日刊サイゾー トップ  > 承久の乱における後鳥羽上皇のおごり
歴史エッセイスト・堀江宏樹の「大河ドラマ」勝手に放送講義

『鎌倉殿』いよいよ最終回…承久の乱における後鳥羽上皇のおごりと武士たちの損得勘定

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

『鎌倉殿』いよいよ最終回…承久の乱における後鳥羽上皇のおごりと武士たちの損得勘定の画像1
のえ(菊地凛子)と息子・北条政村(新原泰佑)|ドラマ公式サイトより

 『鎌倉殿の13人』が次で最終回を迎えるというのが、まったく信じられない視聴者の一人です。大河ドラマの最終回といえば、すでに物語の中心は主人公の子どもや孫の話に移っており、老けメイクの主人公が病床でこれまでを振り返る……という印象が強いのですが、『鎌倉殿』は「予測不能エンターテインメント!」というキャッチコピーのとおり、その幕をどうやって下ろすのか見当もつかない状況で最終話に突入するようです。

 前回・第47回「ある朝敵、ある演説」では、北条政子(小池栄子さん)が御家人たちに「鎌倉が守られるのならば命を捨てようとこの人(義時)は言った。あなたたちのために犠牲になろうと決めた」「ここで皆さんに聞きたいの。あなた方は本当にそれでよいのですか」と自らの言葉で語りかけ、「向こうはあなたたちが戦を避けるために執権の首を差し出すと思ってる。ばかにするな。そんな卑怯者はこの坂東には一人もいない! そのことを上皇様に教えてやりましょう!」と訴えるシーンが印象深かったですね。毅然とした表情ながら、目をうるませた政子は、これまでの中でもっとも美しく見えるように撮影されていた気もします。脚本の三谷幸喜氏の考える「ヒロインとしての政子」の像は、ここにおいて極まった感がありました。

 最終回を目前として、北条義時(小栗旬さん)の心境の意外な変化も興味深かったです。後鳥羽上皇(尾上松也さん)によって義時追討を命じた院宣が出されたことを知った彼は、それを嘆くでもなく、むしろ誇らしそうに、かつては「伊豆の片田舎の小さな豪族の次男坊」でしかなかった自分が、平清盛や源義経、頼朝と肩を並べる存在になったとした上で、上皇とは戦わず、自身が京都に出頭し、首を差し出すことで事を収めようとしていました。

 今回は『鎌倉殿』最終回の山場となるであろう「承久の乱」の前後の大きな動きについてお話したいと思います。

 承久3年(1221年)5月14日、後鳥羽上皇は「流鏑馬(やぶさめ)揃え」を口実に、諸国の武士たちを京都に集結させました。このとき集まったのは、鎌倉から京都に労役奉仕で出張中の「大番役」の武士たちや、上皇の私兵である西面、北面の武士たちなど、合計1700騎ほどでした。

 義時正室の伊賀の方(ドラマでは菊地凛子さん演じる「のえ」)の兄である伊賀光季は京都守護の職にあったにもかかわらず、上皇による招集命令に従わず、それを口実に800人から屋敷に攻め込まれ、戦死しています。ドラマでは、後鳥羽上皇の命を受けた三浦胤義(岸田タツヤさん)らの手で殺される展開になっており、のえが「兄は見殺しにされたのですか!」と義時に怒りを爆発させ、「許せませぬ…」と厳しい表情を浮かべていました。これはドラマの最終回で描かれるであろう、義時の死、そしてそれを受けて伊賀の方らがわが子・政村を次の執権の座に据えようとした「伊賀氏の変」への伏線なのではないでしょうか? 史実では結局、政村は7代執権となるので、この時、伊賀の方はヘタに動かないほうがよかった気もしますけれどね……。

 話を戻すと、伊賀光季が討ち死にする前に送った下人たちが鎌倉に到着して上皇の挙兵を伝え、さらに義時追討の院宣も鎌倉に届いたことが「承久の乱」の始まりとなり、上皇の挙兵に動揺する鎌倉武士たちの前で、政子の演説があったとされます。

 ちなみに、鎌倉に院宣をもたらした使者で、藤原秀康の従者だった押松丸が、ドラマでは源頼家に蹴鞠の師として仕えていた平知康(矢柴俊博さん)だったという設定は興味深いものでした。ドラマでは押松丸ではなく「押松」という名前に変わっていましたが、「押松丸」は主に元服前の男性に与えられる「童名」です。平知康と同一人物とするとさすがにその名前では不自然ですから、童名を象徴する「丸」の部分を消して、押松にしたのでしょう。(1/3 P2はこちら

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真