日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 銀座クラブで嫌われる「懲りない面々」
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

香川照之だけじゃない! 銀座クラブで嫌われる「懲りない面々」

香川照之だけじゃない! 銀座クラブで嫌われる「懲りない面々」の画像1
写真はイメージ

 高級クラブホステスへの性加害スキャンダルで番組・CMの降板を余儀なくされ、俳優生命を縮めたともいえる歌舞伎俳優の香川照之。テレビで見せていたイメージとのギャップにお茶の間も大きな衝撃を受けたようだが、夜の銀座を取材源のひとつにしてきた筆者のもとには、香川以外にも、これまで銀座のクラブでセクハラ・パワハラまがいの言動を繰り広げてきた有名人たちの情報が続々と寄せられている。

 「今回の香川の騒動で、彼に“援護射撃”をしていたみのもんたを筆頭に、ホステスへのセクハラやパワハラが酷すぎて、歓迎されていない芸能人や有名人は数多く存在します。なかには、出禁になった男もいますよ」(銀座8丁目のクラブオーナー)

 かつて、“夜の銀座の帝王”と呼ばれたみのは、香川の性加害疑惑が報じられると、「香川さんの肩を持つわけではないけれど」と前置きしながらも、「銀座の一流の接客は、お客さんにどう喜んでいただけるかを第一に考えること。品位ある遊び方をさせられないなら、お店にも責任があるんじゃないですか」とコメント。賛否を呼んだが、この発言に「みのさんは“裸の王様”だから偉そうなことが言えるんです」と話すのは、7丁目の『B』で元ママを務めたS子さんだ。

 「みのさんは、店に来ると席に着いたヘルプホステスに一気飲みをさせるんです。彼は高級ウイスキーをアイスクラッシュで割って飲むのですが、ホステスにも同じように何杯も飲ませる。結局、女の子は潰れてしまい、その日は仕事にならないんです。出禁にこそしませんでしたが、“ホステス潰しの常習”“営業妨害”だと、歓迎はされていませんでした」(S子さん)

 みのだけではない。演歌の大御所Yも、世間では人が良さそうな印象を持たれているが、銀座のクラブではコワモテで敬遠されている。

 「一緒に来る方もコワモテの方が多いですが、そのなかでも一番怖がられていたのがYさんでした。というのも、彼は、ホステスの作った水割りが少しでも薄かったりすると、“俺を田舎モンだと思ってバカにすんのか?”と凄むんです。ほとんどパワハラ状態で、ホステスの中には“怖い”と泣き出す子もいました。来てほしくない客ですね」(8丁目のクラブ男性従業員)

 Yと並び演歌界でも酒豪と呼ばれたJは、酒癖の悪さで、8丁目の『J』から出禁にされた過去がある。

 「ご機嫌良く飲んでいると思ったら、突然キレ出し、大声でヤクザ口調になる。周りのお客が怖がるんで出禁しました。キレるといえば、意外にも、女性人気の高い歌手Fも、ある時突然キレて、一緒にいるスタッフだけでなく、ホステスにも八つ当たりしていたことがあります。8丁目の『S』では、歓迎されていなかったですね」(クラブ店長)

 素行不良が噂され、数年前にジャニーズ事務所を退所し、独立したTも、夜の銀座では“招かれざる客”の一人だ。

「スポンサーに連れられて来ることがほとんどですが、席に着いたホステスのストッキングを強引に脱がそうとするんです。意外にもそういう客は少なくなく、事件を起こして逮捕されたこともある元俳優のOも、嫌がるホステスのストッキングを脱がすのが好きでした。出所後、最近になってまた怪しいスポンサーと飲みに来ていますが、当然ながらホステスからは歓迎されていません」(7丁目『K』の店長)

 同じく出所後、クラブ通いを再開させた元プロ野球選手のKは、現在は更生の道を歩んではいるものの、過去に粗暴な言動で銀座のクラブを出禁にされたことがある。

 「逮捕される2年くらい前から、行きつけのクラブでお客を威圧したり、大声を上げたりすることがあったので、出禁にした店が3軒くらいありました。最近も銀座に来ていますが、彼を受け入れるクラブは、元愛人がママを努める『S』くらいで、どの店もお断りですよ」(清原と親しかったクラブ関係者)

 また、筆者自身が目撃したのは、柔道で五輪金メダリストとなったY。

 以前、Kが頻繁に通っていた銀座7丁目のクラブ『R』に所属事務所関係者と遊びに来ていたYは、席に着いたホステスの下着を強引に脱がせていた。驚いて知り合いのリポーターに話すと、「いつものことです。許せませんよ」と憤っていた。

 そこで、筆者がそのまま記事にしたら、筆者が『R』を出禁にされたー―という笑えない話だ。

 香川の“事件”の現場になったクラブ『M』の元ママの一人は、「ママの髪を掴んだ写真は、一緒に来ていた方が撮った写真。仲間に裏切られないように気をつけて」と警告するが、そもそも酒癖の悪さに覚えのある芸能人は、今後、言動に気をつけたほうがいいだろう。

(文=本多圭)

本多圭(ジャーナリスト)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

ほんだけい

最終更新:2022/09/15 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真