日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 月9、主役・坂口健太郎のキャラが豹変

坂口健太郎が突然「直情型バカ」に? 『競争の番人』最終章で急展開

文=東海林かな(しょうじ・かな)

坂口健太郎が突然「直情型バカ」に? 『競争の番人』最終章で急展開の画像
ドラマ公式サイトより

  まさかの展開に言葉を失った……。坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第8話が8月29日に放送されたが、衝撃のラストシーンにSNS上は騒然。最終章の幕開けとなった第8話は、これまでとはスケールの違う巨悪と対峙する公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク)」の審査官・小勝負誠(坂口健太郎)の秘められた過去と現在が絡み合って描かれた。

ついに明らかになった小勝負の過去と、藤堂との関係

 出向検事の緑川瑛子(大西礼芳)は小勝負に15年ほど前の死体検案書を見せる。それは、小勝負の父・誠(高橋努)のものだった。4大ゼネコンの1社「ラクター建設」やダイロクの現審査長・本庄聡子(寺島しのぶ)の名の記載があり、小勝負は動揺を隠せなかった。

 15年前の2007年、本庄は公正取引委員会の四国支所で、ラクター建設が取り仕切っていると見られる入札談合を調査していた。この頃、中小の建設会社が相次いで倒産しており、小勝負の父・誠(高橋努)が経営する「小勝負建設」も仕事が入らず、経営は苦しい。そこにラクター建設の木下健一(石井正則)がやってきて、入札談合に誘われる。これまで小勝負建設が入札に参加しても受注できなかったのは、談合が行われていたからだった。

 誠は「そういうひきょうな真似は……」と渋るが、背に腹は代えられない。家族を養うため、従業員を守るために誠は談合に参加することを決め、情報を外部に漏らさないなど記された念書にサインしてしまうのだった。すると、先日受注できなかったはずのトンネル工事の仕事が回ってくる。ラクター建設から次々と仕事を回してもらい、小勝負建設は順風満帆となるが、一方で知り合いの建設会社はどんどんと潰れていく。

 罪悪感を覚える誠だが、入札から漏れたはずのトンネル工事を請け負っているなど不自然に仕事が増えていることを本庄から追及されても、白を切る。だが、幼い息子の「この会社、継いじゃおっかな」という無垢な言葉に耐えられなくなり、ついに本庄にすべてを話してしまうのだった。しかし、その結果待っていたのは“チクった”小勝負建設への執拗な嫌がらせ。ラクター建設に逆らえない資材屋も取引を打ち切り、追い詰められた誠は、国交省の四国地方整備局長で現在は事務次官にまで上り詰めた藤堂清正(小日向文世)が大型案件の談合を裏で取り仕切っていることを本庄に教え、「このままじゃ家族が暮らしていけない。俺が何とかしなきゃいけない」と告げて自ら命を断ってしまった。

 そして舞台は現在へ。本庄が父の死に関わっていたことを知った小勝負は、藤堂を捕まえるために公取に入ったのだと本庄に伝え、力を貸して欲しいと頭を下げるが、本庄は「私は何も知らない」と一蹴する。一方、藤堂は現在も談合に手を染め、ラクター建設をはじめとする大手4社のみに東京湾岸地区の再開発プロジェクトという大型案件をまわしていた。小勝負が応援に向かった公取・第一審査局は、談合疑惑におけるラクター建設ら6社への立入検査にこぎつけるが、検査に入ってすぐ“上”から中止を命じられ、棚上げに。どうも、公取の内部情報が漏れ、官僚から圧力がかかったらしいという。

 その夜、本庄を尾行した小勝負は、本庄が藤堂と料亭で密会している様子を目撃してしまう。情報を漏らしたのは本庄だと疑う小勝負は翌日に問い詰めるも、本庄は「これ以上、藤堂には近づかないで」と警告し、「あなたに藤堂は捕まえられない」と突き放す。藤堂逮捕に執念を燃やす小勝負は、再開発プロジェクトの発表イベントの会場を訪れ、藤堂と“直接対決”に臨み、「談合はいつ行われるんですか?」と煽る。小勝負建設のことを思い出した藤堂は「君のお父さんのせいで工事が全てストップしてしてね。大混乱だった。あれはいい迷惑だったなぁ」とやり返し、「談合はそんなに悪いことか? 私には競争こそ悪に思えるが」と言い放つ。小勝負は談合は自分が必ず止めると宣戦布告する。

 藤堂のもとを去る小勝負のところに、国交省の人間だと名乗る男から電話が入る。再開発プロジェクトの談合について話したいことがあるという男に会うため、指定された工事中のビルに出向くが、そこで何者かに襲われてしまう。絶対絶命の小勝負。何者かにナイフで刺される……という刹那、本庄が突然現れ、小勝負を庇って刺されてしまったところで第8話は終了した。

伏線回収へと動きつつあるが……小勝負と本庄の描写が不自然?

 謎めいた行動を取っていた本庄。ラクター建設の木下と喫茶店で密会し、何らかの資料を受け取り、「引き続きお願いいたします」と頭を下げていたことを考えると、今も藤堂のシッポを捕まえようと裏で捜査しているのだろう。本庄は第4話で、下請けいじめの疑いのあったアレス電機への立入検査にストップがかかった際、検察庁の幹部である六角敦夫(羽場裕一)に対し「(圧力をかけたのは)政治家ですか? それとも官僚ですか?」と問い詰めていた。それに、ウエディングカルテルの案件が解決した第3話のラストシーンで、藤堂に「ずいぶんと危ない橋を渡りましたね」と言われた際、「決め手となったリスト、作ったのは小勝負という審査官なんです」と、わざわざ小勝負の名前を強調して伝えたこともあった。小勝負は本庄を“藤堂側”の人間と疑っていたが、そうとはさすがに思えない。

 では、ラクター建設への立入検査が行われる前日、藤堂に連絡をしていたのは誰だったのだろうか。ドラマの描写では、直後に本庄が携帯電話を切るシーンが挟まれていたが、あれはミスリードだろう。アレス電機への立入検査に圧力をかけたのがどこからだったのかもわかっていない。そして、第1話に出てきた、白熊楓(杏)が公取に異動になるきっかけとなった強盗殺人事件。白熊が追っていた容疑者はアレス電機の役員・柴野竜平(岡田義徳)であり、被害者はラクター建設の役員だった。第5話のラストでは、「私はまだ知らなかった。大手ゼネコン『ラクター建設』の役員・古賀康弘が殺されたこの事件の裏には、この国の根幹を揺るがす強大な闇が潜んでいることを。私たちダイロクはやがてその闇に戦いを挑むことになるのだった」という白熊のナレーションもあった。これまで散りばめられてきた“伏線”はこの最終章でちゃんとすべて回収されるだろうか。

 「白熊回」だった第7話では小勝負の出番が3分にも満たなかったが、今回は白熊がほぼなく、「小勝負回」となった。しかし、「冷静な天才」という設定だったはずの小勝負が、藤堂との密会の現場を目撃しただけで本庄を藤堂側の人間と決めつけたり、明らかに怪しい呼び出しに応じてのこのこ出向く浅はかさは、親の敵を目の前にして冷静ではいられない「怒り」ゆえなのは理解できなくはないが、ちょっと愚かすぎないだろうか。視聴者からも「小勝負の暴走、白熊に似てきた?」というツッコミの声が上がっていた。加えて、小勝負を心配したのだろうが、怪しげな場所に向かう彼を本庄がひとりで追いかけてきたらしいのも、ずいぶん不用心である。脚本に疑問を抱かざるを得なかった。

 ここ2回ほどダイロクのメンバーが揃う場面がないことに対し、視聴者からは「ダイロクメンバー勢揃いのシーンが少なくて寂しい」という感想も。第6話からの世帯視聴率が3話連続で8%台前半とふるわないのは、このあたりにも理由があるのではと邪推せずにはいられない。「私たちダイロクはやがてその闇に戦いを挑む」というナレーションからして、“最終決戦”はメンバー全員がフル稼働して活躍してくれるものと信じたいところだ。

 藤堂を演じる小日向の悪役ぶりには「悪い小日向さんがまた良い」「小日向さんが悪役を演じるとめちゃくちゃ怖い」と称賛の声が上がっている。コミカルからシリアスな役柄までこなせる名俳優の冷徹な悪役は、終盤の見どころの一つとなるだろう。官僚という「国そのもの」を敵にしようとしている弱小官庁の戦いとなりそうな最終章。本庄は無事なのか、小勝負のリベンジは果たせるのか、終盤へと向かう第9話でストーリーが盛り上がりを見せると期待したい。

■番組情報
月9ドラマ『競争の番人
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:坂口健太郎、杏、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎、小日向文世、黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香、寺島しのぶ ほか
原作:新川帆立『競争の番人』(講談社)
脚本:丑尾健太郎、神田優、穴吹一朗、蓼内健太
音楽:やまだ豊
主題歌:idom「GLOW」
プロデュース:野田悠介
演出:相沢秀幸、森脇智延
制作・著作:フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/index.html

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/09/05 12:00

坂口健太郎が突然「直情型バカ」に? 『競争の番人』最終章で急展開のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真