日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 「テレビ欄」をハイブラに売り払う新聞

朝日と読売、断末魔の叫びか「テレビ欄」をヴィトンに売り払う暴挙に読者の怒り

文=藤井利男(ふじい・としお)

朝日と読売、断末魔の叫び 「テレビ欄」をヴィトンに売り払う暴挙に読者の怒りの画像1
朝日新聞

 今や紙の新聞を取っている人は少数派かもしれないが、毎朝、自宅のポストに届けられる新聞を開いて1日が始まるという人はまだまだいる。ところが11月29日の朝、大手紙購読者の“モーニングルーティン”が、気まぐれな変更により崩された。

「私は毎朝起きると、まずは新聞のテレビ欄をチェックするのが日課。ネットでもチェックできるのは百も承知ですが、スマホは画面が小さいですし、いちいちパソコンを立ち上げるのも面倒なので、いまだに新聞派です。

 ところが29日の朝、朝日新聞を手に取ると、最終面にあるはずのテレビ欄がなく、代わりにルイ・ヴィトンの全面広告。テレビ欄は中に移動していました。いつもの習慣を乱されて朝からイライラしましたね」(40代男性)

 些細なことではあるが、突然の一方的な変更は多くの購読者の気に障ったようで、Twitterには、

「朝日新聞のテレビ欄がいつもの面じゃない… 不便しかない。 ルイヴィトンの広告のほうが大事か?」
「なんや今日の朝日新聞、、 テレビ欄にヴィトンの全面広告って、、 休刊日でもないのに、見にくい!」
「一企業(ル○・ヴ○トン)の全面広告のために、休刊日前でもないのにテレビ欄を中面に移してしまう朝日新聞って」

 といった文句が登場。ちなみに読売新聞も同様だったようで、こちらについても、

「今朝の読売朝刊には、イラっとした。 ルイ・ヴィトンが テレビ欄を押しのけて威張ってる」
「読売新聞、テレビ欄あるはず場所に広告出てて、明日休刊日かと思ったら敢えてそこに広告入れただけっぽい めっちゃ邪魔やからやめて欲しいわ」
「今朝の読売新聞、裏一面がヴィトンの広告になってて、テレビ欄見にくくてとてもウザいw」

 などと、怒りの声が寄せられている。これについて、新聞関係者は言う。

「各社によって多少の前後はありますが、新聞は一面~総合~経済~国際~スポーツ~地域~社会の順で記事が並んでおり、読者もその流れに慣れている。テレビ欄ひとつを取っても各社ごとに思想があり、ほとんどの新聞は最終面ですが、日経は中面ですし、東京新聞は抜き取れるように真ん中に入れています。

 読者がどのページを読んだのかを、我々の業界では『面別接触率』と言いますが、テレビ欄は一面や社会面と並ぶ接触率が高いページ。そこを売ったということは、購読者のニーズより広告収入を選んだということになります」(新聞関係者)

 広告を含めて編集権は新聞側にあり、「イヤなら読むな」と言われればそれまでだが、一月あたり4千数百円の購読料を払っている読者が「バカにされた」と感じても不思議はない。

 新聞社は給与が高いことで知られ、就職人気ランキングでもいまだに上位だが、内情は火の車だ。

「今年の秋、新聞業界に衝撃が走ったのが、朝日新聞の部数が400万部を割ったというニュースです。かつて新聞は、全世帯が最低1部は取るのが当たり前で、朝日は800万部、読売は1000万部と言われていましたが、およそ10年で朝日の部数は半減。ライバルの読売も600万部台半ばまで落ち込んでいます。とりわけ朝日の減少ペースは凄まじく、この1年で15%近く減りました。

 朝日は人件費を絞るべく何度も早期退職を募っていますが、9月から11月にかけて行った募集は応募が少なかったようで、40代の記者は『“まもなく(早期退職の)締め切りです”という社内メールが何度も来た』と話していました。これだけ部数が減っても、40代なら年収は軽く1000万円を超えるんですから、そう簡単に辞めませんよ」(フリージャーナリスト)

 テレビ欄も売ってしまったら、次は一面か?

 

藤井利男(ふじい・としお)

藤井利男(ふじい・としお)

1973年生まれ、東京都出身。大学卒業後に週刊誌編集、ネットニュース編集に携わった後、独立。フリーランスのジャーナリストとして、殺人、未解決事件、死刑囚、刑務所、少年院、自殺、貧困、差別、依存症といったテーマに取り組み続けてきた。趣味はダークツーリズム。

最終更新:2022/12/05 07:00

朝日と読売、断末魔の叫びか「テレビ欄」をヴィトンに売り払う暴挙に読者の怒りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真