日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 乃木坂46の2022年は“世代交代”
坂道3グループの2022年とこれから#1

乃木坂46の2022年は“世代交代” 5期生の活躍と齋藤飛鳥の卒業がグループにもたらすもの

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

乃木坂46の2022年は世代交代 5期生の活躍と齋藤飛鳥の卒業がグループにもたらすものの画像1
2022年12月7日にリリースされた乃木坂46 31stシングル「ここにはないもの」

 今年でデビュー10周年という節目を迎えた乃木坂46。この1年をざっと見回してみても、枚挙にいとまがないほどに多くのトピックスがあった。

 ここでは、乃木坂46の1年を総括的に振り返りつつ、それぞれのトピックスについてそれがグループにどのような影響をもたらしたのかを述べていきたい。

5期生メンバーお披露目の衝撃と「Actually…」をめぐる騒動

 2021年は生田絵梨花や高山一実、大園桃子らかつてないほどに多くのメンバーが卒業した年だった。また5期生の募集が始まったこともあり、この時期には大々的に“世代交代“が叫ばれるようにもなった。先人たちの例に漏れず、乃木坂46はグループとしての新陳代謝に成功するのか、という岐路に立たされたのだ。

 なかでも生田というグループを背負う立場にあったメンバーの卒業は、時代の移り変わりを強く感じさせた。しかし、同時に『真夏の全国ツアー2021 FINAL!』における久保史緒里や林瑠奈ら後輩メンバーたちのパフォーマンスから感じられたのは、先輩の意志を引き継いでいくという覚悟。すでに彼女たちの未来は明るく思えた。

 そして22年。やはり今年の大きなトピックスに挙げられるのは、5期生の加入だろう。2月1日にYouTubeにて11人のメンバーが公開されるやいなや、各方面で注目を浴びることになる。それは、単に新メンバーが加入するというニュース性にはとどまらなかった。トップバッターでお披露目された井上和を筆頭に、その洗練されたビジュアルで話題を席巻。アイドルの新メンバーには初々しさがあるものだが、彼女たちはすでに“完成”されていたのである。

 5期生たちは、同月のネット配信番組『乃木坂46時間TV』内で放送された「5期生 お見立て会」にも、これまでの先輩たちの姿からは想像できないほど、堂々たる態度で臨んでいた。3期生であれば大園の涙が思い出されるが、初めてファンの前に立つステージでは緊張するのが当たり前。しかし、5期生はそれぞれの特技を堂々と披露し、さらには楽曲のパフォーマンスも自信に満ち溢れて披露していたように映った。

 キャプテンの秋元真夏は『秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』(文化放送ほか)にて、5期生の印象を「肝が据わってる感じがした」と語っている。当の本人たちは“緊張”という言葉を口にしているが、秋元はすでに素人離れした存在感を彼女たちから感じ取っていたのだろう。

 

 『乃木坂46時間TV』では、3月にリリースされた29thシングル「Actually…」が初披露され、センターを5期生の中西アルノが務めることも発表。イレギュラーな新曲とセンター発表とはなったが、加入したばかりの5期生がセンターを務めることへの賛否両論も巻き起こり、また中西の活動自粛によって、山下美月と齋藤飛鳥によるダブルセンターverのMVを急遽撮り直すなど、新体制への期待と裏腹に大きなひずみを抱えることになる。

 当時は賛否を巻き起こした「Actually…」であるが、楽曲に関して言えば、これまでの乃木坂46“らしさ”からの脱却を感じさせるという意味ではポジティブな意義をもたらしていたし、前向きなチャレンジだったと思う。ただ、結果的に中西を矢面に立たせてしまったことも事実で、彼女はもちろん5期生たちのその後の活動を考慮しても、より慎重な対応が必要だったとも感じる。

日産バスラでレジェンドと5期生の邂逅、全ツ神宮への帰還

 5月14日~15日にかけて、日本最大規模の7万2千人超を収容する日産スタジアムにて、『乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE』が開催された。2日間で過去最大級のライブとなった本公演での大きな目玉といえば、卒業生たちの登場だ。

 1日目には生駒里奈と伊藤万理華、2日目には西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、高山一実、松村沙友理といった乃木坂46のレジェンドと言える1期生が集まり、10周年の記念すべき日を祝福。乃木坂46が積み上げてきた歴史の重さを感じさせるとともに、未来への明るい希望を持たせてくれた。

 ここで先輩メンバーとともに5期生が共演したことも大きかった。5期生は冠番組『新・乃木坂スター誕生!』(日本テレビ系)や『乃木坂工事中』(テレビ東京系)など、グループ単体での活動が多かったが、この日をもって1~4期生のメンバーと合流し、楽曲をパフォーマンス。5期生曲「絶望の一秒前」で感じさせたのは、センターに立った井上の存在が支柱にあるということ。まだグループにおける立場に揺らぎのある5期生にとって、センターに立つ井上の安定感は計り知れないものがあった。

 これを機に、5期生はひとつのユニットのような形で活動を広げていくが、そのひとつとして今夏の『TOKYO IDOL FESTIVAL』への出演がある。この頃になるとすでに5期生のブランドは確立されていて、当初のイメージや期待さえはるかに追い越すような活躍を続けていた。

 この夏には『真夏の全国ツアー2022』が約3年ぶりに聖地の東京・明治神宮野球場で開催され、座長を務めた賀喜遥香は同ライブにて「これからの乃木坂46を作っていく1人になりたいと思いました」と覚悟を言葉にし、これからのグループの将来は3、4期生が担っていく決意が感じられた公演でもあった。実際に、晩夏にリリースした30th「好きというのはロックだぜ!」では、バラエティ番組やモデルとして個性を発揮していた弓木奈於と金川紗耶という新たなメンバーが選抜入りを果たし、グループに勢いをもたらした。

 

123

乃木坂46の2022年は“世代交代” 5期生の活躍と齋藤飛鳥の卒業がグループにもたらすもののページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真