日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『旅サラダ』中丸雄一、38歳ラストデー
『旅サラダ』KAT-TUN中丸雄一リポーターを見守る会 #20

『旅サラダ』中丸雄一、38歳最後の日。なにわ男子大西流星へのライバル心で目がガンギマル

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『旅サラダ』中丸雄一、38歳最後の日。なにわ男子・大西流星へのライバル心燃やし目がガンギマルの画像1
中丸雄一とお馬の「ミノル君」。実は13年前にも、中丸はとある罰ゲームでミノル君に乗っていたことが発覚した。感動の再会。『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)公式YouTube「【発掘!ニッポン なかまる印】のその後に・・・#8」より

 

『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)のコーナー「発掘!ニッポン なかまる印」リポーターに就任したKAT-TUNの中丸雄一。9月3日放送回で彼が訪れたのは、長野県・白馬村の白馬岩岳マウンテンリゾートだった。

※前週の放送はコチラ!!

中丸雄一、39歳の誕生日前日に体を張るベテランアイドル

 中継が始まるや、謎のバイクにまたがり、ガタガタの斜面をマリオカートばりの物凄いスピードで滑り降りてくる男。何を隠そう、39歳の誕生日(9月4日)を翌日に控えた中丸である。

 前任のレジェンドリポーター・ラッシャー板前なら壮大に転んで泥まみれになってくれた気もするが、よりによって中丸は38歳最後の朝である。そんな日に、体を張った仕事をこなすベテランアイドルには、それはそれで大感謝だ。

 実は、これは「マウンテンカート」という乗り物。昨夏、ヨーロッパから日本に初上陸したバイクらしい。スキー人口が減少している昨今、スノーリゾート側も、オールシーズン楽しめる施設を充実させているわけだ。

 運転を終え、ヘルメットを脱ぐと、その下になぜかチューリップハットも被っていた中丸。『金田一耕助シリーズ』(TBS系)で主演を務めていた古谷一行を、不意に思い出してしまった。追悼か? それとも、リスペクト?

 ところで、「マウンテンカート」の試乗感はどうだったのか。

「思った以上に揺れるんで、脳が震えますよね」(中丸)

 脳を震わせながら中継に臨んでいた、ちょっと心配な中丸。日本初上陸カートに初めて乗ったのだから、無理もないかもしれない。

 長野といえば山国だ。絶景が売りのひとつのはずだが、この日は霧がかかって景色が最悪だった。つまり、中丸は“持っていない”のだろうか? 

「逆に言うと、幻想的って言うんですかね?」
「逆に言うと、真っ白で美しいですよね」(中丸)

 ものは言いようである。完全にガスっている景色を、「逆に言うと」の連発でポジティブに言い換える中丸の発想を見習いたい。

 そうこうしている間に、山の傾斜を活用したコースから、マウンテンバイクの集団が駆け下りてきた。

「スゲー、スゲー、スゲーっ、気持ちいいだろうなあ! マウンテンバイクも本望ですよね」(中丸)

 主語をマウンテンバイクにし、マウンテンバイク側の視点で気持ちを代弁する中丸。さっきから、言葉選びで珍奇なセンスを発揮し続けている。

123

『旅サラダ』中丸雄一、38歳最後の日。なにわ男子大西流星へのライバル心で目がガンギマルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

アントニオ猪木「猪木といえば●●」

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」という...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真