日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 貴島明日香「ABEMA」アナウンサー就任

貴島明日香「ABEMA」アナウンサー就任に業界は戦々恐々

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

貴島明日香「ABEMA」アナウンサー就任に業界は戦々恐々の画像1
貴島明日香 TRAPEZISTE 公式サイトより

 モデルでタレントの貴島明日香が、インターネットテレビ局「ABEMA」の公式アナウンサーに就任することが発表された。本格的なアナウンス経験がない中での起用は、大きな賭けとも言える。

 今後「ABEMA」が局として大プッシュするのは、11月に開幕するサッカーW杯カタール大会の全64試合を無料で生中継すること。8月14日には、W杯開催100日前イベントにテレビ朝日・安藤萌々アナウンサーとフジテレビ・佐久間みなみアナウンサーと一緒に、イベントを盛り上げることも決まった。同局のニュース番組への出演も予定されている。

 貴島は同世代の視聴者目線を特に大切にしながら「しっかり学んで、少しずつ成長して、分かりやすく伝えていきたい。早く馴染んでもらえるように頑張る」と意気込んでいた。芸能プロ幹部も「貴島にとっても大きなチャレンジ。今後の仕事の方向性も決まるのでは」と期待を寄せている。

 そもそも貴島が世間に認知されたのは、モデルや女優業ではなく情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の7代目お天気キャスターを2017年4月から5年間にわたり務めたことだろう。

「これまで、元楽天野球団社長の立花陽三氏の妻で、フリーアナウンサーの上野優花、グラビア活動も行うにわみきほなどが歴代のお天気キャスターを務めたが、間違いなく認知度は貴島が一番高い。今年6月からは彼女が番組の準レギュラーに入るなど〝ZIPファミリー〟のブランドを存分に生かしながら成長できたことが大きい」(芸能プロスタッフ)

 昨年6月には「好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング」でも1位に選ばれるなど人気、実力がともに追いついてきた。

「その中で今回、新しくて勢いがある『ABEMA』を次の主戦場に選んだのはセンスがあるなと感じますね。『ABEMA』の強みはテレビ朝日と連携して報道、情報番組にも力を入れているところ。それでいて、番組制作はライト層向けにも数多く作っているので、アナウンサーとしても着実に経験を積めます。また同局で人気がある格闘技番組にも出演が予定されるなど、得意ジャンル開拓にもつながりそうな起用になる」

 ライバルになりそうなフリーアナウンサーたちにとって、貴島の『ABEMA』進出は大きな脅威にもなりそうだ。

「元SKE48出身の柴田阿弥をはじめ『ABEMA』を主戦場にしているフリーアナウンサーにとっては、相当なライバルになる。知名度や人気では明らかに貴島に負けるので、技術面などで勝負しないといけないのは大変」

 まさに〝黒船襲来〟の様相である。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/08/08 19:00

貴島明日香「ABEMA」アナウンサー就任に業界は戦々恐々のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

失踪者と残された家族の物語『千夜、一夜』

 年間およそ8万人。日本国内における行方不明...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真