日刊サイゾー トップ > 芸能  > 柄本佑にNHK出禁危機?

柄本佑にNHK出禁危機? 3週まるまるの“業界タブー破り”にNHK激怒か

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

柄本佑にNHK出禁危機? 3週まるまるの“業界タブー破り”にNHK激怒かの画像
安藤サクラの夫で柄本時生の兄の柄本佑

 林遣都と仲野太賀がダブル主演を務める日本テレビ系土曜ドラマ『初恋の悪魔』の第4話が8月6日に放送され、世帯平均視聴率が5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同ドラマは第2話・第3話で視聴率3%台の“危険水域”にいただけに、数字が上向いたことに関係者も安堵したことだろう。

 しかし、同作で警察署の会計課職員・小鳥琉夏を演じる柄本佑は、“シャレにならない事態”に直面しているという。「実は柄本は業界のタブーをおかしてしまい、大ピンチとなっています」と言って、テレビ関係者がこう耳打ちする。

「柄本は6月25日にスタートし、7月30日に最終話を迎えたNHK土曜ドラマ『空白を満たしなさい』で主演を務めていました。一方、メインキャストのひとりを務める日テレの『初恋の悪魔』は7月16日にスタートしましたが、この2つのドラマはどちらも土曜22時放送開始で、7月16日、23日、30日と3週続けて“もろかぶり”となった。民放同士であればスポンサーの手前、問答無用で即アウトですが、NHKとのかぶりはセーフと判断したのでしょう。しかし、過去にはNHKとの裏かぶりを起こした民放が謝罪する事態に発展したこともあります」

 2006年1月3日、『新選組!! 土方歳三 最期の一日』がNHK総合で、30分遅れで『古畑任三郎ファイナル』がフジテレビ系列で放送されたが、三谷幸喜脚本の両ドラマにはともに藤原竜也と石坂浩二が出演。調整が間に合わなかったとしてフジテレビ側が謝罪したのだ。

「柄本サイドは日テレとNHKの双方が了承済みと周囲に説明しているようですが、確かに日テレ側は『空白』が全5話と短期であることに加え、『初恋の悪魔』脚本の坂元裕二氏は“当て書き”の人ということもあり、裏かぶりをしてでも出てほしいと熱望していたので問題なかったものの、NHKへの説明は事後報告となってしまったようなんです。柄本サイドは『初恋の悪魔』がもう少し後の放送予定で、調整ミスが生じてしまった、と苦しい言い訳をしたようですが、『空白』のスタッフは激怒。NHK出禁の可能性も出てきているようです」(同・テレビ関係者)

 テレビ界において“裏かぶり”はさまざまな余波を生む。過去には降板劇につながったことも……。

「お笑いタレントとして活動していた清水圭は、2007年4月の初回からレギュラー出演していた『所さんの世田谷ベース』(BSフジ)を2013年の中途半端な時期に一時降板。ゴルフ専門チャンネルでの番組が真裏にあったためですが、清水もブログで『普通は仕事を受ける際、マネージャーが一番最初に「裏かぶり」を確認するんやけど、その「当たり前の」作業を怠ったらしい』と経緯を明かし、裏かぶりが発覚したため裏番組のほうをどうにか断ろうとしたものの、スポンサーとの兼ね合いで無理だったと説明。『世田谷ベース』にはおよそ2カ月後に復帰できたものの、しかし翌年1月に卒業することになりました。清水の裏かぶりに対して所ジョージの怒りが収まらなかったことがその理由だったとされています」(テレビ誌ライター)

 2020年4月には、名場面集を放送していた『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で橋本環奈や小池栄子にモザイク処理が施されたことが話題に。裏で橋本が出演する『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)、小池が出演する『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)が放送されていたため、“再放送”となる『ダウンタウンDX』側が“配慮”することになったのだ。また、昨年10月から『おしゃれクリップ』(日本テレビ系)の司会を務める山崎育三郎は、今年1月期のTBS系ドラマ『DCU』に出演、放送時間拡大時に裏かぶりが発生する回のみ欠席するという処置が取られたのも記憶に新しい。

 それほど神経質な対応が迫られる裏かぶりで、堂々3話フル出演した柄本。実力派俳優だけに“一発アウト”となることはさすがになさそうだが、はたして……。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/08/13 08:00

柄本佑にNHK出禁危機? 3週まるまるの“業界タブー破り”にNHK激怒かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真