日刊サイゾー トップ > 芸能  > GACKT復帰とフジテレビの“独断専行”

GACKT本格復帰で『翔んで埼玉』も撮影再開、フジの“独断専行”を他局も歓迎?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

GACKT本格復帰で『翔んで埼玉』も撮影再開、フジの独断専行を他局も歓迎?の画像1
GACKT

 10月1日にフジテレビ系で地上波放送された映画『翔んで埼玉』が話題だ。昨年9月から病気療養を理由に芸能活動を休止していたGACKTが番組の冒頭でVTR出演し、完全復活を突如アピール。さらに主演する『翔んで埼玉』続編映画の撮影再開を宣言し、2023年の公開を発表したからだ。

 この一報には、他局のテレビ関係者も驚きを隠せなかったという。

「長期に渡って芸能活動を自粛していたGACKTは、本格的な復帰がどの番組になるのか注目されていました。本命は、GACKTの“代名詞”でもある『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)だと言われていたのですが、今回ばかりはフジの顔を立てることになったのでしょう。
 というのも、2019年にフジの肝いりでヒットした映画『翔んで埼玉』は続編が決定し、昨夏には撮影がスタートしていたのですが、主演のGACKTの活動休止によって撮影が頓挫して“お蔵入り”の危機に。フジ上層部が激怒しているなんて話もありました」(民放関係者)

 GACKTの突然の活動休止と再開によって、制作元のフジテレビには損害も生じているという。

「『翔んで埼玉』は二階堂ふみとのダブル主演ですが、GACKTの病気療養で進んでいた続編の撮影は全面ストップ。今回の撮影再開にしても、撮影スケジュールやスタッフをイチから手配し直すことになるでしょう。そもそも、二階堂は他のドラマの撮影に入っていますし、完全にGACKTに振り回されている状況。しかも、監督の武内英樹氏は今年の年初にフジが行った早期退職者制度で会社を辞めている。もう局員ではないので、監督として高額なギャラが必要になります。すべてがグチャグチャな状態からなんとか立て直そうというわけで、本当に来年の公開に間に合うのか? という声もあるほどです」(スポーツ紙記者)

 病気療養を理由として休養していたGACKTだが、その期間に「週刊文春」(文藝春秋)をはじめ、各週刊誌からはさまざまな“疑惑”を報じられていた。

「『文春』は2021年11月、治療に専念しているはずのGACKTが既婚者と不倫しているという疑惑をスクープ。その後、『週刊新潮』(新潮社)は、過去の仮想通貨トラブルや、治療に参加した再生医療の運営元に関する疑惑などを報じています。正直、GACKTが復帰宣言をしても、キナ臭い疑惑のオンパレードなので、スポンサーからのイメージは悪化しています。『格付け』のテレ朝はもちろん、どのテレビ局もGACKTの扱い方を苦慮していました。GACKTサイドからは“週刊誌報道はでたらめだ”という話もあるようですが、現状ではどこまで信用して良いのか手探りの状態でした」(民放関係者)

 そんなビミョーな状況の中で、なぜフジテレビは『翔んで埼玉』続編の制作を焦っているのか? そこにはフジの厳しい台所事情が関係しているという。

「今、フジテレビにはとにかく稼げるコンテンツがない。放送外収入として期待できる映画作品は、長澤まさみの『コンフィデンスマンJP』と、福山雅治の『ガリレオシリーズ』くらいでしょう。苦肉の策で、強引に『Dr.コトー診療所』を引っ張り出して、今年12月に劇場版を公開したり、たいして人気のなかったドラマ『イチケイのカラス』まで来年1月に映画化する。そんな中で、第1作が興行収入38億の大ヒットとなり、続編も確実に稼げる『翔んで埼玉』は、なんとしても制作したいところなのでしょう。GACKTのこれまでのトラブルや疑惑くらいは目をつぶるつもりのようです」(民放関係者)

 しかし、フジテレビ社内からも、今回のGACKT起用については「危険だ」という声も聞こえているという。

「仮想通貨トラブルなどで、数年前からGACKTの動向を追っていた報道の人間からは、まだ起用は早いという声も出ている。しかも、今回の『翔んで埼玉』の続編再開を聞いて、文春や新潮がさらなるGACKTネタを収集し始めていると聞きます。GACKTサイドも、大切な復帰作となるので徹底抗戦するようですが、どこまで太刀打ちできるのか。ただ、もし膿を出し切ることができれば、他局もGACKTを使いやすくなるわけで、フジテレビの独断専行はむしろ“切り込み隊長”として歓迎されているところです」(同上)

 いつ何時も話題を提供し続けてくれるGACKT。今回の映画復帰は、フジにとって吉と出るのか、凶と出るのか?

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2022/10/04 07:00

GACKT本格復帰で『翔んで埼玉』も撮影再開、フジの“独断専行”を他局も歓迎?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真