日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『エルピス』主題歌とエンディングの仕掛け

長澤まさみ『エルピス』主題歌のオートチューンの意味と、エンディング映像の“変化”に注目

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

長澤まさみ『エルピス』主題歌のオートチューンの意味と、エンディング映像の“変化”に注目の画像
ドラマ公式サイトより

 長澤まさみ主演、大根仁監督、渡辺あや脚本、佐野亜裕美プロデュースということで話題の月10ドラマ『エルピス—希望、あるいは災い—』(カンテレ制作・フジテレビ系放送)。物語が折り返し地点に差し掛かる中、謎めいていた主題歌の情報が一部明かされ、注目を集めている。

 架空の大手テレビ局「大洋テレビ」を舞台に、エースの座から転落した女子アナの浅川恵那(長澤まさみ)と、若手テレビディレクターの岸本拓郎(眞栄田郷敦)が10年以上前に起こった八頭尾山連続殺人事件における冤罪疑惑を追及する社会派エンターテインメントとなる本作。事件を追い求めていく過程で、報道加害、局内政治、再審制度の実情などさまざまな問題も浮き彫りになりつつ、浅川と岸本が「正しいこと」に突き進み、時に挫けるリアルな姿を描いている。

 長澤、眞栄田に加え、鈴木亮平、三浦透子、梶原善、岡部たかし、筒井真理子、六角精児ら実力派キャストによる演技も見どころの本作は、第3話ではサプライズで永山瑛太が謎の登場を果たすなど、さまざまな話題も振りまいているが、主題歌とエンディング映像もまた、初回から注目されていた。

主題歌は「オートチューン」と歌詞にも注目

 主題歌を担当しているのはMirage Collective。同じく佐野プロデューサーが手がけた『大豆田とわ子と三人の元夫』(同)では、STUTS制作の主題歌「Presence」を毎話さまざまなバージョンとゲスト・アーティストで展開し、映像もそれぞれ別パターンを用意するという凝った仕掛けが大きな反響を呼んだが、今回のMirage Collectiveは、STUTSが音楽プロデュースを手がける集団ということ以外は当初、情報は伏せられていた。

 Mirage Collectiveによる主題歌「Mirage」もまた複数のバージョンが展開されつつあるが、11月21日放送の第5話で「Mirage Op.3 – Collective ver.」が発表され、男性ボーカルがYONCE(Suchmos)であることが判明。また、『まめ夫』主題歌の「Presence」でもSTUTSとタッグを組んだbutajiが今回も作詞・作曲で関わっているほか、作詞にはYONCEも関わっていることも明らかになった。さらにこの「Collective ver.」には、butajiがコーラスで参加しているほか、長岡亮介(ペトロールズ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、荒田洸(WONK)といった豪華なミュージシャンが参加していることも発表された。

 「Mirage」には女性ボーカルが参加しているバージョンもあり、「Mirage Op.2」として15日にリリースされているが、こちらの正体についてはまだ謎のまま。主演の長澤まさみでは、あるいは歌手としても活動している三浦透子では、との声も出ているが、オートチューンによって歌声が加工されていることもあり、判断は難しいところだ。

 だが、この“オートチューン”という部分がまた意味深だ。これまでの「Mirage」「Mirage Op.2」はいずれもオートチューンが施されているが、第5話で流れた「Mirage Op.3 – Collective ver.」ではYONCEの歌声をそのまま耳にできる。

 第5話はちょうど、八頭尾山連続殺人事件において松本死刑囚が逮捕された決定的な要因となった目撃証言について、実は偽証であるという「一発逆転のネタ」を掴むという展開があり、謎めいていた事件のベールが少しずつはがされてきた。また、最初はやる気のなかった岸本が真実を追い求めることに目覚め、それによって、一時は正義に突っ走っていたものの、再審請求が突然棄却されるなどのキナ臭い動きに“巨大なもの”を感じて諦めていた浅川もふたたび立ち上がるという回でもあった。このタイミングで主題歌の歌声からオートチューンが外されたことは、ストーリーとリンクしている可能性もあるというのは考えすぎだろうか。

 「Mirage」は歌詞についても気になる部分がある。「この道の先に悲しみが待っていようと 未来より 昨日より 一層燃え盛る魂」「誰にだって口に出せないことがあって塞いでいる」といった歌詞からすると、やはり『エルピス』のストーリーが反映されたものと思われるが、そうなると「夜が明けなくてもあなたがいるならば どんな罪を背負い込んでも 生きてゆける」「あまりに強い火に身を滅ぼす異教徒」「きっと下される裁き」という終盤の歌詞は非常に不穏だ。今後の展開を想像するヒントとなるかもしれない。(1/2 P2はこちら

12

長澤まさみ『エルピス』主題歌のオートチューンの意味と、エンディング映像の“変化”に注目のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真