日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 「SMAP」「木村」と香取慎吾に連呼

「SMAP」「木村」と香取慎吾に連呼…さんまに期待される“再集結”への橋渡し

「SMAP」「木村」と香取慎吾に連呼…さんまに期待される“再集結”への橋渡しの画像
SMAP

 “雪解け”を感じ取った視聴者が多かったようだ。

 7月30日、明石家さんまが司会を務めるNHK総合の音楽特番『第11回明石家紅白!』が放送された。今回は郷ひろみ、大黒摩季、香取慎吾、DA PUMP、BiSH、緑黄色社会が出演したが、とりわけさんまと共演するのは7年ぶりという香取の出演が注目を浴びた。

「トップバッターは郷ひろみでしたが、さんまは郷とのトークを始める前に『久しぶりやなぁ』と香取に語りかけるなど、再会を懐かしみました。ふたりのトークでは、香取は番組のことを知らなかったようで、『すっごい怪しいな、と』『変な詐欺に遭ってるみたいな』『もうめちゃくちゃ疑いました』『なんでさんまさんが歌番組を?』と、オファーが来た当初はドッキリと疑ったことを告白。さんまがギャラの安いNHKで、なおかつ歌番組のMCをしていることを不思議がり、若いミュージシャンのファン層への好感度を狙っているのでは、などとイジる一幕もありました。また、ある時から突然香取からお中元が贈られるようになったという話も出てきました」(テレビ誌ライター)

 SMAP解散後、ジャニーズ事務所を退所した香取、草彅剛、稲垣吾郎の3人は、民放各局の忖度により地上波での活動が思うようにできなかったが、この日のさんまは何度も「SMAP」の名前を出し、かつてさんまがSMAPのツアーに香取からのオファーでゲスト出演した話や、SMAPの時の歌割りやテレビのカット割りの話などを香取が振り返っていたのも印象的だった。

 そんななか、共演者や視聴者が一瞬ピリッとしたのが、さんまが木村拓哉の名前を出した時だったという。

「さんまは、香取のソロ活動の話の流れで『俺、今年、木村のアルバムの詞を書いたんですよ』と話し出し、『でもいっぱい歌詞余ってるんですよ』『それあげようか?』と問いかけたのです。香取は『……余りですか?』と困惑するフリをして、すぐに『余りでもいいですよ?』と乗っかり、笑いに変えていました。さんまが木村に歌詞を提供していたという話に、香取が『はい』と即答していたことから、木村の活動についてもしっかりチェックしていたようでしたね」(前出・テレビ誌ライター)

 ネット上でも「慎吾くんが普通にSMAPの話ができていたのが嬉しかった」「何度SMAPという言葉が自然に出てきたのだろう?」「キムタクの名前出したときはドキドキした」「さんまならではのきわどい切り込み方だったけど、慎吾ちゃんにわだかまりないことが伝わった」といったコメントが飛び交い、タブーだったこれまでの空気が変わってきていると感じた視聴者が多かったようだ。

 となれば、多くの人がさんまに期待したいのはSMAP復活への橋渡しだろう。

「さんまはSMAPの解散騒動時に『派閥でいくと、もうはっきり言うわ。俺、木村派や』と明言していました。その木村ともっとも不仲だったとされるのが香取で、そこがSMAP復活への最大のネックとされてきた。NHKが今回、さんまと香取を引き合わせたのも、大みそかの『紅白歌合戦』での“SMAP復活”への地ならしにしたい思惑があったのかもしれません」(芸能記者)

 さんまが大仕事をやってのけるのか?

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2022/08/03 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真