日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 本田翼主演TBSドラマ、本田翼がいらない!?

『君の花になる』主演の本田翼が足かせ? 頼みは“イケメンパワー”とネット&配信人気か

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

『君の花になる』主演の本田翼が足かせ? 頼みは“イケメンパワー”とネット&配信人気かの画像
ドラマ公式サイトより

 本田翼主演のTBS系火曜ドラマ『君の花になる』が10月18日にスタートしたが、初回の平均世帯視聴率が6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。『逃げるは恥だが役に立つ』『私の家政夫ナギサさん』『義母と娘のブルース』など数々のヒットを生んだTBS火曜ドラマだが、6%台での発進は、2018年の有村架純主演の秋ドラマ『中学聖日記』以来、実に4年ぶりとなる。

 本作は、元高校教師が売れない7人組ボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の寮母となり、彼らの“トップアーティストになる”という夢に向かって一緒に成長するオリジナルストーリーだ。

 主演の本田といえばCM女王として知られているが、一方で女優としての実力についてはかねてから評判が芳しくない。初回放送はTwitterで世界トレンド1位となったが、関連ワードとして「本田翼」「演技下手」もトレンド入り。「本田翼の演技浮いててドラマに入り込めない」「芝居がかってるというか、わざとらしいというか…」「ごめんなさい…本田翼の演技が見てられません…」など辛辣な声が多く上がった。

「乙女ゲームのような設定に少女マンガを加えたような内容で、ゲームならイケメンたちの引き立て役になるはずの寮母があれやこれやと騒ぎ立て、やたらと目立つ展開に『本田翼がうるさすぎる』といった声も相次ぎましたが、これは完全に脚本と演出の失敗。当のアイドルグループは事務所から見捨てられ、メンバーたちもやる気がないという状況で、本田さん演じる主人公が引っかき回すことで物語が動くというのが第1話ですから、演技の上手い下手にかかわらず“主人公がウザい”と思われてしまう役回り。しかもセンターの子を演じる高橋文哉との“キュン”展開付きですから、嫉妬の対象にもなりかねず、よく本田さんは受けたなという印象です」(テレビ誌ライター)

 もっとも、あまりに“演技が酷い”と騒がれたためか、「言うほどでもなかったけど」「ハードル低くして見たからか、そんなに気にならなかった」といったポジティブ(?)な声も出ているようだ。

 また脚本についても、高い評価を受けた『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)『恋せぬふたり』(NHK総合)などの吉田恵里香氏ということで「これから良くなるのではと期待するドラマファンも少なくない」(同)という。

 だがそれ以上にドラマの牽引力として期待されるのがイケメンたちだ。

「Twitterで世界トレンドになった要因のひとつが、INIのメンバーのうち5人がCHAYNEY(チェイニー)という同じ事務所の売れっ子同期グループとして出演していること。SNSでは『CHAYNEYだけ観たくて早送りした』『CHAYNEY見たいからとりあえず見続ける』『CHAYNEY思ったより出番多くてよかった』といった声が相次いでいます。INIの曲をパフォーマンスしたり練習したりするシーンもありましたからね。ライバルグループという立ち位置ながら、マンガでありがちな意地悪な連中とかではなく、性格の良さそうな子たちという描かれ方もINIのファンから歓迎されたでしょう」(アイドル誌記者)

 そしてTBS肝いりなのが、メインとなるアイドルグループ・8LOOMだ。オーディションで選ばれた彼らは、高橋文哉を筆頭に、注目の若手俳優や新進アーティストらが集まり、ドラマを飛び出してリアルでも活動している。

「事務所もバラバラながら期間限定で活動することになっており、初回放送後には“最初で最後のツアー”を発表。22日に『TBSチケット』で発売されましたが、先着順ということで一時はまったくアクセスがつながらない状況になり、即日完売。さっそく転売屋の餌食となったようで、チケット転売サイトでは倍以上の価格で取引されており、中には20万円超えのものも出る事態で、TBS側の売り方に批判の声も上がっていますが、まさに本物のアイドルと遜色ない状況です。TBS公式ショップでアクリルスタンドなどのグッズも販売していますが、これも転売されており、高橋文哉のものだと1万円超えのものも。

 公演のチケットだけでなく、音源やグッズの販売もTBSのグループでやっており、100万回再生を突破した1stシングル『Come Again』のミュージックビデオなどもTBSの公式YouTubeチャンネルにアップされるなど、すべてTBSの利益につながるだけに、局側は8LOOMがドラマを盛り上げ、ドラマが8LOOMのプロモーションになるという相乗効果を期待している様子。幸い現状ではTVerで総合ランキング1位を取るなど好調に推移しているので、ネットと配信で盛り上がっていければいいとある程度割り切っているのでは。そのあたりは、『日本沈没ー希望のひとー』に続いてTBSドラマ2作目となるNetflixでの世界配信を行っている点や、TBSが関わるParaviに8LOOMの独占コンテンツを配信するといった戦略からもうかがえます」(前出・テレビ誌ライター)

 本田は黒子役に徹したほうが好評を呼びそうだが……。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/12/28 14:09

『君の花になる』主演の本田翼が足かせ? 頼みは“イケメンパワー”とネット&配信人気かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真