日刊サイゾー トップ > 芸能  > 病気療養のGACKT、年末の『格付け』は?

病気療養のGACKT、復帰は年末の『格付け』か? フジテレビは踏んだり蹴ったり

文=小林真一(こばやし・しんいち)

Getty Imagesより

 俳優でミュージシャンのGACKTが無期限活動休止を発表した。持病を治療するためと言われているが、その説明の少なさにメディア関係者からはクレームも出ているという。

「重度の発声障害で休養をするという説明でしたが、いつ復活するのか、日本にいるのかなど、よくわからないままの状態になっています。一部の週刊誌はGACKTが新型コロナに感染して重体なのではないかと取材も始めている。GACKTは新型コロナのワクチンに関して否定派のような発言もしていたので、こうした憶測が出るのも無理のないこと。それなのに、本人やエージェントからあまりにも説明が足りない。週刊誌から今回の休養に関するマイナスイメージとなるような報道が出る可能性もあるでしょう」(スポーツ新聞記者)

 不信感を募らせているのは週刊誌やスポーツ新聞の記者だけでなく、GACKTの主戦場となっているテレビ関係者も同じだという。

「突然の休養を受けて、今後は各テレビ局がGACKTさんへの仕事のオファーを躊躇するようになることも考えられます。もちろん、病気なのだから仕方がないのですが、GACKTさんは今回の件がなくても仕事やプライベートで何かと週刊誌を賑わす人物でしたから、CMスポンサーから番組への出演NGが出るようになる可能性もあるかも知れません」(民放関係者)

 GACKTの休養に、もっとも影響を受けるのがフジテレビだという。

「フジは映画『翔んで埼玉』続編がクランクインしていましたが、GACKTさんがいないことで撮影を仕切り直すとしています。でも、GACKTさんが復帰したところで、ダブル主演の二階堂ふみさんのスケジュールをまた抑えるのは厳しいでしょうし、映画を撮り終わることは困難。GACKTさんの出演を大幅に減らすなどの対策が検討されていますが、お蔵入りの可能性も高いです」(民放関係者)

 さらに、フジテレビ関係者が眉を顰めたのが、GACKTの“復帰プラン”だという。

「GACKTさんは毎年出演をして全問正解するのが話題となるテレビ朝日系の年末番組『芸能人格付けチェック』には復帰しようと考えているとか。そんな情報がフジの関係者の耳に入ってきたそうです。毎年この番組は11月に収録されるのですが、GACKTが出演するのならテレ朝はギリギリまで日程調整をするとしているとか。そんな裏事情もあって、GACKTもインスタで『ガクちゃん、待ってるで この言葉にどれだけ背中を押されたか はい、頑張ります 必ず帰ってきます、浜田さん』と、同番組で司会のダウンタウン浜田雅功とのやりとりを公開し、なんとなく“良い話”風に持っていこうとしている。ですが、フジの関係者はこの投稿に憤慨していて、もしも噂通りに『格付け』で華々しく復活するようなことがあったら、フジを出禁にすべきだと話しているとか」(民放関係者)

 繰り返すが、病気ならば仕事を休んで静養するのは当然のこと。とはいえ、突然のGACKTの休養宣言がさまざまな所で波紋を呼んでいるのは間違いないようだ。GACKTの1日も早い、かつ円満な復帰を待ちたい。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/09/22 20:00

病気療養のGACKT、復帰は年末の『格付け』か? フジテレビは踏んだり蹴ったりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真