日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “ポスト香川照之”レースにあの俳優

“ポスト香川照之”レースに山本耕史の名前が挙がった納得のワケ

文=手山足実(てやま・あしみ)

ポスト香川照之レースに山本耕史の名前が挙がった納得のワケの画像1
山本耕史公式サイトより

 銀座のホステスの女性への性加害が「週刊新潮」(新潮社)に報じられたことで、TBS系『THE TIME,』を降板し、多くのCM契約も終了した香川照之。正式には発表されていなかったが、10月から放送されるTBS系日曜劇場『アトムの童(こ)』への出演も、直前になって降板となってしまった。

 これまで『半沢直樹』シリーズなどで、主人公の前に立ちはだかる敵役を多く演じてきた香川。『アトムの童』でも同様に、山崎賢人演じる主人公が対峙する敵役での出演が予定されていたという。

「放送中の『六本木クラス』(テレビ朝日系)でも、ラスボス的な敵役を演じていますが、地上波のドラマでは、困ったときの“香川照之頼み”。主人公を追い詰める悪役は香川なら間違いないという空気がありました。でも、そんな香川が事実上の干され状態となってしまったことで、ポスト香川照之となる“悪役俳優”探しが本格化しています」(テレビ局関係者)

 関係者の間では、“ポスト香川照之”として高嶋政伸、片岡愛之助、市川猿之助あたりの名前があがるなか、“大本命”と目されているのが、山本耕史だ。

 現在は、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で三浦義村役を演じ、圧倒的な存在感を発揮している山本。先日は、平野紫耀主演の金曜ドラマ『クロサギ』のクセ者“シロサギ”こと白石陽一役を山本が務めることが発表されたばかりだ。

業界内ではとにかく“実力派”として名が通っている。あるドラマ関係者はこう話す。

「山本さんが撮影現場で迷ったり戸惑ったりしている姿はほとんど見たことがありません。台詞もしっかり入っているし、演技プランも固まっている。とにかく万全の体制で撮影に臨み、期待以上の演技で返してくる」

 5月公開の映画『シン・ウルトラマン』では、地球征服を企むメフィラス星人を演じ、その“怪演”が話題になった。

「もちろんまっとうな役柄もできるし、ぶっ飛んだ役もできるというのが、山本さんの強みです。若い頃から実績を積んでいますが、いわゆる“アイドル俳優”的なポジションではなかったので、イメージを気にすることなく、どんなキャラクターにもなれる。まさに悪役を演じるのにふさわしい俳優さんです」(同)

 また、山本はデビュー以来、ずっと個人事務所に所属している。だからこそ、制作サイドとしては“オファーしやすい”のだという。

「ヘンなしがらみがないので、どんな俳優さんとも共演できる。事務所同士の力関係を気にすることもないし、俳優同士の“並び”で面倒なことになりにくい。大手だと、どうしても“主演じゃないと出ない”みたいなことになりがちですから」(芸能事務所関係者)

 かつては熱愛報道も少なくなかった山本だが、2015年に堀北真希と結婚してからは、私生活で世間を賑わせることもほとんどなくなった。

「歌舞伎役者のように“遊んでいて当たり前”というタイプでもないですし、ちょっと仕事にストイック過ぎるくらいの印象です。ドラマでは悪い役を演じるけど、私生活は真面目……なんていうのは、俳優としては最高ですよね」(同)

 ネガティブな要素がほとんど見つからない山本耕史。香川照之を簡単に超える活躍を見せてくれそうだ。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2022/09/19 21:00

“ポスト香川照之”レースに山本耕史の名前が挙がった納得のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ドッキリの教科書になったワケ

 放送作家の深田憲作です。 「企画倉庫」とい...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真