日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 櫻坂は紅白、乃木坂はレコ大逃す波乱

櫻坂46『紅白』落選、乃木坂46『レコ大』選考漏れに「気持ちが追いつかない…」

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

櫻坂46『紅白』落選、乃木坂46『レコ大』選考漏れに「気持ちが追いつかない…」の画像1
年内いっぱいの活動でグループを卒業する、乃木坂46の齋藤飛鳥(Getty Images)

 アイドル界に激震が走った。

 11月16日、櫻坂46の新キャプテン・松田里奈が自身のブログを更新。この日発表された大みそかの『第73回NHK紅白歌合戦』の出場歌手に選ばれなかったことを報告。「私自身とてもとても悔しい思いでいっぱいです」などと心境を明かした。

 グループ改名前の欅坂46時代からの連続出場は6で途切れることなった。姉妹グループである乃木坂46と日向坂46は出場を決めただけに、櫻坂46ファンはよけいに落胆。ネット上では、「ちょっと待って! 気持ちが追いつかない…」「紅白見る気がしなくなった」「まつり(松田)のキャプテン初仕事が紅白落選の謝罪って可哀想すぎないか?」「メンバーが謝るのは聞きたくない」といった声が上がり、騒動となっている。

「出場メンバーを見る限り、工藤静香、篠原涼子の“懐かし枠”、K-POP勢、ボーカルが男性なのになぜか紅組となったSEKAI NO OWARIに椅子を奪われた格好です。とはいえ、櫻坂46は今年1曲しかシングルをリリースしていません。欅坂46の看板だった平手友梨奈が抜け、知名度のあったキャプテンの菅井友香も卒業。爆発的ヒットもなく話題性も乏しい中、“坂道”というだけで3グループを出すのは難しかったのかもしれません。欅改名後初となる新メンバーの加入で、来年の巻き返しに期待したいところです」(アイドル誌ライター)

 一方、紅白出場こそ決めた乃木坂46だが、同日に発表された『第64回 輝く!日本レコード大賞』の選考からは漏れていたことで、こちらもファンが大荒れとなっている。

「エースの齋藤飛鳥が今年いっぱいでの卒業を発表しており、最後となるレコ大の舞台に立たせられなかったことで落胆の声が寄せられています。齋藤は12月7日発売の31stシングル『ここにはないもの』が卒業ソングとなり、同曲でセンターを務めます。しかし30thとのインターバルや卒業までの期間が短すぎること、卒業後に卒業ライブを行い、日程も会場も調整中など、全てが急に決まった感がある。乃木坂は紅白出場は決めましたが、齋藤の卒業も“紅白シフト”だったのではないかとの噂が出てしまうほどです」(前出・アイドル誌ライター)

 荒れに荒れている年末のアイドルシーン。ただ、来年以降のさらなる活躍への布石だとすれば、こんな波乱の年があってもいいのかもしれない。普段は忙しい推したちにも、年末くらいはゆっくり休んでほしいし……。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2022/11/21 20:09

櫻坂46『紅白』落選、乃木坂46『レコ大』選考漏れに「気持ちが追いつかない…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

ジャルジャル「1カ月でネタ571本」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真