日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 乃木坂46新曲が大はみ出し
#ショウムライター、あの人の卒業を嘆き、悲しみ、慈しみ、愛おしみ…

乃木坂46「ここにはないもの」タイパな世にはみ出しまくりの「5分11秒」

乃木坂46「ここにはないもの」、タイパ優先な風潮に抗う「5分11秒」の画像1
乃木坂46 公式サイトより

 堂々たる、という言葉一つでは余りにも足りはしないが、それでもこの、いつか来てしまうと分かっている、避けることができないと分かっている、この別離を、あの人の卒業を、嘆き、悲しみ、慈しみ、愛おしみ…。

 そんな悲喜の交々が音楽という、ある種の箱、型、或いはJ-POPという、卒業ソングという、一種の定型の中に詰めッッッ詰めに詰められており、勿論その規格にそぐう様に整えられ、誂えられてはいるものの、でもそれでもやはり当曲が発売されるに於ける事象と捧ぐべく対象が巨大で偉大過ぎるもんだから、詰められているというよりは押し込められている様にも思えるし、何ならはみ出してすらいるとも思った。

 当曲発売日である12月7日のちょうど1日前のことだ。国語辞典などで著名な出版社三省堂が、「今年の新語 2022」を発表。大賞として取り上げられたのは「タイパ」という言葉。タイムパフォーマンスの略語であり、要するにコスパの時間版を指す言葉であるのだが、こちらには昨今の倍速視聴やギターソロ飛ばし(厳密にいえば間奏以降はリフレインの展開となる曲が多いため、間奏が来たら曲の大枠は聴いたという事とみなし、次の曲へスキップするという行為か)だったり、尺の短尺化(国内では大体3分台であるがむしろ海外のヒップホップなどには2分台の楽曲が非常に多くなっている)やイントロの省略などという傾向が背景としてあり、そんな時代的で世代的な趣向の反映が此度の大賞の由縁となった訳だが、その翌日に発売された乃木坂46の表題曲がこの言葉の真逆である「5分11秒」のランタイムを有している事がもう、大はみ出し(因みに前作好きロックも5分32秒)。

 そこに配置されるは全体的に寂しげなトーンを漂わすピアノやストリングスではあるのだが、生ドラム(打ち込みかも知れないが)のタッチや随所でグッとフレーズを動かし前に出て来るベースに見られるの力強さと躍動感、そしてアウトロではサビのフレーズをピアノでリフレインさせていくと言う、言わばこれまた昨今の時代性と反する様な大仰な手法の数々も大はみ出し。

 そしてスマートさとは程遠い泥臭い、いや、最早先述の事象対象そして歴史などを鑑みるとそれは血生臭いとも言える歌詞。字数も多けりゃ譜割りもギリギリ、2番Aメロの「だけどどこかに希望の風が吹いている気がして」の「希望」の「希」なんか誰がどう聴いてもな大はみ出しではないか。

 サビ頭の「寂しさよ語りかけるな 心が折れそうになる」だったり特に2サビの「悲しみよ泣き出すなよ 強がりとバレてしまう」と言うフォーキーでブルージー、と言うよりやっぱ泥臭くて血生臭い一節なんてもう、こんな物騒な歌詞アイドルに歌わすなと声を大にして言いたい。

 なのであるが、でもこれ、一分一秒、一言一句、削っちゃダメだったんだろうなあ。

 そこはかとなく冬を感じさせる曲調や従来の曲を踏襲した様な包括的な展開(要素を一つ挙げればBメロのリズムは過去曲だと「君に叱られた」で使用されたものに近しい)、そしてドラマチックなメロディラインなど、こんだけはみ出し散らかしておきながら、やっぱりちゃんとその楽曲は「乃木坂46」しているのだ。

 久し振りのサイゾーへの寄稿となるおっさん、発表された事もMVその他諸々の解禁も発売日を迎えた事も勿論知ってはいたのだが、実はこの曲をなかなか聴く気分になれなかったのだ。聴いてしまったが最後、此度の事象が現実となると言うそんないたいけでいじらしい(そして気持ち悪い)オタ心が働いてしまっていたのだ。そして実はの実は、執筆当日2022年12月21日、遂に意を決したおっさんは、曲を一回聴いただけの状態で書いている。そして、この判断は恐らく功を奏した。一聴してこの凄みであったが故、これでもし未見のMVや様々なメディア展開などを追ってしまった状態で記事に取り掛かった場合、果たしてまとめ切れたかどうか……。

 此度の事象はこうしていたいけでいじらしくも気持ち悪いおっさんの中に於いても、現実のものとなった。だが、あの曲のアウトロのピアノがサビメロをリフレインする様がずっと、ずっと頭に鳴り響いている。然るにそれは、その間はまだ、曲が終わっていない、曲をスキップ出来ない状態と言う事だ。

 「タイパ」と言う新語、即ちトレンドなるものから著しく逆行する行為ではあるが、しばらくはこの力強いリフレインの響きと共に、あの人の卒業までの日々を過ごして行こうとぞ思ふ。

 

 

庄村聡泰(コラムニスト・スタイリスト)

ロックバンド[Alexandros]のドラマーとして2010〜21年に活動。バンド時代の収入ほぼ全てを注ぎ込むほど傾倒した音楽や洋服を中心に、映画やマンガ、アニメやグルメ、世界各地の珍スポットなどのさまざまなカルチャーに精通し、これらの知識と経験を生かしてライフスタイル提案型ファッションブランド「スナック NGL」を始動。また、歌劇な過激団 @furaku_taru の制作総指揮を務めるなどプロデュース活動や、#サトヤスタイリングとしてファッションスタイリングや、#ショウムライターとして音楽や映画をはじめさまざまなメディアでインタビューやコラムを執筆。自ら映画にも出演するなど精力的な活動を広げている。 #サトヤスタイリング #ショウムライター インタビュー

Twitter:@shomurasatoyasu

Instagram:@shomurasatoyasu

庄村聡泰のホームページ

しょうむらさとやす

最終更新:2023/06/20 17:23
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真