンの放送直後に例の動画をYouTubeを投稿したのだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed