日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 夏ドラマ総括、ガッカリNo.1作品は…

No.1は『石子と羽男』! 一番ガッカリした作品は…夏ドラマ総括

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

 全13回となった『六本木クラス』が最終回を迎え、ようやく民放ゴールデン・プライム帯の夏ドラマがすべて終了した。「ドラマ序盤ランキング」で取り上げた作品はどうだったか、今期ドラマを総括してみよう。

夏ドラマ、やっぱり良かったのは『石子と羽男』と『初恋の悪魔』

一番の期待作は『石子と羽男』か『初恋の悪魔』か? 夏ドラマ序盤ランキングの画像2
『石子と羽男』Paravi配信ページより

 ドラマファンの評価はほとんど『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系金曜ドラマ)か『初恋の悪魔』(日本テレビ系土曜ドラマ)の支持になるのではないだろうか。

 仮に順位を付けるのであれば、『石子と羽男』が1位で『初恋の悪魔』が2位といったところ。このあたりは好み次第だろうとは思う(ちなみに序盤ランキングでは逆だった)。

 『初恋の悪魔』はややエンジンがかかるのに時間がかかった印象だったが、坂元裕二らしいセリフに彩られた会話劇でありつつ、ミステリーとラブストーリー(+大人の友情?)という複数のレイヤーを行き交うような構造がおもしろく、自宅捜査会議の模型の世界に入り込むがごとく、さまざまな視点を介すことで物語のジャンルが違って見えるような作品だった。最後の星砂(松岡茉優)をどのように解釈するか、視聴者に委ねる形だったのもよかった。個人的には東野圭吾『秘密』のラストのように受け止めたのだが、まったくの少数派だったようで驚いた。

 「ラーメンぐらい伸びたっていいんだよ。話したいことがあるときは」「根拠のない“大丈夫”は、優しさでできてます」「“私、怒ってるのよ”って言えなかったことって何年たっても残るでしょ。今となっては言い返せないし、そういうのってシャツのシミみたいに残るんだよ」「人生でいちばん素敵なことは遠回りすることだよ。だから私たちは悲しくない」「会えなくても、離れてない人はいるの」といった“響く”セリフの数々だけでなく、いろいろな面で誰かと語りたくなるドラマだったのではないだろうか。

 『石子と羽男』は最初から最後まで完璧だった。石子(有村架純)と羽男(中村倫也)、それぞれのキャラクターの背景にあるものを示唆する伏線をそれとなく出しながら、ただ“伏線を出しました”ではなく、ちゃんとその回の事件ともつながっているシーンになっていること、社会的弱者などへの描き方が繊細で配慮があったこと、世間で話題になっている社会的問題を身近なトラブルとして描きつつ、説教臭くならないヒューマンドラマであったこと、メインのふたり(石子と羽男)が安直に恋愛的にくっつく展開ではなかったこと……このドラマの美点を挙げるとキリがないが、振り返ってみると、今期の“微妙”なドラマ群において特に目立った問題点はすべてこの部分にあったのではと思わされてしまう。そして何より、息の合った石子と羽男の掛け合いがドラマのリズムをつくり、そこに大庭(赤楚衛二)らが加わることでグルーヴが生まれ、全10回をあっという間に感じさせた。1月期の『妻、小学生になる。』といい、TBSの金曜ドラマは、「こういうドラマこそ、視聴者が見たいドラマ」を体現する作品が多く生まれている安心がある。

 夏ドラマでよかったものは?と問われると真っ先に浮かぶのがこの『石子と羽男』と『初恋の悪魔』だったが、次点で勧めるとすれば『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系水曜ドラマ)。正直、中盤までの家庭教師ストーリーは「破天荒な教師が荒唐無稽な指導で騒がせるが、実は生徒のためを思う行動で、結果的に生徒を(ときには親をも)成長させる」というよく見たようなもので退屈さは否めなかったが、第7話になってようやくトラコの目的という本筋の物語になって俄然、おもしろくなった。「正しいお金の使い方」のために社会を変えるというトラコの大義は、結局のところ自分が置かれた境遇に対する怒りや不満でしかなかったというのは、物語として納得感があったし、SNSで“正義”を振り回して憂さ晴らしをしている人たちが少なくない現代社会を映し出すようなテーマでもあった。

 『となりのチカラ』同様になにか意味ありげな設定が大した意味もなく終わったり(たとえばトラコが生徒に披露していたコスプレは、それぞれの母親のペルソナを表したものだったように思えたのだが……)肩透かしの部分もないではなかったし、3人の母親たちとの関係性についてはご都合主義すぎる嫌いもあるが、遊川和彦脚本でたまにある、視聴者置いてけぼりの斜め上展開はなく、驚くほどにきれいなまとまり方で、爽やかな結末だった。主演の橋本愛はもちろん素晴らしかったが、鈴木保奈美も(『ちむどんどん』のしーちゃんとは違って)改めていい女優だなと思えた作品でもあった。(1/3 P2はこちら

123

No.1は『石子と羽男』! 一番ガッカリした作品は…夏ドラマ総括のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真