日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 「セルフ売り込み状態」脱退説の裏付け?

Kis-My-Ft2脱退説の裏付け証言? メンバーのほったらかされとセルフ売り込み状態「地方局にまで…」

文=小林真一(こばやし・しんいち)

Kis-My-Ft2脱退説の裏付け証言? メンバーのほったらかされとセルフ売り込み状態「地方局にまで…」の画像
Kis-My-Ft2

 Kis-My-Ft2(以下、キスマイ)に異変が起きている。

 昨年8月にデビュー10周年を迎えたキスマイ。2022年に入ってからも、ジャニーズ事務所とエイベックスが共同で立ち上げた「MENT RECORDING」にエイベックスからスライドする形で移籍。さらに今年は、3年ぶりの5大ドームツアー『Kis-My-Ftに逢えるde Show 2022 in DOME』を盛況のうちに終え、12月14日にはニューシングル『想花』のリリースも控えている。

 絶好調に見えるキスマイだが、ジャニーズ事務所による“冷遇”が囁かれているのだ。

「これだけ結果を残しているのに、『NHK紅白歌合戦』に選出されなかった。それだけでなく、国分太一が総合MCを担当した11月23日放送『テレ東音楽祭2022冬』(テレビ東京系)にも出演しませんでした。メンバーの千賀健永が、テレ東のスワッピングドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』に出演し、エンディングでキスマイの新曲『Rebirth Stage』が起用されているにもかかわらず、ですよ。テレ東としたらキスマイはブッキングしたかったはずで、ジャニーズ事務所からなんらかの“指示”があったと思われます」(民放関係者)

 さらに、嵐の相葉雅紀がMCを担当し、12月7日&14日に放送予定の『2022 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)にも、キスマイの名前はない。

「FNS歌謡祭にはA.B.C-Zも出演しますが、キスマイはラインナップに入っていません。この番組には、ジャニーズ事務所だけでなくエイベックスもキャスティングに影響力を持っている。キスマイを入れ込むのは簡単なことなのに、不選出とは……。ここまで大型の音楽特番に出演できていないことを考えると、キスマイが“干されている”と考えてもおかしくない状況です」(同上)

 もともとキスマイは、SMAPの育ての親でもある飯島三智氏が管理していたグループとして知られる。現在のジャニーズ事務所の社長となる藤島ジュリー景子氏が飯島氏を毛嫌いし、対立していたという話も根強く、キスマイの活動にも支障が出ているのでは、と囁かれていた。滝沢秀明氏の退所騒動もあり、状況はより深刻さを増している。

 このタイミングで「キスマイ外し」とも見られるキャスティングが行われたことには、テレビ関係者も驚きを隠せない。

「MENT RECORDINGには、後輩のSnow Manも所属しています。ここ最近、ジャニーズ事務所ではSnow Manの過剰なほどの売出しが加速している。エイベックスにも“キスマイの売出しは二の次で、とにかくSnow Manを売れ”という司令が出ているようです。というのも、ジャニーズ事務所内では副社長だった滝沢秀明氏が退社したこともあり、完全に人手不足状態。売り出しに力を入れるグループをジュリー氏が選別したようで、キスマイはその中に入らなかったと見られる」(スポーツ紙記者)

 しかし、そんな中でも特例となるメンバーが2人、ジュリー氏のお眼鏡にかなったという。

「俳優として評価の高い玉森裕太と藤ヶ谷太輔に関しては、キスマイとは別にマネージャーを付けて売り込みを行っているという。現に、玉森はグループが冷遇される中、今年7月期の『NICE FLIGHT!』(テレビ朝日系)、10月期の『祈りのカルテ』(日本テレビ系)と立て続けにドラマで主演を担当。さらに、来年には映画『シャイロックの子供たち』にも出演します。グループの活動は二の次で、玉森をソロで売り出すため、異常にハードなスケジュールが組まれています」(民放関係者)

 藤ヶ谷も来年にはドラマや映画が控えているが、それ以外のメンバーは?

「北山宏光は俳優業が順調でしたが、最近では鳴りを潜めている。かなりフラストレーションが溜まっているようで、キンプリメンバーのように突発的に脱退したりしないか心配されている」(同上)

 「舞祭組」として知られる横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永の4人については、さらに冷遇されること著しいという声も。

「千賀は“美容系男子”として売り出しているが、これは自らプレゼンをして番組プロデューサーや知り合いの雑誌編集者に売り込みをかけたとか。結果、テレビや雑誌に起用されるようになったので、そのセルフプロデュース力はたいしたものです。さらに、宮田も自身のオタク趣味を活かそうと、これまた自分で営業をかけて仕事を取っているそうです。二階堂はラジオやバラエティー番組に活路を見出し、横尾にいたっては地方局にまで出演を求めて進出している。舞祭組を目にかけていた中居正広も体調不良で不安定な中、4人はピンチに立たされています」(同上)

 過去には、飯島氏がキスマイメンバーの面倒を見るとも言われていたが、最近ではそんな噂話も聞かなくなったという。

「飯島氏は、元SMAPの新しい地図のメンバーをなんとか地上波に復活させようとしていて手一杯です。飯島氏の立ち上げた芸能事務所『CULEN』も、最近では映画プロデュース事業で忙しくスタッフが足りないほど。キスマイのメンバーの面倒を見るどころではないのでしょう。中居も合流は難しいですし、放っておかれた各メンバーは、独自の路線でセルフプロデュースをしてなんとか仕事を取るしかない状況。ただ、千賀の美容キャラは認知度がグングン上がり、11月22日発売の『VOCE1月号』(講談社)で単独の表紙を飾るまでに。千賀がおすすめを信頼して買う女性ファンも多くなり、プチブームとなっている。千賀の活躍は、他のメンバーの指標にもなりそうです」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズアイドルとはいえ、独立独歩なキスマイのメンバーたち。果たしてグループとしてのキスマイは存続するのか?

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2022/12/02 09:00

Kis-My-Ft2脱退説の裏付け証言? メンバーのほったらかされとセルフ売り込み状態「地方局にまで…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真