日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 豪華役者陣のリカバー演技がスゴい!!

『月の満ち欠け』純愛ストーリーは設定に難アリ? 大泉洋、目黒蓮ら豪華役者陣のリカバー演技がスゴい!!

『月の満ち欠け』純愛ストーリーは設定に難アリ? 大泉洋、目黒蓮ら豪華役者陣のリカバー演技がスゴい!!の画像1
筆者撮影

 直木賞を受賞した佐藤正午の原作を、『ノイズ』や『母性』、『あちらにいる鬼』など、今年公開された作品だけで(今作を含めて)5作目となる廣木隆一が監督。大泉洋、有村架純、目黒蓮、柴崎コウといった豪華俳優陣で映画化した『月の満ち欠け』が、12月2日から公開されている。

 全く異なるように思える過去のふたつの物語りが交差し、現在の物語にリンクする特殊な構造であり、まさかそんな設定ではないだろう……と思わせておきながら、そこをどストレートに突き進んでくる様は逆に見事だ。

 そんなストーリーでも、ファンタジー要素を感じさせないのは、『そして、バトンは渡された』(2021)や『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18)の橋本裕志による脚本力によって、うまく全体がコーティングされているということなのだろう。

 大切な人に想いを伝えたい。そんな純粋な気持ちを描いており、共感性の高い作品であることは間違いないのだが、設定の困難さがどうしてもノイズとなってしまう……。観る人がその設定を受け入れられるか、受け入れられないかで、今作の評価は大きく変わってくるだろう。

【ストーリー】
小山内堅(大泉洋)は、愛する妻・梢(柴咲コウ)と家庭を築き、仕事も順調、どこから見ても順風満帆だった。だが、不慮の事故で梢と娘・瑠璃を同時に失ったことで幸せな日常は一変。深い悲しみに沈む小山内のもとに、三角哲彦と名乗る男(目黒蓮)が訪ねてくる。事故のあった日、小山内の娘・瑠璃が面識のないはずの自分に会いに来ようとしていたという。そして、彼女と同じ名前をもち、自分がかつて愛した“瑠璃”という女性(有村架純)について語りだす。それは数十年の時を超えて明かされる、はかなくも鮮烈な、許されざる恋の物語だった。一見何の関係もない夫婦とかつての恋人たち。その二組をつなぐ、誰も想像もしえなかった数奇で壮大な愛の軌跡とは…… 。

ぶっとんだ設定を豪華役者陣の演技力で見事にカバー

 ネタバレを避けながら語るには非常に難しいのだが、本作はインド映画のような設定の作品でありながら、なかなかぶっ飛んだ設定の物語である。それでいて少し宗教色もあって、「某宗教映画を豪華俳優陣でやってみた!」みたいなノリにも感じられてしまう。

 近年、タイムリープやマルチバースなどの設定が洋画でもそして邦画でも当たり前になってきて、その原理自体が終始説明されないパターンの作品も増えてきたが、今作はまさにそのパターン。

 愛する人と未練を残したまま離ればなれになり、生まれ変わって別人として生活しながらも、その想いが忘れられない――というのは、ロマンチックに聞こえるかもしれないが、現実的にはなかなかカオスな設定にも思えるし、視点を変えればある種のホラーだ。

 ところが、今作の役者陣はさすがといったところで、それなりの作品に仕上げてきている。今作の中では、大泉洋演じる小山内堅が一番観客の視点に近いといえるだろう。

 信じがたい事実に困惑しながら、それを受け入れるというか、受け入れるしかなくなってくる、そんな複雑すぎる父親の心情を見事に演じきっているのだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真