日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 『ちむどんどん』相変わらず疑問だらけ
朝ドラWATCHコラム『ちむどんどん』第23週

『ちむどんどん』店の課題はあっさり解決、賢秀は「心が健やか」で疑問だらけ…(第23週)

文=渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

『ちむどんどん』店の課題はあっさり解決、賢秀は「心が健やか」で疑問だらけ…(第23週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 「またひとつ、暢子の夢がかないました!」とカビラさんのナレーションで幕を閉じた第23週。再オープンした「ちむどんどん」は房子(原田美枝子)が言う「知らない客」でいっぱいになり、暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)には赤ちゃんが誕生。エンディングに向けて、いろんな問題がクリアになっていく流れですね。でも見ている私の気持ちはあまりクリアではない、むしろ「わからない……」と、どんよりといくつもの雲がかかってしまってるのはなぜなんでしょうか。

 どんより雲のひとつめ。私が「ちむどんどん」を初めて訪ねた時、暢子たちに「知らないお客さんだ!」と言われたら……なんかいやだなあ。房子の言葉は「知り合いが義理で席を埋めてるだけではダメ」という意味かなと思うんですが、「知らない」という冷たい呼び方ではなく、せめて「初めての客」とか言ってほしいし、説明がもう少しほしい。そしてそんな知らない……ではなく、新規の客で店がいっぱいになることは、本当に成功なのか、よくわからない。気に入って何度も通ってくれるお客さんがいっぱいいるほうが、お店を長く続けていけそうなのに。開店当初は繁盛してたのがすぐにガラガラになってしまったのは、「知らない客」が誰もリピーターにならなかったからでは。それを繰り返すのかなあ。

 その「ちむどんどんにお客さんが入らなかった理由と、再オープンしたら繁盛した理由がどちらもよくわからない」というのが雲のふたつめ。「沖縄から冷凍で取り寄せた豚肉が悪かった」ってことになっているけれど、コストがかかりすぎという信金の忠告を退けて「この豚じゃないとダメなんです」と暢子が言っていたのはなんだったのか。沖縄の豚、かわいそうに。「豚肉を変えて調理法を見直して、メニューをおいしいものノート風にしたらどんどんお客が入るようになりました」なら、二ツ橋さん(高嶋政伸)や矢作(井之脇海)は、その程度の工夫もできずに店をつぶしたのだろうか。ふたりで「さすが暢子さんだ」「ありがとう」と暢子を褒めたたえているけれど、見ている私にはその「さすが」の部分がわからない……。

 そして優子さん(仲間由紀恵)が賢秀(竜星涼)を「心が健やか」と笑顔で表現したことが、最大の雲。優子さん、本当に心が健やかな人は、親しくしてる店のレジからお金を抜かないし、妹の財布から金を盗まないし、詐欺を繰り返さないし、無銭飲食しないし、暴力を振るわないんですよ。

 清恵さん(佐津川愛美)が「罰を受けるべきひどい女」とされ、「心が健やか」な賢秀は「そんな女を受け入れておかえりと迎える、寛大な男」になっているのはなぜなんでしょう。賢秀は清恵さんを最初は優しい言葉で説得し、うまくいかないと怒鳴る。相手に「私は価値のないダメな人間だ、この人以外には受け入れてもらえない」と思わせ、思考能力と行動力を奪う。これ、モラハラの典型じゃないでしょうか。清恵さんに離婚歴があること・それを黙っていたこと(話す必要ないですよね)を、賢秀がやってきた数々の悪事と同列にされてるのも、納得できない。プロポーズの「いつかダイヤモンドの指輪を買ってやる」は、ここまでの「部(倍)にして返す」と同じで、成長していない。養豚場で働いていることを暢子たちに打ち明けるシーンがあれば、まだ成長を感じられたかと思うんですが、まさかそれがナレーションだけで済まされるとは思わなかった。BGMや大雨でトレンディなラブストーリーっぽい雰囲気でふたりは向かい合いましたが……あれは本当に、恋なんだろうか。清恵さん、もっと自信を持って、自分を対等に見てくれる人と、あるいはひとりでも、どうか幸せになってほしい。元夫の涌井(田邊和也)と賢秀、ダメさレベルにあまり違いはないと思いますよ。それにしても消えた涌井、豚の餌にされたか、養豚場敷地内に埋められたのか、どちらでしょうね。

 離婚した清恵さん、つまり2度恋をした女は怒鳴られたりひどい罰を受けている一方、同じく2度恋をした三郎さん(片岡鶴太郎)は元カノと妻に囲まれてお酒も解禁、気持ち良さげにうたたね……この扱いの差はいったい何だろうと思うのも、もやもやの雲。そんな世界に誕生した健彦ちゃん、本当の意味で「心健やか」に成長してもらいたいです。どうかニーニー2号にはならないでね。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:黒島結菜、仲間由紀恵、大森南朋、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌ほか
作:羽原大介
音楽:岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
主題歌:三浦大知「燦燦」
語り:ジョン・カビラ
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:高橋優香子、松田恭典
広報プロデューサー:川口俊介、鈴木 葵
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
制作:NHK
公式サイト:nhk.or.jp/chimudondon

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

最終更新:2022/09/19 06:00

『ちむどんどん』店の課題はあっさり解決、賢秀は「心が健やか」で疑問だらけ…(第23週)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

阿部サダヲ主演の社会派コメディ

 阿部サダヲ主演のコメディ映画といえば、水田...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真