日刊サイゾー トップ > エンタメ  > キャイ~ンとお笑い界のifを考える

キャイ~ンはなぜ『めちゃイケ』レギュラーのオファーを断ったか お笑い界のifがそこにある?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

キャイ~ンはなぜ『めちゃイケ』レギュラーのオファーを断ったか お笑い界のifがそこにある?の画像1
『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)Twitter(@neta_sand)より

 10月18日放送『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)が特集したのは、キャイ~ンであった。9月いっぱいで『もしもツアーズ』(フジテレビ系)が終了し、コンビとしての地上波レギュラーが消滅した2人。今というタイミングで、こんなふうに特集されるのは因果なものを感じてしまう。

 今回の特集のタイトルは、題して「1998年のキャイ~ン」。98年の彼らといえば、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系)のポケットビスケッツ(ウド鈴木が所属)とブラックビスケッツ(天野ひろゆきが所属)が盛り上がっていた時代だ。

キャイ~ンのスタートダッシュは異常に速かった

 キャイ~ンの結成秘話を明かすべくVTR出演したのは、ずん・飯尾和樹。キャイ~ンとは同期の間柄で、今や浅井企画のエースである。関根勤の正統後継者ともいうべき存在だ。

「自分も飛び込みで(浅井企画に)電話して、『顔見せに来い』って言われて行ったら、『返事がいいな』って言われて(事務所に)入れて。で、『半年前にも返事がいい奴が入ったから。1カ月後に会わせる』って言われて、それがウド鈴木さんでしたね」

「自分が入った1年後に浅井企画がお笑いライブを開くっていうんで、(若手芸人を)募集したんですよね。で、その当時大学3年生だった天野が作家志望だった友だちとコンビを組んで入ってきた感じですね」(飯尾)

 つまり、順番としては「ウド→飯尾→天野」ということだ。今からちょうど30年前、92年に発売されたお笑いムック「キンゴロー」(ワニブックス)を読み返すと、キャイ~ンに3ページものスペースが割かれているのが確認できる。キャイ~ンが始動したのは91年だから、界隈の中では稀なスタートダッシュ。業界から見つかるのが、彼らは本当に早かった。また、その項の天野のプロフィール欄には「以前は『コンビ解消』というコンビを組んでいたが、本当にコンビ解消した」と書かれており、きっとこれが作家志望の友人と組んだコンビなのだろう。

 その後、キャイ~ンは、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)や『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)など数々の番組に出演し、結果を残していくことになる。それを陰で支えていたのは、キャイ~ン結成当時のマネジャー・矢島秀夫さんだ。

 小堺一機と関根勤によるTBSラジオ「コサキン」リスナーからすると、グッとくる名前である。コサキンのフリートークでは頻繁に名前が挙がった、浅井企画の名物マネジャー。92年発行の番組本『コサキンのひとみと悦子』(シンコー・ミュージック)にも矢島さんは登場しており、「浅井企画の寺田農。ルー大柴担当になってお喋りになった」と紹介されている。要するに、愛されている人だったのだ。

「なんでも話せる関係でした。今思えば生意気なこともたくさん言いました。『前説はなんか嫌だ』とか『大学を出て事務所に入ったので給料をすぐにください』とか」(天野)

「社内では立場が上だった矢島さんですが、『車を運転するのが好きだ!』という理由だけで、20歳も離れた僕たちを毎日車で送り迎えしてくれた。当時はそんな矢島さんの優しさにとにかく甘えていました」(ウド)

 特に印象的なのは、この頃の天野の尖りぶりだ。「前説は嫌だ」とは、また……。ただ、当時の若手に天野のようなタイプは少なくなかった。同世代で生き残れる芸人は下手すると2~3組程度だったため、今のお笑い界に漂う互助会のような雰囲気は皆無。天野は同期だけでなく、事務所にまで「いつ噛みついてやろうか?」という態度でいたのだろう。

 そして94年、キャイ~ンと矢島さんがぶつかり合う事件が起こった。ライブで力をつけ、「これからテレビの仕事を頑張るぞ」と意気込んでいたキャイ~ン。そのタイミングで矢島さんが持ってきた仕事は、「アイドル水泳大会」だった。アイドルがプールの上を渡るための発泡スチロールを持つという内容である。

天野 「これは、ちょっと勘弁してください。
    俺はこんなことをするためにこの世界に入ったんじゃない!」

矢島 「仕事だからやりなさい」

 口論の末、天野は泣いてしまったという。

「仕事で来ちゃってるから『やらなきゃいけない!』ってことで矢島さんも強く言ってくれればいいんだけど、俺の気持ちを察したんだろうね。矢島さんの気持ちもわかるから、それも入り混じって泣けてきちゃって。それでも最後まで(番組には)出なかったですね」(天野)

 芸人として、芸人らしい仕事を望んでいたのだろう。その気持ちはわかる。一方、現在は“食”に関する番組で露出する姿をよく見る天野。キャリアを重ね、視野が広くなったのだろう。言行不一致という問題ではなく、駆け出しの時分はそのくらいの鼻っ柱の強さが必要だと思うのだ。

123

キャイ~ンはなぜ『めちゃイケ』レギュラーのオファーを断ったか お笑い界のifがそこにある?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真