日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 「ドーハの悲喜劇」激戦の裏でこっそり復活
■#トレンドワード調べてきました〜今週の時事漫才16

サッカーW杯「ドーハの悲喜劇」、激戦の裏にこっそり復活劇もあるョ!

文=いまやん

サッカーW杯、「ドーハの悲喜劇」、で悲喜こもごも激戦の裏にこっそり復活劇もあるョ!の画像1
森保 一監督(Getty Images)

 今週のホットなニュース・トピックをピックアップして、時事漫才をお送りします。

 ただいま、日本VSスペイン戦の直前、12月1日夜。日本を席巻中のサッカーW杯について、にわかファンっぽく、にわかに調べてみました。

 

ボ:ワールドカップ、盛り上がってますね。

ツ:「ドーハの歓喜」から一転、サッカーはわからないもんですね。

ボ:ほんとに、もう、私、立ち直れません。「ドーハの悲劇」が再び訪れたようなもんですから。

ツ:2戦目の敗戦はショックでした。

ボ:そうですよ。「カタールが、主催国として史上初の3連敗」。こんな悲劇には耐えられません。

ツ:どこに感情移入してんだよ。今、「ドーハ」の話って言えば、サッカー日本代表の話でしょ。

ボ:あ、わかりました。「吉田麻也」選手の「クリアミス」ですね。

ツ:急にリアルな、「悲劇」を入れてくるな。たった1回のミスで、コスタリカに負けちゃったけど、傷口に塩を塗るんじゃないよ。

ボ:しかし、まあ、かの「ドーハの悲劇」の地で、今回、日本はドイツを破って、「ドーハの喜劇」ですから、不思議なもんですね。

ツ:「喜劇」じゃないだろ。こういう時は、「ドーハの歓喜」の方がしっくりくるんだよ。

ボ:それにしても、今回、たくさんいい選手いますね。

ツ:層が厚いです。

ボ:まず、ドイツ戦の、MVP、ゴールキーパーの、「権田選手」

ツ:30秒ほどの間にスーパーセーブ4連発は圧巻でした。

ボ:ああ見えて、練習嫌いで有名ですね。だいたい、練習は「週イチ」らしいですから。

ツ:いや、名前が「修一」ね。「週イチで練習」とかじゃないんだよ。

ボ:私の実家もご近所の、「上田我孫子」

ツ:「上田綺世(あやせ)」ね。「常磐線」乗り過ごすな。

ボ:追加召集でなかなか出番のなかった、「待ちの出番」

ツ:「町野修斗」選手ね。たしかに、「出番待ち」多かったけど。

ボ:あと、初戦で同点ゴールを挙げた、「堂安ルヴァン」に……。

ツ:「律」ね。なんで、「リッツ」に、気を遣うの?

ボ:え? 「ヤマザキナビスコカップ」が、いつの間にか、「ルヴァンカップ」になったくらいですから、そのくらいの気遣いは……。

ツ:そんなもん、いらないわ!

ボ:そして、ドイツ戦で決勝点を挙げたのが、あの選手です。前回のロシア大会では代表としてプレイはかなわず、リベンジに燃えていました。「47人の家来が彼の仇討ちを成し遂げた」とのことで……。

ツ:「浅野 内匠頭(あさの たくみのかみ)」じゃないよ。「浅野拓磨」から、急に『忠臣蔵』入れてくるな。

ボ:「熟女界」からは……。

ツ:「熟女界」ってなんだよ。

ボ:「南野陽子」

ツ:「南野拓実」

ボ:「大地真央」

ツ:「鎌田大地」

ボ:ちょっと気が早いですが、いい熟女になること間違いなしの、「柴咲コウ」に……。

ツ:「柴崎岳」

ボ:もう1人、「柴咲コウ」がいますね。

ツ:「板倉滉(こう)」だよ。

ボ:あと、「遠藤航」選手は、1体1の対決では負けないらしいですね。ブンデスリーガで2年連続、「ジュエリー王」になったらしいですね。

ツ:「銀座ジュエリーマキ」か、なあ。強引な商売してねえわ。「デュエル王」ですよ。

 

■「銀座ジュエリーマキ」:バブル期に日本を席巻したといっても過言ではないジュエリーショップチェーン。強引な営業方法で問題になったこともありました。昔、深夜にテレビを見ていると、「ハウスのフルーチェ」か「ジュエリーマキ」のCMがずっと流れてました。

 

ボ:そうです。あまりに1対1では、遠藤選手に勝てないってことから、「航、世間に鬼はなし」って言われてるそうですね。

ツ:うまいこと言いますね。

ボ:ちなみに、ドイツ戦、コスタリカ戦の裏でこっそり復帰した、かの「多目的トイレ王」は、「渡部、世間は鬼ばかり」と言われて、つらい時期を送ったそうですね。

 

■「多目的トイレ王」:2020年に「多目的トイレ不倫」で活動を自粛していたアンジャッシュの渡部建さんが、11月25日配信の『有田哲平の引退TV』(ABEMA)、27日配信の『チャンスの時間』(同)にご主演。サッカー日本代表の盛り上がりの裏で、本格的な復帰を果たしました。

 

ツ:急にサッカーと関係ないところから、「渡部さん」いじるんじゃないよ。

ボ:「児嶋だよ!」

ツ:「児嶋の定番ツッコミ」、もっと、関係ねえわ!

ボ:そうそう、サッカーの話ね。最後、ベテランの個性が光った、「長友選手」。ドイツ戦の勝利インタビューがすごかったですね。

ツ:テンション高かったです。

ボ:取りつかれたように、「バモラ」と連呼してましたね。

ツ:「ブラボー」だよ。「バモラ」は、「キングカズの昔のCM」だろ。

 

■「「キングカズの昔のCM」:今もロングセラーの、サントリー「デカビタC」。発売当初、キングカズがCMで、「バモラ!」と叫ぶ姿が話題に。「デカビタC」の売り上げもうなぎ上りだったとか。

 

ボ:ちなみに、奥様は「アミーゴ」です。

ツ:「アモーレ」だよ。平愛梨さんね。なんで、鈴木亜美さん登場すんだよ。

ボ:コスタリカ敗戦の後、「一番批判を受けるべきなのは僕」だと言ってましたけどね。

ツ:男ですね。

ボ:私は、批判は、「クリアミス」に向けるべ……。

ツ:だまれ! いいかげんにしなさい。

 

 

 スペイン戦の勝利をお祈りしております! がんばれニッポン!

いまやん

いまやん

ナイツさんファンが高じて、書き溜めたモノマネ時事漫才2000超。よろしくおねがいします!過去の時事漫才はこちら↓

Twitter:@i_am_imayan

note

最終更新:2022/12/01 21:00

サッカーW杯「ドーハの悲喜劇」、激戦の裏にこっそり復活劇もあるョ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真