日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木下優樹菜、ヤンキーキャラ健在だった

木下優樹菜、アンチを「ゴキブリ」呼ばわりでヤンキーキャラ健在「みちょぱに宣戦布告」の過去も

文=佐藤勇馬

木下優樹菜、アンチを「ゴキブリ」呼ばわりでヤンキーキャラ健在 「みちょぱに宣戦布告」の過去もの画像1
Instagram「木下優樹菜(@yukina1204xoxo)」より

 「一般人」と称してモデルやYouTuberとして活動している木下優樹菜が、アンチを「ゴキブリ」呼ばわりしたことが話題になっている。「自ら敵を作っている」などと評され、よくも悪くもヤンキーキャラが変わっていないとして賛否を呼んでいるようだ。

 木下は4日、Instagramのストーリーズで「銀杏つぶれすぎな道まぢ(排泄物の絵文字)」と記し、続けて「アンチと誹謗中傷するやつ銀杏ぢゃんっておもってたけど銀杏に失礼だから(排泄物の絵文字)って呼んでる」と明かした。

 これにファンから「(排泄物の絵文字)も大切だから…生ゴミって呼びましょ」「それじゃ(排泄物の絵文字)に失礼!そんなヤツはゴミでいい」といった意見が寄せられると、木下は「すっっごいくるぢゃん、みんなけっこーいうね爆笑」と反応し、「Gでいい?ゴキブリ」と新たなアンチの呼び方を決めたようだった。

 木下といえば、2019年に姉の働いていたタピオカ店のオーナーに「事務所総出でやりますね」などと脅迫的なダイレクトメッセージを送っていたことが発覚し、活動休止を経て一昨年7月に芸能界を引退。その約2カ月後に新たにInstagramを開設し、昨年10月にはYouTubeチャンネルをスタートさせた。最初に投稿した動画で、木下は自身の「ストレートに物事を発してしまったり、あまり考えずに思ってることを言ってしまう性格」を反省し、謝罪の言葉を口にしていたのだが……。

 今回のアンチへの「ゴキブリ」発言に対し、ネット上では「泣きながら謝罪したりもしてたけど、この人の中身は全然変わらないんだね」「子どもの手本にならなきゃいけない立場なのに言葉遣いが悪すぎる」「タピオカ騒動のころからまったく性根が変わってない」「なんで自ら敵を作るのか」などと、批判的な意見が相次いでいる。

12

木下優樹菜、アンチを「ゴキブリ」呼ばわりでヤンキーキャラ健在「みちょぱに宣戦布告」の過去ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真